盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • 学生オーケストラの指揮者としてやってきた茂実星近とわたしは恋に落ちた。
    燃えるような恋に身をやつす蘭花と、彼女の唯一の親友でありたいと願い続ける留利絵の、盲目的な恋と友情の話。

    タイトルに偽りなし。おんなの激情ってこわい。

  • 女同士。片方はそういう意図がなくても受け取り手にとってみればそういう意図だと感じたり。何気ない一言が相手にとっては重大な一言だったりするんだよな。共感できる部分が多かった。友人の特別な一人になりたいと思う、るりえの気持ちはよくわかる。みなみとは合わないだろうなと私も思う。
    でも結局はらんかに嫉妬してしまっているんだろうな。
    女同士ってめんどくさい。ほんとに。

  • 元タカラジェンヌの母をもつ蘭花と容姿にコンプレックスをもつ留利絵は大学のオケで友達になる。
    蘭花が語り手の『恋』と留利絵が語り手の『友情』の2話構成。

    それぞれが同じシーンを語っても二人の気持ちとか意識しているポイントが違うから全然違って、こんなにも違うふたりを書き分けられるってやっぱり辻村さんってすごい!



    恋にのめり込みすぎてしまう蘭花にも
    友達に執着しすぎる留利絵にも共感はできなかったけど、
    二人ともが違うベクトルで怖いくらいに盲目的で
    それが狂気だなと思った。

    でもそうまでする相手がいるってことは実は幸せなことなのかな。


    留利絵は、最後の方はほんとに自分勝手というか
    蘭花のことを思っているようで実は蘭花に感謝してほしいとか、親友と思って欲しいとか求めることが多すぎる気もした。


    蘭花も茂実のことを、もちろん好きだとは思うけど
    途中からは変な意地とかもあって別れなかったのじゃないかなとも思うし。



    留利絵が最後に蘭花にした仕打ちは、かなり怖かった。


    そこまでして蘭花を離したくないのか。。。



    人の感情って本当に怖いなと思った作品。

  • うまいタイトルだなぁ、と思った。
    二部構成にしたことも、面白い。

  • 読み終わってうーん、と思わず唸り声が出てしまう様な感じ。
    同じ出来事が二人の視点から語られているが、その立場によって捉え方が全く違ってくる。
    ましてや盲目的になっていればなおさら。
    そんな思い込みや欲望がひしひしと迫ってきた。

  • タイトルどおりの作品。
    大学のオーケストラ部を舞台に元タカラジェンヌの娘で美貌の蘭花と容姿にコンプレックスを持つ留利絵。
    蘭花、留利絵それぞれの視点で同じ事象が語られる。
    蘭花の一番の友達に選ばれたい、それをみんなに見せつけたいという留利絵の気持ちが痛々しいものの、よくわかる。
    ラストはなかなか衝撃だった。
    (図書館)

  • タイトルそのまま、どろんどろんな感じ。でもドロドロ描写はそんなにないのでむしろサクサク読み進め。ありがちなお話ですがこれは嫌いじゃない。一つの出来事を二人の視点で語っていて、温度差も楽しめました。

  • 全体的な印象として、女性同士による特有のドロドロさや独占欲などが随所にじわりじわりと現れている感じがした。劣等感を抱きつつも自分を見下した人を見返したいと突き詰める執着心が現れているが、一歩も進めないというもどかしさも現れていると感じる。友情は恋愛より軽く扱われるというのが全体を物語っている。女同士の友情は、表面的なものだけでは計り知れない内情が見え隠れしているものだと。表面上だけはうまくいっている上辺だけの関係、男性との関係が絡むと嫉妬や欲望が渦巻くといったことが表現されていて引き込ませ方が良い。

  • エンターテイメントとしては面白い。サスペンスな部分も含んでおり、読者を最後までひっぱていく。ただストーリー自体はあまりによくある若い人の恋愛と友情になっているように感じる。ただそこに表現される登場人物2人の若い女性の心理、感情の表現が面白い。女性でなくてはわからない同性に対する複雑な愛憎、友情を文章にしている。男性作家にはかけない作品だろう。

  • タカラジェンヌの娘に生まれた美貌の少女蘭花
    大学のオーケストラで指揮者と恋に落ちる。

    美しい姉と常に比較されて育った容姿にコンプレックスを持つ留利絵はオーケストラで蘭花と出会う。

    自分に自信がなく常に被害妄想的な考えを持っている留利絵は類型的な軽いノリの女子大生美波とはそりが合わないが、彼女を差別せず趣味も似ている蘭花とは気が合い、やがてルームシェアをするようになる。

    数々の言葉のDVを受けて育ち、男性と上手に関わりを持つことができない留利絵が蘭花に抱く友情は恋愛感情に近いものかもしれない。まさしく「盲目的な友情」

    悲しいラストが切ない。彼女たちは幸せになれるのだろうか。

  • この著者がこういうのを書くなんて・・・

  • ちょっと大人な表現のある話でしたね!辻村さんの書くキャラクターはどれも私であってどれも好きだったり嫌いだったりする人物なんだよな・・・。処女非処女という設定でいきなりキャラクター色づいて見える辻村キャラ・・・。恋編と友情編に分かれて語られる盲目な話。最初から面白かった。

