盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
宮下 奈都
西 加奈子
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • 女の恋と友情。
    これは小説なので、かなり特異で耽美的で、登場人物も現実離れしていて、偏執的で、盲目的なのだけど。
    それでもヒヤリと心を撫でられたような現実的な表現があって、知らぬうちに彼女たちに共感して引き込まれてしまいました。

    勿論わざとミスリードするように書いてあるんでしょうけど、二視点からの書き分けはなかなか面白い。
    まぁ、ラストの展開より、二人の感情の過程や表に出さない部分が面白いんだけどねー。

    盲目的に恋に溺れる美少女、蘭花と、盲目的に親友という関係に執着する地味女、留利絵。
    美波ちゃんが一番普通だったね。
    物語の中では、蘭花がけっこう好きだなと思う。

  • 前半「恋」。完全に共依存な関係。ダメ男に耽溺する主人公。甘美な時期は瞬く間に過ぎ去り、熟れすぎて腐りゆく果実のようなぐちゃぐちゃな関係に。

    恋愛に対して純粋すぎて免疫がほとんどなかったことが、このような関係に陥った要因なのでしょうか…

    後半「友情」。こちらは友人関係に溺れる女の子が主人公。自分がこの人の一番でありたい。ある種の独占欲。

    対象の性別は違っても、相手を思う気持ちが強すぎて、行き過ぎて、一線を超えてしまう二人はとても良く似ていると思います。

    冷静に、客観的に見ると常軌を逸している二人ですが、純粋で真面目で融通が利かない不器用さが招いた結果かもしれなくて、そう思うと二人に哀れみを感じ、悲しい気持ちになってきました。

    いわゆる“黒辻村”作品で、気持ち悪さすら感じる内容でしたが、不思議とページをめくる手を止められず… 不気味でおぞましい印象ですが、どこか美しさすら感じる読後感でした。

  • まさに辻村深月といった感じ。
    女の嫉妬とプライド、劣等感が満載です。

    蘭花の友達より恋人が大事という態度は清々しく、
    「恋」での留利恵の影の薄さは可哀想なほど。
    「友情」で語られる留利絵の怒りも最もだと思ったけど、
    留利絵の自意識過剰ぶりが痛々しくて見事でした。

    最後に思い出したように現れるミステリー要素も
    辻村さんらしい。

  • 元タカラジェンヌの娘であり育ちがいい美女、蘭花。
    外見にコンプレックスがあり男嫌いな、留利絵。
    どちらも極端に恋、あるいは友情に情熱の比重を懸けていて、いびつな執着心に何とも言えない気持ちになりました。もやもや。

    とはいえ、どっちのタイプの友人もいるし、私も昔は恋に盲目になりやすかったので、どちらも「あるなー」と思って読んでました。ただ、ほんと極端ですよね、どっちも。

    なんというか、恋は成熟すると愛と呼ばれるものになるかもしれないけれど、一方で相手の存在が自分にとって大きい関係というのは執着を生みやすい。
    お互いのパワーバランスが取れている時はいいけれど、どちらかの気持ちが冷めたときや気持ちが移ったときなど、バランスなんて簡単に崩れてしまうんですよね。
    そこでじゃあ離れよう、となればいいけど、執着心があるとなかなか離れられない。
    楽しいときはまさに天国ですが、互いに苦しいだけの関係に陥りやすいのは、盲目的な恋のデメリットですよね。

    そして二人の視点から物語が描かれているから、おもしろいのは外見コンプレックスのある留利絵からの視点では、本当に外見に関わる話題が多いこと。
    コンプレックスはきっとプライドの裏返しでもあって、あんまりコンプレックスを前面に出しすぎると引いてしまう気持ちもわかるし、気になってしょうがない留利絵の気持ちもわかる。なんというか、不器用なんですよね。
    でも、優しい子なのはわかります。

    どちらも異常というわけではなくて、相手が違ったらきっとまた全然違う人生を歩んでいたと想像できるくらい、美波たちその他の女の子と彼女たちにそんなに大きな違いはないように思います。
    ネタバレになるので最後については書けませんが、スローモーションで映像が頭の中で再生されて、まるで映画のような物語だとも感じました。

    感情に焦点を当てた世界観をうまく表現した装丁も素敵です。
    ただの恋愛もので終わらせないのがまたいいですね。

  • 盲目的な恋、と友情だと思っていた。盲目的な、恋と友情だった。
    盲目的な恋、盲目的な友情の二部構成。

    恋も友情も女性ならではの醜さをここまでかというほどに極めた二人。怖いな、女は。

    どちらもお互いの姿は見えていなかった。
    恋しか見てない、友情という形式しか見てない。
    その対比がとても面白い。

    まぁ、わたしはどうしても同性である彼女たちを愚かしいと思いながらも、憎めない。
    ただ茂実は、あいつはクズだろ!

