盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • ラストがうまく飲み込めなかった。

  • 前回読んだ『島はぼくらと』とは打って変わって安定の鬱展開。青春ものとは違い、大人を描いた作品はいつもこういう後味の悪さがある。学生が主人公であれば「この経験を糧に成長していくだろう」と先を期待できるけれど、大人の場合は「この先この人たちどうするんだろう…」という怖さもプラスされる。批判しているわけではなくて、この後味の悪さが辻村さんの持ち味だと思うし、私はそれが好き。
    いつもの二段オチだったけれど、私は留利絵の気持ちが痛いほどわかる側の人間だったので想像通りの結末だった。口先だけの臆病者。殺したいほど憎んでも、ほんとうに殺すことなんかできはしない。死ぬことだってできはしない。子供っぽいというその一言に尽きる。視野が狭くて価値観が破綻している。だけどどんなに罵りの言葉が浮かんでも、私は誰よりも彼女に感情移入していた。前半は読むのが正直苦痛だったけれど、友情編は一気に読めた。
    最後に微笑んだ留利絵がどれほどの満足感を得たのか想像するだけで、羨ましいとさえ思う。

  • 前にテレビで観て、気になっていた本。

    そのときに紹介されていたのが、確か、茂実のセリフを蘭花が聞いた時と、留利絵が聞いたときで、かなり印象の違う表現がされているとかそういった感じのことだった。

    実際に全部読んでみて、誰の目線で見るかで、物事はこうも違って見えるものなんだって、とても面白く感じました。

    他の方のレビューを見て、留利絵の気持ちが理解できないという人もいて、驚いた。人間ってみんな、あんな風なドロドロしたものに一度は触れたことがあるのかと思っていた。

    わたしは、社会人になるまでずっとコンプレックスの塊のような人間だったので、まさに留利絵に深く共感しました。容姿に自信がなく、それを周りから貶され、男の子が怖くて、その後ろで笑う女の子が死ぬ程憎い。友達がわたし以外の子に対して使う「親友」という言葉に傷付いて、自分だけが蚊帳の外にいるような気持ちになる。

    そんな気持ちのひとつひとつを、鮮明に思い出させてくれた本でした。

    あぁ面白かった。

  • うーん、やっぱり怖い。主人公の2人、2人とも怖い。
    周りの人たちもそれなりにこわいけど…
    仕掛けがたくさんなので、ページ戻り始めるとキリがないので、一気に読むのがオススメです。
    2015/1/22読了

  • やっぱり面白い。辻村さんの作品大好きです。
    顔が醜いと心も醜くなるのかしら、美しいと心も美しくいれるのかしら。二人の性格は両極端な気もするけど醜い思考がもう一方を絡め取っていく様子がリアルで凄かった。

  • 辻村さんらしい作品だと思う。悪意や嫉妬を当たり前のように好意と並べて描いていてゾクッとする。

  • 一気読みしたけど、面白くて、っていうわけじゃなく、しかも読んだ後気持ちがブルーに。。。
    あの友達は友達なのか??
    そして彼女はそれを想定して、そうなるようにしむけたのか??
    少なくとも友情とは言えない気がする。

    内容(「BOOK」データベースより)
    一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。恋にからめとられる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への―。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書き下し長編。

  • 2人の視点から描かれる盲目的な恋と、盲目的な友情。黒いんだけど現実によくある女の感情が描写されている。
    他人の目線からだとわかるのに、恋愛に溺れている本人には理解はできても納得できないんだよなぁ。
    そして友情・・なのか?容姿で虐げられ続けて卑屈になった性格だと、恋愛にもいけないから執着するんだろう。K点越えしちゃってるけど、ある程度はわかる。
    ハケンアニメとは真逆な作品ですね

  • 自分の視点と端から見たときの温度差、ギャップが面白くて、こういう構成は好き。語り手によってひとつの人物像が何重にもなって、ほんとの彼女はどれなのか。もうひとつ、ふたりを外側からみた視点も読みたかったな。友情のほうの彼女の話は、すべて彼女が悪いわけではないのだけどほんとうに嫌な感じで居心地悪くなる。

