盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • 2014.06.26読了。辻村深月最新作。最近の私的辻村深月ラッシュで多分アンソロジーとホラー覗いて全部読んだと思うけど、最近初期の作品ばかり読んでいたせいか、久し振りに合わない作品。期待していた白辻村さんじゃなく、黒辻村さん。ハッピーエンド好きとしては、残念。
    まさにタイトル通り、恋に、友情に、盲目的になる2人の女性。恋に執着する美女の蘭子と、その蘭子に絶対な友情を求め、恋を否定する留利絵。それぞれの目線から描いた、『恋』章と、『友情』章。2人とも、恋人を、友人を、追い求めているように見えて実際は、そんな特別な自分、も、好きなのでしょう。酔い痴れてる?女って時として、優しい顔して、とても残酷だ。
    装丁が、すごく素敵。

  • 辻村作品を読むのが惰性になってきている自分がつらい。初期作品にあった、張り巡らされた伏線、頁を繰る間も惜しいほど先が気になるストーリー展開、魅力的なキャラクター、そしてあっと驚く結末。そういう作品を期待して読むが、空振りに終わるということを繰り返している気がする。
    確かに女同士のあるあるやスクールカースト、だめんずうぉーかーあるあるの描写は上手いけど…『子どもたち』でのそれは面白いと思えたけど、本当に読みたいのはこういうのじゃないんだよ!と思ってしまう。

  • 美人と不美人。
    美人がダメ男にはまって、結局殺人。
    それを見ていた不美人がアリバイ捏造。
    新たな男との結婚式で警察乱入。
    救われない話。

  • 【ネタバレあり】

  • 怖い話だった。
    面白いけど怖かった。

  • 蘭花も瑠璃絵にも共感できず。
    女の嫌なところを突きつけられる。
    その辺りを面倒だ、気持ち悪いと思ってしまうところが
    私に友人が少ない理由か。

  • 蘭花、留利絵、茂実

  • 人間のドロッとした汚い部分が上手く書かれてるなあって感じがしました。
    他人に執着し、依存し、自分を満たそうとする弱さも。

    ただ、私は「恋」も「友情」も読んでて不愉快でした。

    特に留利絵は不快。
    親に愛されなかった事によって、何を差し置いてもどんな犠牲を出しても「自分を愛して欲しい」という
    歪んだ自尊心が生まれてしまい、他者を見下し、自分を卑下するようでいて常に自分が
    主役になろうとする。常に優先すべきは「自分が選ばれる事」。

    否定出来ない人間像であり、同じような感情を持ってないとは言えないけれど、
    身近には居てほしくないタイプの人間です。

  • 恋と友情の2編連作です。
    恋は盲目と言うけど、まさにといった内容。
    母親は元宝塚の美しい女性、蘭花が盲目的な恋に陥る。そんな彼女を屈辱的な目にあわせたい菜々子の存在。美しい蘭花の一番の友達でありたいコンプレックスの塊のような留利絵。女のドロドロしたものが書き起こされています。
    留利絵がいちいち怖い。救いがない。痛々しい。ここまでの嫉妬や劣等感はあまりに幼稚で後味がものすごく悪いです。
    なんだか別の作家さんの本のように感じた。

  • 読後感は…はっきり言って悪いです。
    《恋》よりも《友情》の方がはるかに悪い。

  • 思い込みは怖い

  • 盲目、怖い、気持ち悪い。
    大学時代の恋ってこんな感じ?
    こんな人たちだったら、だれとも友だちになりたくない。
    デフォルメしすぎ。

  • 大好きな辻村深月さんの作品で書き下ろし長編ということで、かなり気になっていた作品だったのですが……
    個人的にはあまり好きになれませんでした。

    「恋」と「友情」の2編として、二人の女性の視点から、美醜と恋を描いた作品。
    大学の楽団の指揮者として現れた男性と、その恋人となる美しい蘭花、そしてその親友である容姿にコンプレックスを持つ留利絵。

    盲目的に男との恋に溺れ、そして傷つく蘭花に、その姿を自身にかぶせながら親友であることを支えにして生きる留利絵というストーリーが正直キツい。
    辻村深月さんの作品は、そのキツさを浄化できるほどのラストに魅力を感じているんですが、この作品はそれもなし。
    最後の最後まで救いがなく、男の死という小さな謎に対しての種明かしもストーリーを締めるには唐突感だけが強く感じられました。

    うーん、残念。

  • スイスイ読める。
    けど後味悪いな。
    女の友情?気持ち悪っ。

  • 残念ながらそれ程、深みがある作品ではなかった。これよりも同じ作者では最近の『ハケンアニメ』の方が、軽いけどストーリィも人間描写も良かったのではないかと思う。

  • 2人の女の子の目線で綴られるある友情物語。

  • 読み始めて、読んでる間は読み進めたくて仕方なくて。でも、読み終わると気持ちが悪さが残るっていう。レビューを書くのが難しい作品。これって、書き手にとってもそうだったんじゃないかな?書いてる時は楽しくて。仕掛けも工夫も楽しくて夢中で作って。でも、出来上がった時に、これでよかったのか?出して良いのか?ってちょっぴり戸惑う。そんな作品じゃなかろうか。なーんか、スッキリはしない。

  • 話の展開は面白かったけれど、
    かわいくない設定の女の子の内面の描写がもっと読みたかった。

  • このタイトル、辻村さんの本でなければ読まなかったと思います。盲目的な恋というとあまり良くない印象ですが、一途な恋といえば純粋な気がしてしまうのは私だけでしょうか^^; 『恋』も『友情』も共感出来ませんでした。さっさと別れてしまえばいいのに、と思いながら読んでいるので、あんな男やめなよと周囲に言われながらも別れられない蘭花にイラッときてしまうのです。『友情』は更に留利絵の気持ちについていけませんでした。いや、もしかしたら、そういう歪んだものから目を逸らしたいのかも…。

  • リアルな大学生活

  • ドロドロ(ネチネチ?)した少女マンガのような恋愛ストーリーをそのまま文字に落としたような感じ。

  • 前半が「恋」に盲目なカノジョ側からの視点のストーリーで、後半はそのカノジョへの盲目的な「友情」を抱く友人サイドからのストーリー。
    人間関係ドロドロだし、オトコはやなやつだし、こうなるのも仕方ないかなと思うけど、ラストは怖いわ。
    女ってこわいな~。
    もう読まなくていいです。

  • 「イヤミスとはこういうものなんだよ」と言われたら返す言葉もないのですけど。主人公の馬鹿さかげんも親友の独りよがりも、どちらもウンザリです。

  • サスペンス劇場∵

    あー期待してたのになー

ツイートする