盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • スラスラと読みやすく、ありがちな恋愛に溺れる女性の話。
    読み応えあるし面白いがこれが辻村深月である必要はあるのか?他の名のしれた恋愛作家でも誰でもいいのではないか、そんな感想がよぎった前半の「恋」。
    ところが、後半の「友情」。ここからが本領発揮だったのだと今ならわかる。
    辻村深月得意の、目には見えない環境に根ざすカースト制度によりコンプレックスを抱いた女性のドロドロとした内心を文字に書き起こし、それは読む人の心を抉るのではないだろうか。
    その女性のことを、考え過ぎだよ、と私自身一笑してしまいたくも思いつつ、流すことは出来ずどんどんその女性の目をそらしたくなるような痛い様を綴った文字を必死に追いかけていた。

    そして、最後の最後のどんでん返し。
    まさか、とまた騙されてしまった。『冷たい校舎の時は止まる』の時から辻村深月には騙されて、最後にあっと言わされている。
    そこで、本当にこの2人は救いようがないことがわかり、タイトルがいかに本編とマッチしているか腑に落ち、やられたと思う。
    『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』の読後感と似たようなタイトルと本編の一致であった。

    よくここまで書いたなぁ、と感心してしまいます。
    今作の出版社は新潮社。
    以前の作品だと『ツナグ』が新潮社では刊行されている。
    今作の読後感は前述したゼロハチ〜に似た感じ。
    文藝春秋だともっと読後感悪かった予感がするので新潮社で良かったかも。
    また辻村深月で明るいお話読みたいのでツナグ2は大歓迎です。
    それにしても、本当、久しぶりに楽しめた辻村深月でした。

  •  タイトルにあるが如し。2人の女性を通して描いた恋情と友情。「盲目的な」とあるように、両者をそれぞれ極限的なかたちで描いている。
     大学生のオケを舞台にしているところも、どろどろとした世界に拍車をかけている。少なくとも小説の中では、演奏楽器によってどのパートはどのパートを口説いてよい、等といった恋愛ヒエラルキーが度々描かれているからだ。
     レビューでは、人物に共感できないということで低評価も受けている本作品。とりわけ、男には共感も何もないと思う。男が人間関係の中で気づいていても見て見ないふりをするような関係性・心情を、女性たちを通してこれでもかというくらいに描いている作品だからだ。が、わたしは読み手が「共感」できる楽しみというよりも、読み手が「心にずんとくる」作品こそいい本だと思っている。本作は良くも悪くも"そういう作品"だと思う。
     救いもなにもないようなかたちで結末まで読み終えた時、恋と友情というそれぞれ剥き出しの「情」に圧迫され、そうしてなぜ本タイトルに「愛」の文字が含まれなかったかを実感することになる。

  • 女の美醜は女が決める。まさにそういう話だと読み終えて納得。蘭花の物語に過去の若かりし自分を投影して痛いほど共感するも、留利絵視点からの物語は蘭花がおざなりにしていた側面を深くえぐり出していて、そこに顔を出す美波という女の存在が鍵となる。美波のような、いわゆる一般的な、高尚な世界とは縁のなさそうな女を蔑み嫌う留利絵の感情もよくわかる一方で、美波のように恋愛話に花を咲かせる部分も自分の中にはある。その葛藤に無意識に目をそむけていたが、この小説ではそれをきちんと描き出してくれていて、恋愛の価値なんてものは結局、相手との関係性ではなく女同士の嫉妬や羨望を基準として図っているのでは、という気にさせられる、特に女子の恋愛トークにおいては。それは私だけでなく他の女性の中にも共通してあり得る葛藤なのかもしれないと思いました。その上でのラストのどんでん返しに深いやり切れなさが残る。この読後感、好きです。

  • 登場人物の世代とだいぶ離れているので入り込めるか心配だったが取り越し苦労でした。自己顕示、自意識、独占欲、嫉妬、コンプレックス・・「恋」にも「友情」にも共感出来る部分が多く一気に読了。

  • 前半が盲目的な恋で、後半が盲目的な友情。
    タイトルどおりのお話で、読んでみて、ゆっくり考えて、タイトルの意味を噛みしめた。
    恐ろしいけど本当にありそうな、すごい話でした。

