グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

  • 1573人登録
  • 3.63評価
    • (100)
    • (237)
    • (216)
    • (41)
    • (9)
  • 254レビュー
著者 : 辻野晃一郎
  • 新潮社 (2010年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103288213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
平野 敦士 カー...
大前 研一
松下 幸之助
ジェフリー・ムー...
有効な右矢印 無効な右矢印

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたの感想・レビュー・書評

  • ソニー在職中にVAIOのデスクトップパソコンとテレビレコーダーの「スゴ録」とヒット商品を開発。ソニーを退職しては、グーグルの日本法人社長に就任。そんな華々しい著者の経歴を書籍化。

    ソニー時代の著者はよく働き、実績を残したけど、喧嘩もするし、失敗した事業もある。言うなれば、喜怒哀楽のあるビジネスマン。だけど、グーグル時代は具体的な実績がなく、部下を発奮し、教育する管理職に終始。

    著者は退職直前のソニーを批判するけど、ソニー社員の頃の方が読み物としてはおもしろい。

  • ソニーでカンパニープレジデント、グーグルで日本法人社長のキャリアを積んできた辻野氏の書き下ろし。

    前半ソニーでのキャリアのくだりは、どん底から始めて這い上がり、また谷底に落とされて這い上がり、また落とされて・・・とジェットコースター状態。ソニーを愛し、ソニーをつくりあげた盛田氏をはじめとする旧経営陣が持っていた「ソニー魂」を体現しようと奮闘する姿が描かれる。そのモーレツさゆえ、2チャンネルに「辻野ってどうよ?」というスレッドまで立ち上がり、社員としか思えないほど、内情がわからないと書けない内容ばかりで、大いにショックだが、逆に開き直ったということ。スゴイ人だと思うが、ついていく人は大変だったと思う。

    そして、ソニーという会社が巨大化して、もはや成熟から衰退の域に入ったことを感じさせる。このあたりは本当に愛あり、恨みあり、様々な感情を込めて書かれており、人間臭さをうかがえる。

    それに対して、後半のグーグルに入社した後のくだり。HPにも載っているグーグルがみつけた「10の事実」をはじめ、クラウド・コンピューティングの世界を自分達が創っているんだという企業のカラーなど、グーグルの素晴らしさがこれでもかと書かれているが、22年間つとめたソニーに対して3年間という短さで退社したこともあり、感情はあまり感じられなかった。これからの会社、ということや、立場もあり、自重しているのか?と感じられるほど。ただ、引用として参考にできる部分は、ほぼこの後半に集中していた。

    今後、5年間でIT環境が大きく変わることを予感させる。その大きな変化に抗うことなく、その波にのり、積極的に自分を変えていくことが生き残る唯一の道だなぁと、覚悟をした一冊であった。

  • グーグル日本法人前社長 辻野氏が、ソニーでの22年間とグーグルでの3年間を振りかえった一冊。著者の経験上、ソニーとグーグルの例で語ってはいるが、日米の企業比較論と受け取ることができる。また、自分の身の回りのことに置き換えて考えることもでき、非常に面白いタイトルである。

    ◆著者が辞める直前に感じたソニーの状況
    ・競争原理が切り替わっていることに気が付いていない:ネットワークとの連携による付加価値の追求を考える時代に、デバイスを中心に考えている
    ・ガバナンスの不在:外に向かって闘っているときに内側から背中を撃たれる
    ・プライドのなさ:プライドでいくら儲かると思ってんだ?と押し問答する上司

    著者が辞める直前に感じたソニーの状況には、今の日本を象徴するかのような記述が並ぶ。この視点での「ソニーが教えてくれた」こととは、ソニーを反面教師として捉えており、皮肉交じりの意味がこめられている。しかし、本書にはもう一つのソニーが登場する。古き良き時代のソニーである。

    ◆著者が感じた古き良き時代のソニー
    ・人がやらないことをやる、ということを社是として自身に満ち溢れていた
    ・自由闊達な社風
    ・海外からの不当な圧力や理不尽なルールに対して、一歩も譲らなかった基本姿勢
    ・単なる一企業の思惑やルールを遥かに超え、ソニー以外の企業にも大きなビジネスチャンスを生み出した。
    ・生意気だけが取り柄のような自分を背後で救済してくれる度量の大きさ
    ・「上司にやめろと言われたくらいでやめるようなら最初からやるな」というカルチャー