  • スイスイ読める。
    けど後味悪いな。
    女の友情?気持ち悪っ。

  •  恋も友情も人に強く想うということでは、同じなのかもしれない。人が何に一番重きを置くのか、それは他人にはわからないことだ。人を思いやっているようで、自分だけのためだなんてこと、当たり前にある。
     女性のチクチクするような嫌な部分や、理屈ではないドロドロとしたようなところが、あまりにもしっかり描かれていて目をそらしたくなるほどだった。最後の最後までひやっとする展開も辻村さんっぽくて好きだ。

  • 残念ながらそれ程、深みがある作品ではなかった。これよりも同じ作者では最近の『ハケンアニメ』の方が、軽いけどストーリィも人間描写も良かったのではないかと思う。

  • 二人の女性の視点から描かれた作品。
    初めて自分と相性の合う男に夢中になる蘭花。
    蘭花にとって、特別な存在でありたい瑠理恵。
    行き過ぎたそれぞれの思いは、人生で一番幸せな瞬間に絶望を与える。



    正直な話、ぶっ飛んでるのは瑠理恵。蘭花はただ恋をしたまで。将来有望な指揮者との恋は、未来を約束されたかのように思えた。しかし、その男が師匠の妻との不倫関係を持っていることを知った蘭花は、今までのことすべては何枚も上手の魔性の女の手の平で躍らされていた事実に恐怖し、憎しみを覚えるが、恋は止まらない。
     不倫がバレ、堕落していく男との決別を試みるも、魔性女の策略、魅惑の桃色盗撮映像により、脅迫され、関係を断ち切れないでいた。
    そんな、蘭花の恋の始まりから終わりまで、恋愛を知らないぶっ飛んだ瑠理恵が、すべては蘭花のためと世話を焼いていく。

    男女共に、恋に関しては盲目的になると思う。ただし、目的は異なる。友情に関してはどうだろうか? 女性について多くを語れはしないが、周りが見えなくなるほど同性の相手を思える女性は少ないのではないかと思う。作中でも描かれているが、瑠理恵は男性的な友情を築こうとするキャラクターだなと感じた。「いっそ、私が男になってしまえば蘭花に苦しい思いをさせることはないのに。」と、ここまで思える友情は自分は素晴らしいと思うが、客観的に見れば、引くだろう。自分の近くにこのような関係を築いている人たちがいたら、極力関わり合いにならないように静かに去ることだろう。

    辻村深月作品は、デビュー作から読破していこうとしても、文庫本ですら非常に厚い。さらに上下巻という構成がほとんどなので、ものすごく骨が折れることが予想される。その本の厚みの分、読了後には作品の感動のほかに達成感を得られる。

  • タイトルの「盲目的な」は「恋」と「友情」の両方にかかってるんですね。蘭花の物語=「盲目的な恋」だったものが、種明かし編というか、補足説明というか、留利絵目線の物語=「盲目的な友情」となる。

    蘭花の恋する心情には共感できる部分がたくさんある。
    留利絵のコンプレックスや屈折した考え方も、最初の頃こそ同情すれど、次第にエスカレートしていき恐怖すら感じる。


    【これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への――。一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。そう、女の美醜は女が決めるから――。恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編。】

  • これは。。。コワイ。
    展開はまあそうだろうって感じだけど。
    特に友情の方。
    ありえる。ゾクっときたわ。
    ヒグチユウコさんの装画がとてもステキ(*≧∀≦*)
    にゃんこかわいい♥♥

  • 面白かった

    僕は蘭花の気持ちも留理恵の気持ちもわかる
    蘭花みたいに恋に溺れたことは何度もあった
    愛しさ故の嫉妬
    好きな人から離れない他の女
    このストーリーは現実に近い
    こういうことも絶対にある

