盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
辻村 深月
辻村 深月
三浦 しをん
辻村 深月
辻村 深月
西 加奈子
伊坂 幸太郎
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • スピード感溢れるネガティブオーラみたいな?冬が春を呑み込んだような、それ以前にもどかしいような何と言うか。のめり込み注意って感じかな。(似たような世界観の作品を立て続けに読んでしまったので、面白いけどちょっと疲れました…)

  • 恋に執着する女の子と友情に執着する女の子。
    1人の男により狂わされる2人。
    人間の執着は美しくもあり醜くもある。
    面白かった。

  • タイトル通りなお話でした。恋も友情も女も男もちょっと怖いです。
    留利絵の気持ちがちょっとわかってしまう自分も怖いです。
    蘭花サイドを読んだだけだとわかりませんか、蘭花は留利絵に支配されていた感じがします。
    美波みたいな要領の良い女子いるけど、私は苦手です。でも美波視点でお話があるとまた違う印象を抱くんでしょうね。
    菜々子視点のお話もあれば読みたい(知りたい)です。

  • 胸糞の悪い小説だと思いました。
    『きのうの影踏み』でなかなかいい作家さんだと思ったのですが…残念でなりません。

  • 私も容姿にコンプレックスがあるので、美しい友人を誇りにし、執着してしまう留利絵の気持ちがわかる。

  • 狂気と紙一重。恋愛も友情も。

    想っているのは自分だけ?
    そんなやりきれない気持ちって確かにある。
    怒ることで気を引きたいのに相手に響かずスパイラル・・・。

    辻村女史得意の穿つような心理描写。
    軽い叙述トリック。

    ああ、クセになる(笑)。

  • 2015.9.14読了。

    わかるんだよなあ、この友情というか執着というかドロドロの感じ。女だけなのかなあ、こういうのって。まだ不安定な若い時期のこういう揉み合いは避けられない。こういう人間関係の経験と傷が、大人になって自分ひとりでどうにかなんとか立てる強さになれば。ちゃんとその時に悩んで考えてなんとか抜け出さないと恐ろしいことになるな。

  • 読後感は…はっきり言って悪いです。
    《恋》よりも《友情》の方がはるかに悪い。

  • 表紙がきれいで素敵。
    怖いよ。盲目的なのかはわからないけど。
    いかに自意識を消していくか。
    おのれを空しくできるかにかかっているのかもしれない。

  • 一行目:「あの人が死んでしまったら、とても生きていけないと思った、あの幸せの絶頂の一日から六年が経ち、あの人は死んでしまったのに、私は、まだ、生きている。」
    著者は、子どもが出来てから若干作風が変わってしまい、残念に思っていたが、これは毒が効いていてよかった。
    女同士の微妙な感覚がうまく描けている。
    前半は超美人の蘭花がある男にハマっていく様子を描く。モテる星近を手に入れる、駆け引きのシーンは、とてもリアル。
    後半は、蘭花とルームシェアする留利絵の物語。コンプレックスの塊である留利絵は、蘭花に憧れ以上の気持ちを持つ。こじれにこじれた星近を、蘭花が殺害。留利絵がアリバイを立証。
    その後幸せを掴んだ蘭花の結婚式に警察がー。

  • 辻村さん、前のようなすっきり気持ちいい作品ではないけれど、ぐいぐい読ませてくれます。

  • 留利絵の蘭花に対する執着心が恐かった。その執着する気持ちがよく分かりすぎて恐かった。
    もっと自分のことを見て欲しい、愛して欲しいと思うからこそ執着してしまうのかな。
    確かに人間関係って、報酬(社会的地位だったり愛情だったり…)を得るために相手に奉仕するというスタイルが基本だと思う。親子関係でも友人関係でも基本的なスタイルはそうだと思う。そのレベルが度を超えることで何か問題が起きたり、関係のバランスが崩れてたりしてしまうんだと思う。
    でも相手との関係を良好に保つことってすごく難しい。特に留利絵のような人間はなおさらだと思う。相手に依存することでしか自分の価値を見出せない。それも1つの生き方かもしれないけれど、いつか留利絵にも誰かに愛される日がくるといいなぁと思う。

  • あぁ、もう本当に読んだ後の数日間ひきづりまくった作品。

    茂実の落ちぶれてゆく感といい、
    留利絵のどうでもいい勘違いなプライドの高さといい、
    菜々子さんのこんな人いそうな美魔女あるある感といい、
    蘭花、そんな美人さんだったとは…

    留利絵、、あんたいったい何がしたかったの!?って思わず叫びたくなるけれど
    友情も盲目的になってしまうものなのか…っていうか留利絵の場合は友情と言う名の恋だったんだろうなぁ