  • 黒い。黒辻村深月作品だった。2回読ませる手法は、AパートとBパートから同一時期を描くという形で、あからさまとはいえ楽しんでしまった。
    るりえ、ものすごく歪んでいるのに、その思考をちょっと正しいように感じさせてしまうところが、相変わらずうまいなぁと。

  • *これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への――。一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編*
    こ、怖いーーー!!その一言に尽きます!「恋」と「友情」の二部仕立てで、微妙な女心、独占欲、嫉妬、盲目的な愛の軌跡、などがじわじわと襲ってきます。二部の途中までは、さすが表現力が巧みだなあと思いつつも、まあよくある展開だなとのんびり読み進めていましたが、ラスト30ページからは鳥肌を立てながら一気に読破、で冒頭の感想であります。救いようのない、後味の最高に悪い作品ですが、同時に、蜘蛛の糸のごとく絡み合う女性特有の愛憎を見事に表現し切った作品でもあるかと。特に、留利絵と美波の関係性の描写が秀逸。表紙と題名も絶妙。レビューが低いのは、共感できる登場人物が少ないせいかな?

  • 恋と友情の二部構成。
    そこまで恋に溺れる状況は若いとはいえ、ちょっと引いた。
    しかし後半の友情の物語で、前半の恋の話は伏線だったのだと知る。
    女性の心理を描くうまさに☆☆☆☆

  • こういうの、嫌いじゃ無いですよ?
    読後感は決して良く無いけれども。。。

    前半の「恋」については、久々に音読したいと思いました。
    女々しくて、女子校っぽいどろどろしたところ。(実際の女子校はもっとサバサバしてますが)

    結論が見えてても最後の数ページはゾクゾクする。

  • 蘭花になり得ない私にとって、留利絵は過去の私を彷彿とさせる。
    盲目的に恋愛を信奉し、友情よりも恋を優先させる人々を疎ましく思った。
    結局、私も今の彼に出会い、友情よりも恋が勝った。それは結果、愛に変わることでこの物語とは違う結末を迎えた。
    歪んだ恋も友情も、幸せには結びつかないと思った。

  • とりあえず女って怖い!私も女だけど・・・(-_-;)

    まさにタイトル通りの話。
    美しい女子大生の一瀬蘭花、その恋人となる指揮者の茂実星近、蘭花の親友である傘沼留利絵。
    蘭花と茂実の恋愛についてだけど、恋では蘭花視点、友情では留利絵視点で書かれてる。
    まさにタイトル通り、それぞれ盲目的になってるのが書かれている。
    恋で『?』ってなってたところも友情のほうを読んでハッキリした。
    女の嫌な部分が書かれてて読むのちょっと後味が・・・
    小説の中で留利絵が言ってる『女の敵は女』っていうのもゾクってなった。

    嫌な部分が書かれているけど、それなのに目が離せなくて一気読みしちゃった(・_・;)

  • これが、女。
    そして、この独特の感情の縺れと雰囲気は、辻村さんならではだと思います。

  • なんとなく手詰まりというか、
    才能が枯渇してきたのではないかと思ってました。。。
    今もちょっと思ってます。。。

    ちょっと裏技(?)です?!

    19日にこの「盲目的な恋と友情」を中心にした懇親会に参加しました!
    そこで生「辻村深月」さんとちょっとだけお話ししたのです。

    ちなみに、
    この懇親会に参加する人は事前に「盲目的な恋と友情」を読ませていただくことができ、
    もちろん読んで行きました!
    だから、
    感想をあげるのがはやい(笑)

    今までの何作品かを読んで、
    「直感」で書いてたのが「考えて」書いてる気がしてたのね。
    自分の中にあるものを素直にだしてんですが、
    ある時から、
    自分の中にあるものをどう表現しようかと悩みながら書いてる感じがしたの。

    話しを聞いて、
    「白」い作品と「黒」い作品があるんだって。

    「サクラ咲く」なんかは「白」い方よね。
    今読んでる、
    「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」は「黒」い方なんじゃないかな?
    当然、
    「盲目的な恋と友情」も「黒」い方なんですよ。