    留理恵だって
    僕は一番にはなれない人間だと思ったことがある
    親友って言葉に縛られたことも
    どうして女には男でしか埋められない何かがあるのだろうと
    女友達では駄目なのだろうと思った
    こちらも現実だ

    蘭花は星近が好きだったんじゃない
    星近を好きな自分が好きで酔っていた
    そして留理恵は友達にランク付けできないことをわからなかった

    どちらも経験がある
    これは現実だ

    深月ちゃんは良くなってるね
    もともと繊細な話を書く人だったけど
    醜さを見ようとして
    でも目をそらしてしまう文章だった
    今は醜さの中にも美しさがあると知ってる文章がある
    目をそらさない

    一樹にも近いけど違って
    湊かなえにも近いけど違う
    嶽本野ばらにも近いけど違う
    深月ちゃんらしい文章ができてきてて嬉しい

  • もちろん、本も面白かったのですが、とにかく表紙の絵が素敵で、大好きです!

  • 辻村さんブーム真っ只中、、人って怖い。。女って怖い。。人の欲望って怖い。
    やっぱりみんな自分が一番大切。

  • 2人の女の子の目線で綴られるある友情物語。

  • ★★★☆☆
    友情は恋の一種である
    【内容】
    。一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。

    【感想】
    率直な感想としては、女は怖いということだ。

    「友情」とは時として「恋」と似ている。どちらも独占したくなり、盲目となってしまう。
    それは人間という動物である以上、必然なのだ。
    「恋」とか「友情」といった熱にほだされていないかは注意して過ごそう。それだと「燃えるような恋」にならないわけだからバランスが重要なのか。

  • 2人の視点から描かれていて良かったしサクサク読めた。
    女って面倒。友情にも恋にも一方通行で報われない思いや前のめりになることってよくある。
    最後の展開に驚いた。

  • 女は怖い。でもわかる。そんな気持ちになる。読後感は良くないw

  • 読みたくてやっと読めた!手に入れて一日で即読了。それほどに辻村さんのお話は引き込まれる!題名の通りまさに盲目的な恋と友情の話だった。
    恋サイドでは容姿端麗な蘭花がこれまた美しい星近に溺れていくお話で、友情サイドではコンプレックスだらけの留美恵が美しい友人の蘭花に依存していくお話。
    いやー!いるいるいるよね!こういう女子いる!!!ってくらいわかりやすくおもしろい。自分が美しいから、自分最高!彼氏もかっこいいし完璧だし!周りが見えなくなる愚かな蘭花!でも、きっと恋って盲目だから仕方ない。
    それと留美恵みたいな女子!コンプレックスだらけなのに何故かプライドが高く、自分と他の尻軽女は違うと信じていて空気が読めないのよね~。尻軽女を軽蔑するくせに、大塚とやれなかった事を悔しがり、それなのに別に好きじゃないし!むしろ、恋を経験した!と錯覚。いやいやいや、あなた全然恋愛経験してないぞ?と。彼氏がいることが偉いとは全く思わないけど、色々なことを経験してる人との経験値の差はあるよねぇ。
    それと蘭花をバカにしてるくせに蘭花の美しさに依存して囲うという恐怖っぷり。美しいのは蘭花なのに、その蘭花と仲の良い自分まで特別なんだって感じちゃう。
    いやー本当にこういう人いるよ。わかるよわかる!!!あぁ面白い!わたしも中高生の時は憧れの先輩と仲良くなってウキウキしたもんね。辻村さんはそういう女子をよくわかってるね!
    でも蘭花のためなら監獄にも行くわ!海外なんていかせない!という驚異の依存っぷりにアッパレ!

  • 2014/12/6
    新潮だからこの路線。
    冷え冷えとしたまま終わる。
    どうしたいんや、君たちは!
    とおばはんの私は思ってしまう。だんだんと執着とかなくなってくるし。
    ただ装丁はめっちゃタイプ。
    ヒグチユウコ×鈴木久美だそうです。メモ。

全364件中 176 - 200件を表示
ツイートする