盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • 心揺れる恋からの転落を描いた第一部に続いて、行き過ぎた女友達への友情やエゴな想いを描いた第二部。どちらも、度合いは低いにしろ、怖いほど共感できて、必要な時に、必要な本と出会うってこういう事かと思いました。『女の敵は、女だ』って言葉は、本質をついている気がする。

  • 大学のサークルで出会った二人の女性。幸せだった二人に悲劇が起こる.......過去の思い出に縋りつき,現実逃避し,自分も周りも歪めて生きる女性たちの悲しく不気味な物語.

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103408&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 読後は思いのほか後味の悪さが残らなかった。
    辻村さんの作品はどれも一気に読み進めてしまうが、この作品、最速。

    若い時代、わたしも周りもあんな感じだったよな、と昔を振り返りました。

    憧れの女子にくっついたりした事。
    異性の事を何にもわかってないのに、暴走しかけた事。
    時代に溺れる前に助かり、今の幸せがあるのは、家族のお陰。年老いた両親への感謝がつのり、作品から気持ちが離れてしまった。

  • タイトルがぴったり。
    最近タイトルと内容が伴わない作品が多い気がしてたので、久々にすっきりしました。。
    一章で盲目的な恋の話が、二章は同じ話を盲目的な友人からの視点で描いた作品です。

    そんなにひねられたものではありませんが、ちょっとミステリ的な要素もあったりして、あんまり評判は良くないようですが、私は割と楽しめました。

    あんまり共感できる人はいなかったけど、計算高く底意地の悪い美波みたいなの子が一番付き合いやすそう、なんて思っちゃいました。他の子はちょっとめんどくさい。
    それと、奈々子さんのその後をチラッとでいいから触れて欲しかったかな。微妙に気になる。。

  • よく出来てる。
    面白い。
    面白いんだけど、よくある話。
    ラストはちょっと予想出来た。
    作中で演奏されてたラフマニノフは好き。

  • 恋愛で盲目的な友達を、少し冷めた目で見ることはあったけど、そう。友情にも盲目的になってしまうことってある。どうしてこうも後味悪いのかって考えると、自分にも盲目的だった瞬間が存在するからかもしれない。

  • 図書館にて。
    毒々しかった。
    世間知らずの蘭花の美しさまでが毒々しく感じられた。
    ラストまで読んで、そうだこの作家さんってミステリー作家だったよ!と気がついた・・・。

  • 女って怖いと思った。怖いというか本当に面倒な生き物だなと思った。瑠璃絵の「してあげたのに」感が重い。それでも自分が惨めにならないように、必死に正当な理由をつけて自分を保っているのは痛々しい。気持ちはわかるけど。今までの感情が一気に溢れ出してのラストの行動なのだけど、やっぱり痛い。友情にも「盲目的」はあるんだなと思った。一方の蘭花はそんなに嫌悪感もなく、「盲目的な恋しちゃうとね」と思う程度。愚かだけどそこから出られない気持ちはわかる。ただ美人で恵まれた環境で育ち将来も有望だった彼女の末路はあまりにも悲しい。

  • ルリエのキャラが凄い。。
    こういう人はいないような、いるようなと
    思わせる微妙なあたりが上手い。
    なんというか、恋に狂っている女子は
    端で見てるとバカみたいなんだが
    でも本人は必死なんだよねえ・・・。( 一一)
    若かりし頃を思い出しますた。。

  • 図書館にて。人が人を想うってすごいことだ。盲目的、まさに。

  • 恋も友情も1人の人間について深く想えば感情は同じなのだと思った

  • おもしろかったし怖かった。恋にしても友情にしても、嫉妬と執着という感情は誰もが持っていると思うけれど、ここまで突っ走られると恐ろしい。
    二人の主人公の感情を視点を変えて描いていて、楽しめる。