    この視点からの「ソニーが教えてくれたこと」は、文字通りの意味で使われている。古き良き時代のソニーが、今のグーグルに決して劣らないカルチャーを持っていことを熱く語っており、引いては日本全体を鼓舞するような内容になっている。

    著者は「現在価値を守る」仕事にばかりに注力し「将来価値を生み出す」仕事を伴わない企業は衰退していくと主張する。そして、今まさに「現在価値を守る」としか思えない業務に従事されているビジネスマンも多いのではないかと思う。だが、著者の言葉を短絡的に捉え、会社が悪い、環境が悪いと、周囲に問題を押しつけるのはやめた方が良さそうである。著者が取り組んできたことは、目の前の「現在価値を守る仕事」を「将来価値を生み出す仕事」に変革してきたことに、ほかならないからだ。

    答えは、意外と自分の身の回り、もしくは我々自身の中にあるのかもしれない。

  • グーグル日本法人の社長といえば「村上憲郎」のイメージだが、村上さんの後を引き継いだのが本書の著者である辻野晃一郎氏だった。
    タイトルからすれば、ソニーの素晴らしいカルチャーはグーグルでもそのまま生きた、かのように思えるが、実際はソニー時代の旧態依然としたカルチャーを自分がどのように打破して、そして最終的には見切りをつけてグーグルに入ったら、そこはソニー時代に考えていたことをみんなが考えている理想郷だった、というような形である。正しくタイトルをつけるなら「ソニー時代に苦労した思想は、グーグルでは当たり前だった」ぐらいか。
    ただ、実際に実務をわたりあるいてグーグル社長になった人のことばは、重い。p242あたりで、今の日本経済がうまくいかなくなった理由を考察しているが非常に的を射ている。曰く、オフライン時代には製品の完璧さが求められており日本人の品質管理が成功したが、今のオンライン時代にはスピードが最重要であり、瑕疵があってもオンライン上で直すことできるため、品質を完璧にするよりもまず走り出さないといけないとのこと。そこに日本人の消費者としてのカルチャーも加わって、グローバルではなかなか勝ち抜けなくなっているのだろう。

    それと個人的にスマッシュヒットだったのは、p104あたりの「上司にやめろと言われてもやめるな」の下り。最近の自分の状況を省みて、こういうスタンスはほんとに大事なだなと痛感しました。

    やはり、本は良い。

  • 近年の挑戦的な商品の裏に辻野さんが常にいたという。数年置きに挑戦的な商品が各部門から出ていたのはそういうことか。 挑戦的なことを自分もやってみたいけど、逃げるか倒れるかのどっちかだなw

  • SONYとGoogleの内情がよく分かる本だった。
    カリスマ性のあるSONYも、やはりどの日本企業も抱えているような問題があることを知り、少し残念だった。

    改めて思ったのが、SONY創業者の一人、盛田昭夫さんの偉大さだ。盛田さんの功績をよく知らなかったのだが、アメリカでのユニタリータックスの廃止や、ベータマックス開発時の著作権侵害の訴訟など、SONYだけでなく業界の発展のために、一歩もひかず戦われたというのはすごいことだと思う。

    辻野さんの夢は、SONYとGoogleの良さを併せ持った会社を作ることだそうだ。私もそんな会社に勤務できるような人材になりたい。

  • 正直,もう少し本人の考え方が前面に出ていても良かったと思います。
    (書名とあまり内容がマッチしていない。)
    その中でも多少なりとも役に立つ部分はありましたが,んー,もう少し。

  • 著者の半生記。タイトルはつり。特にGoogleとSONYの関連性はない。
    SONYのグチャグチャとした内実が描かれていて興味深い。立て直すのは相当大変だ。

  • SONYを愛するが故の叱咤激励、そしてかつての光を失ったSONYへの哀しさ、悔しさが滲み出ています。
    AppleやGoogleの話も会社の中からの目線で書かれておりとても面白かった。
    内容はやや繋がりが分かりにくく、文章もプロの文ではなく、逆に自分で気持ちをこめて書いたのがよく解った。
    幻の名機コクーンの思い入れもとてもよく伝わりました。元ユーザーとして嬉しいです。

