盲目的な恋と友情

  • 2325人登録
  • 3.45評価
    • (79)
    • (318)
    • (384)
    • (59)
    • (15)
  • 368レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやだーこわいよー!

  • るりえ拗らせててこわい

  • まだまだ読みこぼしてるのあるなー、辻村深月さん。

    表紙がとてもステキ。猫の絵が上手い人(ヒグチユウコさん)の絵ですね。

    ふたつの話を読んで、タイトルの意味がわかりました。
    私は友達とは割と淡白につきあってきた方なので(高校時代からずっと続いてる友達はいるけど「親友」だなんて言ったことないし、第一、私たち、親友だよねとか口に出していう女は大嫌いだった)、留利絵の気持ちはわからないなあ。

    もっと他のことに目を向けられたらよかったね、蘭花も留利絵も、なんて思っちゃいました。

  • オンナのコ、の浅はかというか一生懸命というか、の胸の内を、そして、ハマっちゃうコの典型のような末路を、表現していく、何も救われないイタいお話。

  • イヤミス

  • 市図書館にて。

    だからもう大丈夫だけど、一応、あなたには知っていて欲しくて
    そんな幼さを吐いてみたい。

  • 怖い話だった。
    面白いけど怖かった。

  • 恋も友情も傍から見るとひどいことになってますが、本人達は真剣。私たちも似たようなものかもと思えてしまった。不細工な子特有のマイナス思考が痛々しくて、読んでいて辛くなりました。ラストの衝撃は、「彼女がその名を知らない鳥たち」に似てたなー。辻村さん初読ですが、他も読んでみようと思います。

  • 女性特有?の粘っけがある人間関係をうまく描写している。男の視点からすれば、全く理解できないが、女性は共感するものなのだろうか?
    (男の場合は、最終的に力がある奴が強いというような、単純なヒエラルキー乃至は短絡的な思考が多いので)

    逆にこの本の内容に共感できない男でよかったと正直思ってしまう。。。こんなに表面上はべたべたして、裏ではけなし合ったりする関係なんてとてもじゃないが、やってられない。。。めんどくさい。
    依存と虚像と嫉妬と悪意が渦巻いた気持ち悪い世界だと感じてしまう。

  • 蘭花も瑠璃絵にも共感できず。
    女の嫌なところを突きつけられる。
    その辺りを面倒だ、気持ち悪いと思ってしまうところが
    私に友人が少ない理由か。

全368件中 51 - 60件を表示

盲目的な恋と友情のKindle版

盲目的な恋と友情の文庫

ツイートする