    「白」い方は、
    まだ読んでないんですが「島はぼくらと」が、
    「白」い方の自分が書きたくて書ききった作品なんだって。
    読みたくなったわ!
    じゃ、
    と、
    思ったのが「盲目的な恋と友情」は?
    そう、
    書ききったって言ってなかった!
    「黒」い方はまだ余力を残してるのです!
    で、
    読めば分かるし、
    他の人の感想や辻村さんもおっしゃってましたが、
    「あえて美波のことは書いてない」
    みたいに言ってる。
    そう、
    「星近」ももっと掘り下げて書いてもよかったはずなのに、
    読者にゆだねたそうです。

    ありかなしかは読者が決めて、僕はありでいいと思うの。
    しかし、
    そこが「余力を残して書いてない」と思える部分で、もっと出し切って欲しいな!
    と、
    心底に感じた部分であります。

    まだまだ書いていくそうです。
    まだまだ楽しませてくれそうです。
    ちなみに、
    主人公は「蘭花」ですが「シェリル」は登場しません(笑)

  • 【あらすじ】
    これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への――。一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。そう、女の美醜は女が決めるから――。恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編。

    【感想】

  • 平成29年5月16日読了

  • 色男との色情に盲目になってしまった蘭花と、女同士の友情に盲目になってしまった留利絵の二部構成。前半は恋愛劇で、後半はその舞台裏といった感じで、戦慄が走る。

    蘭花も留利絵も相手に対して情が深いわけだけど、それは己の「欲情」であり「愛情」ではないところが読みどころなのかな。
    情に溺れると理性を失い痛くて重い。色情にも友情にも溺れていない美波の存在が唯一の救いのように感じる。

    しかしながら、私にも、ここまで極端ではないにしろ、色情にも友情にも盲目になってしまっていた時期があるから、身につまされる気持ちで読んでしまった。他に代えの利かないオンリーワンな存在を、失いたくない気持ちや独占したい気持ちは、やっぱりなかなか抑えが利かないし、周りがなんと言おうと、強情になってしまう。

    蘭花目線での出来事と、留利絵目線での出来事では、受け止め方が全然違って、男女のパートナー同士にしろ、どんなに気心知れた親友同士にしろ、ちゃんと言葉で想いを伝えても、相手には一生伝わらない、決定的に乗り越えられない壁みたいなものってあるのだなぁと切なくなった。

  • 大学オケの指揮者を務める茂実と誰もが認める美人の蘭花の盲目的な恋。容姿のコンプレックスを抱える留利絵の蘭花に対する盲目的な友情、そして復讐。
    辻村深月のいつものダメな依存男に執着する美女の話かと読み進めたけど、ラストの展開でまだ本は半分残っていた。まさかここから二転三転するとは。あまり執着心が無いので理解は出来ないけど、本の作り方と展開は面白かった!

  • いやだーこわいよー!

  • るりえ拗らせててこわい

  • もうたまらない…他人事とは思えなさすぎて。。
    私は俄然留利絵の気持ちで読んでしまったけど、自分も留利絵のようになりかけていたので本当に読んでいて辛かった、痛かった…肌のこととか分かりすぎてつらい。自分の肌なんかを他人が然程気にしてないなんて思えないほどの自意識と卑屈さでもう壊れそうなんだよ。人の顔をまともに見るのもつらい気持ちなんて、蘭花や美波には一生わからないんだろうね。
    それでも蘭花のような特別な存在の親友でいたいという気持ち。自分の幸せのための努力よりこの特別な場所を奪われたくないというどうしようもない執着。特別なのは蘭花であって留利絵じゃないよ。つらい。私は逆に美人の隣にはいたくなかったけどな、みじめになるから。
    「なぜ、多くの女は男がいなければダメだと思いこむのか」
    「女友達はどうして男に、敵わないのか」
    敵わないよ、留利絵。男でしか埋まらないさみしさが確かにある。あるんだよ。

    友情の方ばかり書いてしまったけど、恋の方もえぐかった。というか一定以上の美人ってそんなに自分の美に無頓着なものなの?そんなの罪でしかない。残酷だ、と思ってしまう。蘭花が茂実のこと振りほどけなかったのは、ただただ「盲目的な恋」に支配されていたからなのかな。でもこの子も色々ずるいと思う。好きじゃない。私は美波がいちばんすきだな。こういう人間がいちばん強い。

    最後の最後、普通には終わらせない辻村さんでした。
    留利絵、春は自分で迎えに行かないとだめだ。

ツイートする