  • ■グーグル的
    ①ただ誰かにやれと言われたことをそのままやるな。命令されたことをやりたいなら海兵隊にでも行くがいい。
    ②グーグルでは原則的にすべてがハンズオン(自ら動く)であった。それだけでも日本の通常の大企業とは違う。立場が上になるほど、秘書や部下に細かい作業を任せるのは日本の企業スタイルとは逆である。
    ③Great just isn't good enough.
    ④人間は、あまりにも忙しすぎると、自分がやっている仕事の本質的な意味を忘れてしまう傾向がある。目先のスケジュールを守ることが優先されて、目標それ自体の意味を考えなくなる。
    ⑤人生はたった一度しかない。自分の人生は、人に操られるよりも、できるだけ自分でコントロールするほうがいいに決まっている。

  • 日本人はバッファローの群れなのだそうだ。敵が近づいて来たことを察した一頭が後を追い、またその一頭に気づいた他の一頭が後を追う。これを繰り返し、全体の約二割が追走し始めると、残りの八割が一気に同じ方向に走り出す。
     いわゆる二割八割の法則そのものである。(p.16)

     私から皆さんにあらためてお願いしたいことのひとつは、自分の業務をミクロにばかり見ていると大局的な視点や考察が弱くなってしまいますから、自分の仕事、自分の職場、自分の事業部、自分のカンパニーを「全体の中の部分」という視点であらためて見直していただきたい、ということです。(p.147)

     今までの事業のやり方、商品の作り方、資材勾配や生産のやり方、経営管理のやり方、商品の売り方など、ビジネスオペレーションのありとあらゆる部分を徹底的にレビューして、「守るべきもの」と「変えるべきもの」を明確にした上で強いソニーを復活させることにつながるマネージメントと事業オペレーションを徹底させていきたいと考えております。(p.148)

    「これが当たり前」と思っている常識やルーチンの中に、盲点がたくさん隠れているからです。業務の提携化やルーチン化はプロセスの安定のためには非常に重要ですが、一方で、変化を阻む要素にもなります。今は一度、商売の原点や商品開発の初心に戻って、「全てが緊急プロジェクトである」という意識で仕事に臨む姿勢が特に重要であると考えています。(p.162)

    Fast is better than slow.(p.183)

    インターネットの世界では比較的低コストで新しいサービスを作っていけるが、思いついたらすぐ始めないとほかの誰かが先に始めてしまう。やるリスクよりやらないリスクのほうが大きい。(p.221)

     働く人は、自分が現在価値を守る立場で仕事をしているのか、将来価値を生み出す立場で仕事をしているのか、という視点を常に持つべきである。会社全体としては、日々の糧を得る、という観点では「現在価値を守る」ための行為も必要だが、常に成長する会社であり続けようと考えるのであれば「将来価値を生み出す」ための卓越したビジョンや勇気、その上での覚悟と計画に基づいた経営資源の継続投入が不可欠だ。(p.249)

  • ソニーガ嫌いになる。が、どこでもおなじようなものなのだろう。

  • グーグルで必要なことはみんなソニーが教えてくれた

    仕事で著者の講演を聴く予定があり、予備知識として一番有名な本書を読んでみました。

    一番有名とはいえ、2010年の古い本なので・・・と少し躊躇しながら読みましたが、その心配は杞憂でした。
    これからはクラウドの時代、などと書かれてましたが、今だから理解出来る技術も2010年に私が読んだらちんぷんかんぷんだったと思います。
    (正直に言うと、6年経った今読んでもそんなに古いことを読んでる感じがあまりしなかった(汗))

    最先端の技術が末端の私にまで身近に感じるまでの時間を考えると、今のグーグルやアップルは何を考えているんだろう、と、未来を想像してクラクラしました。
    ここにソニーが入らないのが悲しいですね・・・

    本書はまさに、輝かしい時代のソニーを経験した著者が、その栄光から凋落までの経験を語っています。
    (その後グーグル社に移ってからの話は流す程度でした。)

