盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • 読んでいて軽い既視感。
    なんだかこの話、朝井リョウの「スペードの3」に似てない?
    女性の尋常じゃない自意識だとかスクールカーストのトラウマだとか。
    今この手のテーマが若手の作家の間の流行りなのか。
    ブラックな感じも共通してて作者を伏せて読んだらどっちがどっちだか分からないかも(笑)
    お二人の作家は同期で仲良しらしいから影響されあってるのかな?

    でもね、正直個性が感じられなかった。
    私が辻村さんの作品をほとんど読んでないせいもあるのかもしれないけれど・・・。
    女性独特の心理を巧みに描写しつつもミステリーに仕上げるってのが彼女の特徴なのか。
    この作品以外に読んだことあるのは「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
    これも巷の評価ほど感心しなくてずっと辻村さんから遠ざかっていたけれど今回たまたま手に取ってみた。
    またしても外れちゃったみたい。

    これぞ、辻村!!と言う作品を読まないと。
    以前にブクログ仲間さんにお勧めいただいた本があったはずだな。
    まずはそれを読まないと始まらないか。
    若い作家さんの小説に入り込めないのはもしかしたら自分の年齢のせいかなとも思うけれど。
    どうなんだろう。認めたくないけど・・・。

  • 盲目的な恋と、盲目的な友情。
    美しい女子大生の初めての恋が燃え上がるが‥

    一瀬蘭花は女子高から私立大学に進みます。
    音大ではないけれど、百人を擁するオケ部で、第一バイオリンのメンバーに入りました。
    指揮者は若手のプロがやって来ることになっていて、指揮者は誰とでも選び放題で付き合えるという話は聞いていたのです。
    そんな指揮者でしかもかなりの美形な茂実星近と2年の秋になって蘭花は付き合い始め、あれこれありつつも5年という異例の長さで恋人として続きます。だがそれは‥

    恋に積極的な美波は、初心者だがオケ仲間でもあり、蘭花の親友でした。
    1年生の頃は美波は蘭花のことを、初恋どころか思春期もまだのようだと言っていたりして。
    そんな美波のことを嫌う傘沼留利絵は、群を抜いてバイオリンが上手い。
    痩せていて生真面目で、化粧っ気もない。
    素直な蘭花は、教育熱心な家庭に育った共通点を感じ、演奏会などの話も面白くて気が合うと感じていました。

    世間知らずな蘭花の一人称で語られる出来事。
    初めての恋に縛られ、他の女性の存在に衝撃を受けたり、相手が崩れていっても別れられない。
    ありそうではあるけど、どこかでどうにかならなかったのかと、もどかしい。
    良い面も不幸を招いてしまい、生かされなかった‥
    美しさが災い?

    留利絵の一人称で語られるパートはもっと怖くて、そうなった事情に気の毒さはあるが‥なんとも歪んだ考え方。
    盲目的な友情って‥そういうことだったのかと思うと、恋のパートもさらに怖くなってくる‥?
    人柄のいい男性が一人も出てこなかったような‥
    こうなるしかなかったような書き方で、鮮烈な印象はあるし、なめらかで、わかりやすいけど‥
    後味は悪いですね(苦笑)
    これはホラー?
    普通に成長していると思った女の子が一歩間違えばこうなりかねない、なりますよ~というブラックな味です。
    嫌ミス的な意地の悪さ?‥というほどでもないかなぁ‥こういうのも書けますよ、っていう印象でした。

  • さあ、どっちだ、どっちだ??
    最後に感動の涙を流させてくれる講談社路線か?
    はたまた、じめじめとした女の嫌らしさを描いた文藝春秋路線か?
    といっても、これは実際には新潮社の発行物だけどね------。

    ということで読み始めた辻村深月の書き下ろし最新作。

    冒頭
    あの人が死んでしまったら、とても生きていけないと思った、あの幸せの絶頂の一日から六年が経ち、あの人は死んでしまったのに、私は、まだ、生きている。

    大学のオーケストラに定期的に指導にやってくる指揮者たち。
    彼らは女子大生の憧れの的であり、団員の誰とでも付き合える別格の存在だった。
    なかでも、元タカラジェンヌの娘蘭花の前に現れた茂実星近は完璧な外見を擁していた。
    主人公蘭花と茂実の盲目的な恋、蘭花の周りを彩る留利絵と美波との複雑な友人関係。
    登場人物が個性的で、しかも内面のドロドロというよりも、それを遥かに超えたズブズブの底なし沼のような感性の描き方が、まるで湊かなえの作品であるかのような感覚を覚えた。