  • 構成自体は面白いな、と思った。そして最後の最後のどんでん返しはさすが。と思った。
    ただ男女の絡みの部分、特に性的な描写はなんだかありきたりでイマイチだった。なんでみんなこういう風に表現するんだろう、、、と若干残念だった。

    とても極端な思考だと思ったけど、まあみんな陥りがちな感情なのかな、とも思った

  • 恋の方の主役はまあよくいそうな感じだからまあいい、菜々子さんもまあいい。友情編が理解できなくてただ気持ち悪かった。ちょっとこれはこじらせすぎ。

  • 共感できない部分が多く…我ながらよく読み終えたな、と感心しつつ。

  • 途中わりとありがちな恋愛ものっぽいけど、なんか違う。

    このなんとも言えない読後感はやっぱり辻村さんって感じ。

  • 盲目、怖い、気持ち悪い。
    大学時代の恋ってこんな感じ?
    こんな人たちだったら、だれとも友だちになりたくない。
    デフォルメしすぎ。

  • 大好きな辻村深月さんの作品で書き下ろし長編ということで、かなり気になっていた作品だったのですが……
    個人的にはあまり好きになれませんでした。

    「恋」と「友情」の2編として、二人の女性の視点から、美醜と恋を描いた作品。
    大学の楽団の指揮者として現れた男性と、その恋人となる美しい蘭花、そしてその親友である容姿にコンプレックスを持つ留利絵。

    盲目的に男との恋に溺れ、そして傷つく蘭花に、その姿を自身にかぶせながら親友であることを支えにして生きる留利絵というストーリーが正直キツい。
    辻村深月さんの作品は、そのキツさを浄化できるほどのラストに魅力を感じているんですが、この作品はそれもなし。
    最後の最後まで救いがなく、男の死という小さな謎に対しての種明かしもストーリーを締めるには唐突感だけが強く感じられました。

    うーん、残念。

  •  圧倒的な作品だったけれど、最後のどんでん返しにつながる友人の行為の動機がリアルに感じられなかった。

  • 自分ではそんなつもりはないのに、人には違うふうに受け取られている、ってことがおうおうにしてあるんじゃないかとぞっとした。

    また、劣等感やコンプレックスを持っていない人はおそらく一人もいないとは思うのだけど、うまくその感情を処理できるように周りが寄り添ってあげないといけないな、と思う。大人になれば、みんなそれほど自分のことなんて見ていない、ってことに気づくのだろうけど、学校という狭い世界ではそれが生活のすべてになってしまうのだろうから。

    それと、ああしてあげた、こうしてあげたのに、と相手に見返りを求めるような関係は友情ではない。ほどよい距離感を保つことが大切。これは心にとどめていきたいと思う。

  • 留利絵が何故そんなに蘭花に執着するのかが分からなくて、後半に茂実の言った『君さ、誰にも愛されたことがないでしょ。誰にもきちんと執着されたことがないから、友達のことをまるで自分のことみたいに躍起になるんだよ。』でちょっとスッキリ。でも視野が狭すぎて痛々しい。

  • 辻村さんの、女の思い込みゾっとするシリーズ。
    と私が勝手に思っている。

    辻村さんのこの手の心理描写が、
    リアルなようなちょっとデフォルメのような、でもやっぱりリアルなような。
    いつもそう思う。
    それを読んでても嫌な感じに思わないのは「私はここまでじゃ・・・」と他人事に思ってるからなのかな。。。
    それさえもちょっとゾっとする。

    最初タイトルを見たとき、盲目って言葉の意味は分かってるつもりだったけど、
    もっと甘い響きというか苦い響きというか、
    どっちにしてもまだ可愛らしいと言える感じで認識していたんだと思う。

    でも、もう、こういうことか、と思った。
    まさに盲目。これぞ盲目。誰もが盲目。

    私がもしこれと同じような現在進行形のときにこの物語を読んだとしても、
    もしかしたら「私は違う。この人はかわいそうだな」って思うのかもしれない。
    あーーー怖い。

  • 面白い。でも苦しい。
    辻村さんの本に限らず、最後に光の見える話が好きなので、辛かったです。
    盲目的な感情はなかなか…。私の場合は音楽かな。
    恋愛に盲目的だと、人間色々こわい。

  • まず表紙借り。
    まあ素敵。誰の本かな〜と思ったら、辻村深月。
    ちょっとぞわっっとする。こういう友情てこわいよね。
    青春小説っぽくなるのかと思いきや、重めの内容に、ラストも拍車。
    一気に読み終わりました。

  • るりえがいちばん気持ち悪い。

全364件中 151 - 175件を表示
ツイートする