    大企業病に陥った原因などには言及されていませんでしたがなんとなく、上が変わったせいな印象でしたね。
    盛田さんのことはとても尊敬しているようでした。

    昔は常に新しい生活を創るのがソニーで、それはソニーにしか出来ないことだったのに、今は見る影もない。
    ネットワーク時代にうまく対応できなかったことでアップルに十八番をとられ、さらに、グーグルのスピード感についていけないことでさらに衰退していったのが今のソニーなのです。

    よく考えると、ソニーでの経験がグーグルにどのように活かされたのかについては語られていませんね。タイトル間違ってる(笑)
    けれども創業者の生のエピソード等は読み物としてとても面白かったです。

    講演楽しみ。けど、この人と一緒に仕事はしたく、はないなあ(笑)

  • 結構、読み応えがあり。書かれている内容は共感できるものが多いが、一流のエンジニアだからここまでできたであろうという感じ。やはりいろんなことを言うには実力を伴わないといけないなあ。

  • ・Google10ヶ条、早いことは良い
    ・20%ルールは仕事に余裕を出す
    ・さん付け
    ・フェア
    ・社内政治
    ・ネットワークとつながる
    ・物を言う時にはいう

  • ひどい本。前職をボロクソに否定してるのを読むと、この人は何かしら性格に問題がありそう。調べてみると自身の記事に対して否定的なツイートした人に絡んだりするみたいだから怖いね

  • 時代、トレンドは流れるらしい。

  • 【資料ID】126458
    【分類】540.67/Ts45
    技術のコーナーに並んでいます。

  • 人間は譲ってはいけないところは譲るべきではない。必ず自分の中の大切なものを失ってしまう。
    あまりにも強いポジションを確保しすぎると、逆にそれが大きな足かせになって次の勝負で大敗を喫する。
    インターネットでの音楽配信を最初にやったのはソニーだった。アップルではない。でもデバイスがダサすぎた。そしてソニーの音楽レーベルに配慮しすぎてダメだった。
    勝負に勝つのはスピード。ソニーのようなハードの会社にはやることのリスクが非常に高い。

  • 仕事へのモチベーションがあがる本でした

  • ちょっと、本のタイトルと中身が異なっていないか。タイトルではなく、ただのキャッチコピーであれば、文句ないが。
    ソニー勤務時代の愚痴とグーグル勤務時代の楽しい思い出が詰まった本。ソニーがネット化する社会の流れの中で主導権を失って行く姿を会社の中から描かれていた点は面白かった。
    昔、ソニーの製品カタログを見るだけでワクワクしたが、この本を読む限り、もうそうしたかつての栄光は取り戻すことは無理なのかれない。

  • ソニーである程度登りつめ、Google日本法人でも活躍したという、とーってもレアな人の話。
    変化を読んで、変化に乗って、変化を楽しめ。そんな話。こうなるんじゃないか、みたいな読みが必ずしも当たるとは限らないけれど、ソニーの話はリスクを取らないとリターンもないんだな、という見ようによっては当たり前の、しかし会社としてそれをやるのは難しいという事実もよく見える。

  • 日本を代表する企業であるソニーでの働き、世界を代表するGoogleの日本法人での立ち上げについて書かれている。
    これからのクラウドサービスのあり方についてや、Googleの企業理念と日本人独自の考え方についての捉え方やこれからの日本人としてのあり方についても書かれており、非常に参考になった。
    定期的に読み直したい。

  • 新卒でソニーに入社後、vaioやすご録などの事業で活躍した著者が22年後に会社を去った後、グーグルに入社し退社するまでのことが細かくつづられている。自由闊達とした雰囲気の中、人々のライフスタイルを変えるような驚きを持って迎えられる商品を生み出していたソニーがなぜ凋落していったのかが、よくわかります。これほどまでの愛社精神、信念、アイデア、先見性、リーダーシップをお持ちの方がなぜ何度も事業からはずされるような目に遭うのか?

全254件中 1 - 25件を表示

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたを本棚に「積読」で登録しているひと

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたの作品紹介

VAIO、スゴ録。大ヒット商品を次々生み出した男は、なぜ愛してやまないソニーを去ったのか-。その後、グーグルの日本法人社長を務めた著者が振り返るソニーでの22年間とグーグルでの3年間。興奮と共感のビジネス戦記。

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたのKindle版

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたの文庫

ツイートする