    作者辻村深月自身の言によれば、最近の作品は“”白辻村“と黒辻村”があるという。
    デビュー当時から、ベタでもハッピーエンドを書き続けると言っていた作品群は白辻村、最近の、女性の内面をどこまでも深く描く、私にしてみれば読後感のあまり良くない作品群は黒辻村のようだ。
    この作品は明らかに黒辻村。
    だから、読み終わって、がっかりでした。
    私が彼女に求めているのは、あくまでも前半は様々な伏線を張り巡らせ、終盤見事にそれを回収して感動の涙を流させてくれる白辻村作品だからだ。

    ということで、驚愕のラスト、異性への恋と同性との友情の並列的比較という問題提起で話としては面白かったのだが(さらには装丁も素敵だった)、彼女に期待していた作品ではないので、評価は3。
    今年はデビュー十周年記念ということで、あと二冊今年中に発刊されるらしいので、できればどちらも白辻村作品であることを心の底から願うばかりだ。
    “スロウハイツ”や“名前探し”を超える作品の誕生を期待したい。

    でも、辻村さん自身の作品に向かう考え方が変わってきているようなので、あれ以上の感動に再遇するのはもう無理なのかもしれん。
    人間って十年で全く変わってしまうんだね。悲しい。

  • 辻村氏の作品に登場する「ダメ彼氏」は、ほんと病的なまでにダメ人間ばかり。こーいう弱い人っているよねー、と客観的に読んでいられるが、
    留利絵のような他者に依存する女性の描写は、自分の中にもその狂気の一片が潜んでいるような気がして、他人事には感じられず読んでいて怖かった。
    「恋」より「友情」の方が怖い。
    2017/04

  • ヒグチユウコさんの装画がとにかく可愛くて装丁買い。初めて読む辻村深月がこれなのはあまり正しくない気はするけどまあいいや。中身は恋パートと友情パートで語り手がチェンジする二部構成になっていて、どちらもタイトル通り「盲目的」。

    大学のオーケストラに所属する蘭花が、イケメン指揮者の茂実星近という男と恋に落ちるも、実はこいつがとんだダメンズでさんざんな目に合わされ、しかしうまいこと死んでくれたおかげで別の人と結婚するまでが蘭花視点の「恋」。「友情」のほうでは、蘭花と同じ第一バイオリンの友人・留利絵視点で、基本的には同じストーリーが繰り返されるのだけれど、茂実の死の真相がこちらで明かされるサスペンス仕立て。

    蘭花は大変な美人なのだけれど、本人はその点に自覚が薄いのか無頓着なのか「恋」ではあまりその点について語られていない。ただただ、うっかりダメンズに引っかかってしまった大学生の女の子の、それでもそのダメ男を諦めきれないダメな恋愛のお話でしかない。

    怖いのは、圧倒的に留利絵の「友情」のほう。容姿に劣等感を持ち、美しい姉と比べられ、しかしその姉が美貌ゆえにある不幸を引き当ててしまうことすら内心羨んでしまうほど劣等感が複雑骨折した留利絵のキャラは大変つらい。恋愛ではなく友情に依存してゆく彼女の心理をこれでもかというエピソードの積み重ねで描写されていて、嫌なんだけど上手いんだなあこれが。

    そこそこ可愛くて軽くて合コンばかりしていて最終的にかなり良い男をゲットする美波というもう一人の蘭花の「親友」がいるのだけれど、彼女のキャラ設定も配置も絶妙。留利絵は美波をライバル視し大変憎悪するけれど、本当に友人にすべきは美波のように偏見もなくバランス感覚の良い子のほうだろう。留利絵は悪意にしか受け止めないけれど、読者には美波が留利絵を思いやる行動をとっていることが伝わるし、花火のとこで出てきた男の子も、留利絵はバカにされた、と被害妄想に陥ったようだけど、もしかしてあの男子は留利絵に好意を抱いているから照れ隠しでとった行動だったのでは?と私は思ったので、つまり結局、留利絵自身の被害妄想体質が、いつまでも彼女を劣等感から抜け出せない元凶だろう。自分を変えるという発想が彼女にはない。