  • まさにタイトル通り。

  • 大学のオーケストラ部にいた指揮者の茂実に恋をした蘭花。
    誰よりも優しく美しい蘭花への友情が大切な留利絵。

    誰もが羨むはずだった茂実のボロが出てくるたびに泣いて、それでも彼を離れなれないのは好きだからと言う蘭花。

    男に振り回される蘭花を最後まで見捨てずに感謝されるのは自分だと信じて疑わない留利絵。

    仕事を失った茂実の暴走と死を得て、蘭花が結婚するまでにたどり着いた結果。

    盲目的という言葉がぴったりですね。
    本人たちがそれを恋だ友情だと言うならば、それはそうなんだろうけれど、あまりに自己陶酔で一方通行すぎるw

    ドロドロしていた)^o^(

  • 装画が可愛かったので読んでみた作品

    「恋」だけ読むと典型的なドロドロした恋愛模様を上手く説明しきらない事で
    不思議な雰囲気をまとわせてる話にしてるな~と思う所で終わるが
    「友情」を読むとゾワゾワゾワ~とします

    読後の気分は悪くなるけど
    女性の複雑な心理を丁寧に描いていて行動の一つ一つに妙に納得してしまうし
    タイトルの「盲目的な」はホントこの作品を的確に表してると思うので★4にしました

  • 自分の感情とうまく付き合うことの難しさを感じさせられた。自分の思い込みや好き嫌いで一時的に周りが見えなくなることは誰にでもあるし、それが行き過ぎると人生を壊す可能性もあるのかもしれないと感じた。何かに依存せず、自分の軸を持っていないと、誰でもそうなるのかもしれない。人の目を気にし過ぎるのはだめだと改めて実感。

  • いつからだろうか、辻村深月がこういう作品を書くようになったのは。初期の作品は作品間のリンクが激しく張り巡らされ、若者の群像劇を書くような作家だった。どこか子どもっぽさを残したような、夢見がちな。彼女が結婚して出産を経験したことは作風の変化と無関係ではないように感じる。作家として単純に筆力が増したとも言えるかな。昔の辻村深月は閉じこもった作風であまり好きじゃなかったんだけれど、今の作風は結構好きだ。

  • 思い込みは怖い

  • 読後感が凄まじく、ずるずると引きずられる。辻村深月のこういったどろどろとした、主観的な話が好き。美波の視点も読んでみたいと思った。
    女の敵は、女だ。
    留利絵の友情は依存をとびこえ、支配にまで及んでいる気がする。

  • ラストで脳内に中島みゆきの「世情」が流れたのは私だけなのだろうか。←金八先生

  • 外から見ると女性の友情って結構コワイ。
    小学生と大差ない友情でイタイ感じでした。
    承認欲求が強過ぎ、自分を省みず、相手に求めてばかり。人にのめり込んじゃダメですね。
    この本を読んで冷静に考えることが出来ました。

  • タイトル通りの話。
    恋を読んで解決したつもりでいた私は友情を読んで驚愕。え…。
    女の怖さをジワリジワリと描くのが上手な作家さんです。ホントに。

  • 「まさに」なタイトル。
    どうしようもなく盲目的で、悲壮なラストにつっぱしっていきます。

    大学で奏楽部に所属している蘭花は、
    そこに講師として招かれているセミプロ指揮者の星近に恋をし、付き合い始める。
    互いの知り合い・家族にも認められる中になり、
    蘭花は晴れがましい気持ちでいたが、
    ある日、星近が浮気をしていることを知ってしまう。
    浮気を断ち切れない星近を、それでも愛してしまう蘭花。
    一方、留利絵は自分の容姿にコンプレックスを抱えており、それが原因で人間関係をうまく築くことができない。
    そんな中、共通の趣味があったことで、美しい蘭花と仲良くなる。
    世界中から愛されている彼女に、選ばれた自分。
    その事実に酔う留利絵。
    やがて留利絵は「蘭花の親友」になるために、
    あらゆる手を尽くす。

    思いが強すぎて制御不能になる人の物語は
    古今東西あるので、目新しさは全くないです。
    でも、誰もが一度は経験したことのある感情の動きを
    丁寧に描いていて、それがこの本の醍醐味と感じます。
    そこにあるのは「共感」なんだけど。
    負の感情への共感だから、「自己嫌悪」になる。
    辻村さん、こういうの大得意だよね。笑

    想いをこじらせると本当にろくなことにならないな。
    自分も他人も傷つけてしまう。

    自分も過去に
    駄目だとわかっているのに止められない思いを抱えたことがあるので、
    どうしようもなくなることが起こり得ることは、理解しています。
    そういう感情を抱くときに思い出すのが、
    ゆずのある曲に出てくる「一生が一瞬で終わった方がいい」というフレーズ。
    今回も思い出しました。
    痛いよー。笑

    今回は、圧倒的に、友情がこじれてましたね。
    留利絵の勝ち。笑
    一生、蘭花と離れられない絆をつくったわけだから。

  • 今回は、若気の至りとも言える盲目的な恋と友情がテーマ。若気の至りとは言葉を変えればとても浅薄で浅慮なそれらのことだ。独りよがり。この作品はそこに死の要素を盛り込んだ。盛り込んだというよりもメインディッシュが死である。さらに言うとメインディッシュだったことに気付くのはそれを食した後。あれ美味かったけどメインディッシュだったのかーなるほどねー的な。それでも決して盛り込みすぎとは感じなかった。若干の無理矢理感は否めないけど、補って余りある心理描写と筆致力。なだらかな傾斜の先にある崖にご注意を。

全364件中 101 - 125件を表示
ツイートする