  • まず、装丁がヒグチユウコさんで、美しく物悲しい世界観を鷲掴みにされます。
    以前何かのインタビューで、著者がズルズル引きずるタイプと答えていたのが本作品で生きているんだなぁと、勝手にほくそ笑んでました。
    今迄になかったえげつなさが、デビュー当時からは想像出来ないし、今年はデビュー10周年であと2冊出版されるので、楽しみにしている。

  • 怖いなぁというのが第一声。恋編と友情それぞれの立場での人間模様が交錯してくるが
    るりえの卑屈さとストイックな感情に恐怖すら覚えた。
    同じフレーズが2度出てくるのも
    全然違った意味合いで響いてきて効果的。救いがないお話だったけどぞくぞくするような寒々しさも時には良い刺激なのかも。

  • 恋も友情も傍から見るとひどいことになってますが、本人達は真剣。私たちも似たようなものかもと思えてしまった。不細工な子特有のマイナス思考が痛々しくて、読んでいて辛くなりました。ラストの衝撃は、「彼女がその名を知らない鳥たち」に似てたなー。辻村さん初読ですが、他も読んでみようと思います。

  • ぞくぞくするほどに拗れた人間関係に、行く末を見届けたい一心で、一気に読み進めました。
    早く結末を追いたい、そう思ってページをめくる手が止まらなかったのは久々のことでした。
    個人的に、共感したのは「盲目的な友情」の方です。
    同性の友達に対して、この人の1番でありたいと願ったことは誰しもあるんじゃないでしょうか。
    親友という言葉によって友人関係のヒエラルキーを見せつけられるあの痛み、嫉妬、疎外感がリアルに迫ってきて、ぞっとしました。
    二転三転し、大きく動く物語に、ハラハラさせられながら、エネルギーの凝縮された濃い時間を味わえました!

  • 2016.1.24 読了

    なんというか。。。
    ほんとに タイトルの通り。

    2人の女の子の話。

    大学の管弦楽団。
    ハッとするほど 美人な 蘭花。

    花形の指揮者との 恋。

    いろんなことがあって ボロボロになるのに
    別れられない 盲目的な恋。

    蘭花目線で描かれていて、
    次は 留利絵 目線の話。

    留利絵は 見た目もあまりかわいくなく、
    実際 化粧もしないようなタイプ。

    蘭花の傍らにずっといて、卒業後も
    ずっとついて 危なっかしい蘭花の傍にいる。

    他の友達は 簡単に「別れろ」と言うけれど
    私は 違う、というような。

    いつしか 他の友達たちは 結婚し、
    自分の生活が忙しくなる。
    けど、自分は 違う。とか。

    こちらは 盲目的な友情。

    ここまでの話は そりゃ小説なのですが、
    こういう感じ あるよなぁ。。。ていう
    内面のザラザラした感じ、
    ほんと うまいわぁ。。。

    この作家さんの the!な 話だったと思います。

    最後の展開にも ビックリ!!

    面白かったです!

  • 帯の紹介がドロドロで読まず嫌いしてたけど面白かった。後味は悪いし、出てくる男は最低だけど面白かった。

  • ややこしい生き方は身を滅ぼす。明るく生きていくことは時に薄っぺらく思われるけれど、本当はとても大切なことなんだ。美波が幸せをつかんだことでも良くわかる。瑠利絵が、蘭花に縋りつかなければ生きていけないほど孤独だったのは、容姿のせいなんかじゃなかったんだよ。

  • 留利絵の蘭花に対する執着心が恐かった。その執着する気持ちがよく分かりすぎて恐かった。
    もっと自分のことを見て欲しい、愛して欲しいと思うからこそ執着してしまうのかな。
    確かに人間関係って、報酬(社会的地位だったり愛情だったり…)を得るために相手に奉仕するというスタイルが基本だと思う。親子関係でも友人関係でも基本的なスタイルはそうだと思う。そのレベルが度を超えることで何か問題が起きたり、関係のバランスが崩れてたりしてしまうんだと思う。
    でも相手との関係を良好に保つことってすごく難しい。特に留利絵のような人間はなおさらだと思う。相手に依存することでしか自分の価値を見出せない。それも1つの生き方かもしれないけれど、いつか留利絵にも誰かに愛される日がくるといいなぁと思う。

  • 2015-70
    まさにタイトル通りな話。
    こういう話を書くのが本当にうまい。
    救われない結末なので読後感は良くはないけど、このもどかしさを表現できるのはすごい。