    そして友情の名のもとに留利絵は蘭花に依存したわけだけれど、留利絵がいなくても、茂実というクズ男に恋した時点で蘭花の結末は同じだっただろうし、「感謝」という「見返り」を求めた時点で留利絵の蘭花に対する友情も底が見えていた。読後の後味は大変悪いのだけど、エピソードの構成やキャラ配置が絶妙で非常に巧いので感心してしまい、それほど不快と思わなかったのは救い。

  • まさにタイトルの通りなお話。
    美しかろうと、醜かろうと女は女。
    で、女の敵は女。
    男は馬鹿すぎ。
    登場人物皆自分の事しか考えていなくて、それが原因だろうなと思う。

  • う~~~ん、なんと表現して良いのか…
    不思議な世界に引き込まれて一気読みしたが…
    茂美との恋に盲目的になってしまった蘭花。
    蘭花への執着を盲目的な友情と思い込む留利絵。
    盲目的になっている自分に溺れ、正しい判断ができなくなる二人。
    ちょっと恐ろしい。

  • 結構読むのがきついところもありました。

    自分や周りの人間にもこういう要素あるなと思ったらすごく怖いです。

    恋にも恐怖でしたけどどちらかというと友情の方が怖かったです。

  • 見た目のこだわり具合がスゴイ!
    カバーの下もステキなのです(ღˇ◡ˇ)
    大好きな辻村さんの本で、なおかつ独特な雰囲気が大好きな黒いお話しときて、ドキドキしながら読み進めていきました。
    ドキドキしながら読めるほど面白かった!ケド最後があっけなすぎて、うーんってなっちゃうww
    でも、そのうーん?を解消する為に3回も4回も読みなおしてしまえるし、読む度に新たな発見があったりして、何度も楽しめてしまった(笑)
    盲目的な恋と友情は、形は違っても女子は誰もが通ってくる道な気がする。
    もちろん私自身も^^;
    そんな感情を乗り越えて、それぞれに自分の居場所を見つけて、生き方を見つけて、大人になっていくんだよね。
    『女の美醜は女が決める。』
    女に生まれた私は、当然でしょ?と言いたいし、この言葉に惹かれる。
    でもそれは、この本を読み終わったあとだから感じられる気持ちかも♪

  • 相手を見下したり、必要以上にひがんだり、ちょっとした言葉尻でイラついたりと、女性のドロドロした部分をまざまざと見せつけられました。
    「親友」という言葉がやたら出て来るのも女子ならではだなぁと…。

    ラストシーンが見えた時、「ちょっとベタというか陳腐じゃない?」と思いましたが、本当に復讐したかった事柄がわかった瞬間、「そうか、だからこういうラストシーンなのか。陳腐どころか超怖い((((;゚Д゚))」ということに気づかされました。

  • 恋の途中から気になり、友情は一気読みした。
    盲目的って本当に怖いな。
    こんなに誰かに執着できることも、凄い。
    他人を自分のものにはできないのに。
    私的には友情のほうが一段と怖かった。
    留利絵の自分を卑下する言葉にも少しイライラ
    した。誰でもコンプレックスはあるけど、
    それをあからさまに表に出すのは、子どもっぽい
    と思ってしまう。
    私の周りには、そういう友達がいないし、
    親友って呼べるのかも解らないなぁ。
    そういうことは重要ではないと思っているからかな。
    親友ってどういう定義なんだろう。

  • 絶世の美女らんかの恋人が落ちぶれていく救われない話と
    その友人の美人でないるりえ。

    るりえは重いけれどこういう子はいる。

    あらすじだけで読むと惹かれないけれど、
    るりえの章でネタバレがたくさんあるのでつい読んでしまう。

    図書館で今月のお勧め本

  • 題名の通り、どんどん落ちぶれて行く恋人を、それでも盲目的に好きでいることをやめられない女性と、その女性の一番になりたかった女性の話。

  • 元宝ジェンヌの娘で美しく才能もあり何もかも持った蘭花とぶさいくで誰からも愛されずに育った留利絵,この二人が大学のオケの1バイオリンで出会い少し変わった友情を築き上げていく.学生指揮者茂美と蘭花の恋愛の始まりと終わりの顛末を二人の視点で描いている.心理描写が巧みでドロドロしているところが嫌になるほど上手い,つまり読後感は良くない.