  • 読み始めて、読んでる間は読み進めたくて仕方なくて。でも、読み終わると気持ちが悪さが残るっていう。レビューを書くのが難しい作品。これって、書き手にとってもそうだったんじゃないかな?書いてる時は楽しくて。仕掛けも工夫も楽しくて夢中で作って。でも、出来上がった時に、これでよかったのか?出して良いのか?ってちょっぴり戸惑う。そんな作品じゃなかろうか。なーんか、スッキリはしない。

  • 女同士って、こういうことあるよね。片方にとっては、とても大事なことなのに、もう片方にとっては忘れちゃうくらい、大したことのないこと。でも、それを許せない人ってのは怖すぎる…。

  • 最初、あっ、私の嫌いな女たちか?って思ったけど、読み進めていくうちに嫌な感じはしつつも、はまってたなぁ。友情ってなんなんやろ。親友ってものに執着しすぎる女、そして本当はそれに酔ってるだけってやつ。なんか少し自分も、本当は酔ってるだけ?なんて自問自答してしまった。最後、やっぱりお前かって展開やったけど、裏切られた、あっ、またまたの~そこかぁって。
    茂美にしろ、蘭花にせよ、でてくる人物をみると、私の近くでもいそうって思った。

  • 2014.11.10.
    あーこういう独善的な女辻村深月よく書くよねー、って感じ。

  • ジャケ買いならぬジャケ借りしてしまった。装幀も装画も素敵な本です。
    一気に読めてしまう、引き込まれる内容でした。ミステリー的な要素もあるし。2つの視点から描かれているのだけれど、どちらにもなりたくないなあって感じですね。近いのは留利絵の方かもだけど、友情にそこまで盲目的になれないだろうなあ。恋愛ってホントに盲目的なんでしょうが、そちらもあまり縁がないし。

  • 読後感のもやもや感。
    辻村さんの描く『女』の幼さ、というか幼いままでいることを選んだ女、大人になれない女って、作中でも他の女性がいうように、見ててイライラするんだけども、そのメンタルはとても理解できてしまう。今回の作品では瑠璃絵。

    容姿にコンプレックスがあって、
    でも勉強はできる。特技はある。
    華やかでモテる子たちを少し見下す節があるけど、
    心の底では憧れている。
    重大な選択をするときには、自分の気持ちより
    何かというと親の気持ちが気になっちゃう。


    最後の、親を気にする、というのは蘭花か。


    でも蘭花の章で1番印象的だったのは、
    『オスとしてセクシーだというよりは、
    この人に選ばれるのを人に見せたい』
    というくだり。

    特別な誰かの特別の女でありたいっていう欲は、
    人間あるよなあ、とこれはもう納得しながら、読みました。

  • 二人の女の恋と友情の物語。
    まさに盲目的。
    人間は自分の立場でしか物を見ることができない。
    だからこそ、他人の考えがわからず、勝手に期待して失望する。


    読後感じたのは私は留利絵と近いなということ。
    友情のためなら、やりすぎることもできそう。
    茂美の死の真相で、本当は蘭花がやったと最後で分かるが、留利絵が殺人まではやらなかったのだなとどこか納得した。結果的にはやらなかったけど、できなかっただろうなとも。
    警察が家に来た時に留利絵が「きっと、女友達のために、そこまでするとは、思われない。」と考えたのは、私はそれぐらいできるのよという自負と、実際してないし、疑われないから大丈夫という保身の気持ちの表れだったのだろうか。

    留利絵の行動の穴は献身的に友人に尽くしたが、見返りを求めてしまったことだ。
    愛情という見返りを。
    心というものは目に見えないから厄介であるというのに。