  • 完全なジャケ買い
    良い意味で、予想を裏切られた結末だった。美波目線の話も読みたかった。
    盲目的な恋は人を狂わせる。
    少しずつ狂っていく様が怖かった。
    でも、彼女たちの心情が少なからず理解できたのは私の中にも蘭花がいて、美波がいて、そして留利絵もいるからかもしれない。

  • タイトル、特にサブタイトルが上手い。菜々子さんなどは、作者がもう若くはない今の年齢になったからこそ描けるキャラクターのような気がした。ルリエとは友達になりたくないなぁと思う。

  • ちょっと大人な表現のある話でしたね!辻村さんの書くキャラクターはどれも私であってどれも好きだったり嫌いだったりする人物なんだよな・・・。処女非処女という設定でいきなりキャラクター色づいて見える辻村キャラ・・・。恋編と友情編に分かれて語られる盲目な話。最初から面白かった。

  • やっぱり面白い。辻村さんの作品大好きです。
    顔が醜いと心も醜くなるのかしら、美しいと心も美しくいれるのかしら。二人の性格は両極端な気もするけど醜い思考がもう一方を絡め取っていく様子がリアルで凄かった。

  • これは。。。コワイ。
    展開はまあそうだろうって感じだけど。
    特に友情の方。
    ありえる。ゾクっときたわ。
    ヒグチユウコさんの装画がとてもステキ(*≧∀≦*)
    にゃんこかわいい♥♥

  • 恋は盲目とかなんとやら。

    そんな気持ちで読んではいけなかったー。
    盲目って見えないってことだけど、恋や友情でこれほどまでに周りって見えなくなるものなんだなぁと思いました。

    美しいものが一つの恋をめぐり腐っていく様子が哀れでした。

    色や臭いまで感じられる物語。

    最近なにかと話題のリベンジポルノってやつも本当に恐ろしい。

    それにしても辻村さんってこういう作品も書けるんだ。

    ミステリーの要素も忘れられてなかったです。

    登場人物ほどではなくても、恋ってほんとに周りが見えなくなる。
    周りからの意見なんて何も考えられないよな。
    私もどれだけ、周りに迷惑かけたんだろ。

    穏やかな海のような人が一番だよ。ほんと。

  • 装丁素敵すぎるしよく見ると少し不気味だし内容もきもちわるくてとてもいい…!本棚に置きたい本ってこれのことかと思いました。
    特別だと思っていた自分の経験が小説によって一般化されているのを読むと安心するし痛い自分を昇華できた気になってうれしいです。
    盲目的な恋はよく描かれるけど、この作品も負けず劣らず凄まじいし、盲目的な友情に関してはこういうのが読みたかったんだって感じです。

  • 犯人によって語られない真実

  • 辻村さんの文章が大好きです。
    綺麗で絶望的な重たい文章。
    茂実が堕ちていく過程の絶望と、それを止めることが出来ない絶望と、そこから逃がしてあげたいのに逃がしてあげられない絶望と。
    蘭花ちゃんにとっての幸せと、留利絵ちゃんにとっての幸せはきっと違った。生まれて初めての、苦しくて痛い恋から逃げない、逃げられない蘭花ちゃんが痛々しくて。恋とは違う友情という感情で必死に蘭花ちゃんにこっちを向いてもらおうとする留利絵ちゃんが痛々しくて。
    二人が幸せになれる日が来ますようにと願いました。
    2014.9.20

  • 怖かった!
    女の人の嫌な部分をズバリついてるからしんどくなるけど、途中からそこが癖になった。

    二人の視点で物語が描かれていて、1人目は蘭花という容姿淡麗で指揮者と付き合っている女の子。2人目は瑠璃絵という容姿にコンプレックスを持っている女の子。二人とも「ちゃん」付けで呼び合うけど親友。

    これは友情なのか何なのか。。ちょっと歪んでる。瑠璃絵が濃いせいか男性の登場人物みんな腹立った。瑠璃絵に共感した。

  • 1人の女の子を巡る、恋と友情の話。
    視点が変わるだけで、その人の持つ印象が随分変わってしまう事を改めて感じました。
    友達って何だろう?
    恋人って何だろう?
    と、考えるきっかけを与えてくれる本かもしれません。

ツイートする