  • タイトル通り、盲目的な恋の話と盲目的な友情の話。
    それぞれ物語としてはありがちな女子の執着心が書かれているわけですが、後味はあんまり良くない…。
    いい年月生きてきてどうしたって切り離せない嫉妬とか独占欲とか優越感とかいうものが明確に表れてるから目を背けたくなるのかもしんない。

  • 盲目的な恋よりも、盲目的な友情の方が何倍も恐ろしいと思った。

  • まだまだ読みこぼしてるのあるなー、辻村深月さん。

    表紙がとてもステキ。猫の絵が上手い人(ヒグチユウコさん)の絵ですね。

    ふたつの話を読んで、タイトルの意味がわかりました。
    私は友達とは割と淡白につきあってきた方なので(高校時代からずっと続いてる友達はいるけど「親友」だなんて言ったことないし、第一、私たち、親友だよねとか口に出していう女は大嫌いだった)、留利絵の気持ちはわからないなあ。

    もっと他のことに目を向けられたらよかったね、蘭花も留利絵も、なんて思っちゃいました。

  • オンナのコ、の浅はかというか一生懸命というか、の胸の内を、そして、ハマっちゃうコの典型のような末路を、表現していく、何も救われないイタいお話。

  • 女性特有?の粘っけがある人間関係をうまく描写している。男の視点からすれば、全く理解できないが、女性は共感するものなのだろうか?
    (男の場合は、最終的に力がある奴が強いというような、単純なヒエラルキー乃至は短絡的な思考が多いので)

    逆にこの本の内容に共感できない男でよかったと正直思ってしまう。。。こんなに表面上はべたべたして、裏ではけなし合ったりする関係なんてとてもじゃないが、やってられない。。。めんどくさい。
    依存と虚像と嫉妬と悪意が渦巻いた気持ち悪い世界だと感じてしまう。

  • 読んでいる最中は気になるので夢中で読んでしまいました。が、読了感は最悪でした。救いがなさそうと思っていたらやっぱりなかった。
    同じ話を複数の人物の視点から見ると、違っているもので、その差異が気持ち悪いと感じました。
    タイトルを信じて読めば、色々と納得いくかと。

  • タイトル通り。キャラクターの描写が巧くて、ところどころ痛くなるくらい。

  •  趣味として音楽を楽しむ、私立大学の管弦楽団に所属する1年生の蘭花は、夏の合宿で外部から指揮者としてやってきた茂実星近と出会う。キレ長の目、高く整った鼻梁、そして長い手足。オケの先輩たちが色めき立って噂する茂実に気後れする蘭花だったが……。
     やがて、茂実が先輩とつき合っているという事実が公然の秘密となり、言葉も交わしたことのない蘭花はますます彼との距離を痛感するが、一年後蘭花の前に現れた茂実は彼女に好意を示すのだった。しかし、恋に夢中で周りが見えなくなった彼女に、親友の留利絵は割り切れない思いを抱く。

     タイトルにならい、物語は「恋」「友情」の二部構成です。育った環境、容姿にも恵まれたお嬢様蘭花と、中学生時のクラスメートの男子から受けたいじめを未だに引きずる留利絵。2人が同じサークルで出会い、親しくなったことが悲劇のはじまりとなって、物語が進んでいきます。
     いわゆる「イヤミス」というジャンルになるのかなぁ。あまりにも救いがなくて、しんどかった……。

  • 16/08/01
    装画の緻密でちょっと不気味な雰囲気がツボ。ヒグチユウコさん。
    タイトル通り、“盲目的” でした。ただの恋愛もので終わることなく、不穏なサスペンス調に進むのはやはり辻村さんですね。

    ・大人だと思っていた。だけど、茂実もまた、学生と何も変わらない、呆れるほどの、子供なのだ。(P70)

    ・蘭花は、私の、春だった。
     長く明けない、冬の世界に暮らす私の、たった一つのあたたかい、居心地のいい、春だった。(P243)

  • 二部構成。一部は恋の話で、二部が友情の話。どろどろとしていて、重たい雰囲気。
    2016/7/26

  • 読後感はよくないですが、部分部分で共感できてしまう。
    自分を卑下しすぎるのは、過剰すぎる自意識のせい。
    なんか友情の章は、読んでてヒリヒリしました。

ツイートする