盲目的な恋と友情

  • 2325人登録
  • 3.45評価
    • (79)
    • (318)
    • (384)
    • (59)
    • (15)
  • 368レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでいる最中は気になるので夢中で読んでしまいました。が、読了感は最悪でした。救いがなさそうと思っていたらやっぱりなかった。
    同じ話を複数の人物の視点から見ると、違っているもので、その差異が気持ち悪いと感じました。
    タイトルを信じて読めば、色々と納得いくかと。

  • タイトル通り。キャラクターの描写が巧くて、ところどころ痛くなるくらい。

  •  趣味として音楽を楽しむ、私立大学の管弦楽団に所属する1年生の蘭花は、夏の合宿で外部から指揮者としてやってきた茂実星近と出会う。キレ長の目、高く整った鼻梁、そして長い手足。オケの先輩たちが色めき立って噂する茂実に気後れする蘭花だったが……。
     やがて、茂実が先輩とつき合っているという事実が公然の秘密となり、言葉も交わしたことのない蘭花はますます彼との距離を痛感するが、一年後蘭花の前に現れた茂実は彼女に好意を示すのだった。しかし、恋に夢中で周りが見えなくなった彼女に、親友の留利絵は割り切れない思いを抱く。

     タイトルにならい、物語は「恋」「友情」の二部構成です。育った環境、容姿にも恵まれたお嬢様蘭花と、中学生時のクラスメートの男子から受けたいじめを未だに引きずる留利絵。2人が同じサークルで出会い、親しくなったことが悲劇のはじまりとなって、物語が進んでいきます。
     いわゆる「イヤミス」というジャンルになるのかなぁ。あまりにも救いがなくて、しんどかった……。

  • H28.8.9読了

  • むむ〜後味が悪い…

  • 16/08/01
    装画の緻密でちょっと不気味な雰囲気がツボ。ヒグチユウコさん。
    タイトル通り、“盲目的” でした。ただの恋愛もので終わることなく、不穏なサスペンス調に進むのはやはり辻村さんですね。

    ・大人だと思っていた。だけど、茂実もまた、学生と何も変わらない、呆れるほどの、子供なのだ。(P70)

    ・蘭花は、私の、春だった。
     長く明けない、冬の世界に暮らす私の、たった一つのあたたかい、居心地のいい、春だった。(P243)

  • 二部構成。一部は恋の話で、二部が友情の話。どろどろとしていて、重たい雰囲気。
    2016/7/26

  • 装幀につられて読んでみたけど、途中で断念。

  • もうたまらない…他人事とは思えなさすぎて。。
    私は俄然留利絵の気持ちで読んでしまったけど、自分も留利絵のようになりかけていたので本当に読んでいて辛かった、痛かった…肌のこととか分かりすぎてつらい。自分の肌なんかを他人が然程気にしてないなんて思えないほどの自意識と卑屈さでもう壊れそうなんだよ。人の顔をまともに見るのもつらい気持ちなんて、蘭花や美波には一生わからないんだろうね。
    それでも蘭花のような特別な存在の親友でいたいという気持ち。自分の幸せのための努力よりこの特別な場所を奪われたくないというどうしようもない執着。特別なのは蘭花であって留利絵じゃないよ。つらい。私は逆に美人の隣にはいたくなかったけどな、みじめになるから。
    「なぜ、多くの女は男がいなければダメだと思いこむのか」
    「女友達はどうして男に、敵わないのか」
    敵わないよ、留利絵。男でしか埋まらないさみしさが確かにある。あるんだよ。

    友情の方ばかり書いてしまったけど、恋の方もえぐかった。というか一定以上の美人ってそんなに自分の美に無頓着なものなの?そんなの罪でしかない。残酷だ、と思ってしまう。蘭花が茂実のこと振りほどけなかったのは、ただただ「盲目的な恋」に支配されていたからなのかな。でもこの子も色々ずるいと思う。好きじゃない。私は美波がいちばんすきだな。こういう人間がいちばん強い。

    最後の最後、普通には終わらせない辻村さんでした。
    留利絵、春は自分で迎えに行かないとだめだ。

  • 一つのストーリーを二人の女性の視点から「恋」と「友情」の2章に仕立てている。
    「恋」の方は、いわゆる痛い恋愛から抜けられない主人公のストーリーで、普通に読み進めたが、
    「友情」の章に入ると、主人公の鬱屈とした内面描写により、既読のストーリーがどんどん歪んでいくような気持ち悪さを覚えた。
    読後感の悪い話は苦手。ヒグチユウコさん画の装丁が美しい。

全368件中 61 - 70件を表示

盲目的な恋と友情のKindle版

盲目的な恋と友情の文庫

ツイートする