  • 恋は盲目とかなんとやら。

    そんな気持ちで読んではいけなかったー。
    盲目って見えないってことだけど、恋や友情でこれほどまでに周りって見えなくなるものなんだなぁと思いました。

    美しいものが一つの恋をめぐり腐っていく様子が哀れでした。

    色や臭いまで感じられる物語。

    最近なにかと話題のリベンジポルノってやつも本当に恐ろしい。

    それにしても辻村さんってこういう作品も書けるんだ。

    ミステリーの要素も忘れられてなかったです。

    登場人物ほどではなくても、恋ってほんとに周りが見えなくなる。
    周りからの意見なんて何も考えられないよな。
    私もどれだけ、周りに迷惑かけたんだろ。

    穏やかな海のような人が一番だよ。ほんと。

  • 11/03/2014 読了。

    図書館から。

    重い…。
    女子って面倒だ、というのがひしひし来ました。

    恋と友情の比重は人それぞれだと思いますが、
    登場人物の誰にもなりたくは無いですねー…。

    こういう心情とか関係性のさらっとしてるようで
    本当は深くどろっとしてる話なのは辻村さんらしいかと
    思います。

  • 誰が見ても愚かな恋にのめりこみ、逃れられない美しい女性と、彼女の行く末を人一倍に案じるその友人。「恋」の愚かさ、「友情」の愚かさをそれぞれ女性ならではのなまなましさを持って突き付けてきたお話です。
    どちらの女性も愚かしく、視野狭窄も甚だしいくらいでありながら、分からないでもない、ところもちらちらとあるのがどこかぞっとします。
    ずるずると男から離れらず恋に縋り付く「気持ちのありよう」そのものはわからなくはなく、またその友人の、いつしか自分中心にすべてを眺めていらだちを覚えていく肥大した自意識が成す疎外感もまた、覚えがないこともない。ので、理解できてきりきりする心情と、なんて馬鹿なんだろうと憐れむ気持ちが交互しながら読んだのでした。
    ただ結末は、ちょっと…残念かなと。
    ある意味、予定調和というか、「そっち方面にいくのか」というもったいなさを感じたのでした。それが友情のはて、押しつけがましい自分の「信念」の至った道筋なんだろうとは思いますが、どこかで見たような、という感想をいなめなかったのです。あくまで個人的な想いではありますが…。もうひとひねり欲しかったな。でもまあ、後味さわやかにはどうあっても、できるはずのないテーマではありますしね。
    女は女が一生の敵…。
    身につまされます。

  • ジャケ買いでしたが、中身も面白かった!!タイトル通りだし、帯の宣伝文通りだし。辻村さん、ぶっこむなあ、と……純粋で綺麗な部分ではなく、思いすぎてドラマチックに狂気の部分でもなく、その間。物語ではなかなか語られず、人間がいちばんなかったことにしたい、でもどんな人にも必ずあるはずの、矛盾と傲慢さと自意識がぐちゃぐちゃになった部分がこれでもかと描かれてる。同じくジャケ買いした友人はこの後味で大丈夫だろうか…と不安になるほどでしたが、ここまで書けるのはさすがだし面白いな。

    普通、いくら誰かの視点であれ、地の文って間違ったことあんまり言わない気がします。犯罪者でもその信念自体にはきちんと沿ってたり、もしくは考えが間違っていることにきちんと自覚があったり。でもこの作品では、配慮をきちんとしてるつもりが単なる偽善になっていたり、行き過ぎた自己満足を正当化していたり、人の心の中を修正せずにそのままというか。美波側から見た作品もと他の方の感想にありましたが、私的には茂実とか菜々子側の描写が読んでみたいです。

  • 最後の最後、予想していなかった結末に本を読む手が止まってしまいました。
    まさか、彼女が。
    二人の視点から同じストーリーを見る物語なのですが、正直考え方や感じ方が違うだけでこんなに変わるのかと驚く作品でした。

  • 20141028

    辻村さんは、こういうような女のドロドロを書くのが一番だと思う。
    「島はぼくらと」のようなキラキラ青春よりも、ゼロハチゼロナナやこの様な作品で味が出る。

    盲目的な恋と、友情 ではなく
    盲目的な恋と、盲目的な友情
    だった。

    美波側からの作品も是非読んでみたい。

全364件中 201 - 225件を表示
ツイートする