邪馬台―蓮丈那智フィールドファイル〈4〉

  • 243人登録
  • 3.53評価
    • (15)
    • (43)
    • (44)
    • (11)
    • (1)
  • 59レビュー
  • 新潮社 (2011年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103291411

邪馬台―蓮丈那智フィールドファイル〈4〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 民族学に関する説明が、しつこい気がする。どこから先が、書き足された物なのか、よくわからなかったので、うまく書けているのだと思う。
    それにしても、続きが読めないのは、残念。

  • 蓮杖那智シリーズ4作目。著者北森鴻氏が急逝後、パートナーの浅野理沙子氏が受け継ぐ。

    北森作品の中で一番好きなシリーズ。ミクニの下僕根性が楽しい。更に冬狐堂こと宇佐美陶子や雅蘭堂の越名など他シリーズのキャラも登場していて嬉しい限り。シリーズ初の長編だから、ということでしょうが、結果的にこのオールキャストが最後の作品となってしまって、何とも寂しい、、、。

    本作では、邪馬台国の謎を「阿久仁村遺聞」と絡めて解き明かされる。複雑怪奇な異聞に最後まで興味深く読めた。過去の作品の「狐闇」とリンクしているのはわかったが、「暁の密使」(未読)ともリンクしていたとは。本作を読む前に先に読んでおくべきだった。最後はミクニの安楽椅子探偵ならぬベッドディテクティブ。ミクニらしくてイイナ。まだまだシリーズ続編が読みたかったのに、残念だ。

  • やはり短編より長編の方が面白かったです。
    とは言え、ちょっとついて行けない部分もありましたが…
    このシリーズ、人が殺されなくても他の部分の謎解きで充分面白いと思っていたのですが、やっぱりここでも最後に1人殺されちゃいましたね。
    続きが読めないのは残念です。

  • 蓮丈那智シリーズ第4弾。
    シリーズ初長編で、著者が連載中に逝去したため後を別の作家が書き継いだものらしい。
    研究室にもたらされた古書「阿久仁村遺聞」を巡って起こる騒動。明治初期に地図から消えた村について伝説や民話などが書かれたこの文書は何なのか…
    邪馬台国に関する考察も含め、民俗学の本質についても考えさせられる深い作品だが、序盤の底知れぬ不気味さに比べて風呂敷のたたみ方があっさりでちょっと拍子抜け。しかし完結させてくれた浅野氏には感謝。
    冬狐堂シリーズの陶子さんも活躍し、そちらの事件に絡んだところもあるようなので、関連作品も読んでみたい。

  • 著者が連載中に亡くなってしまったため、別の作家が後を引き継いで完結させたのですが、今までの作品と比べて違和感は感じませんでした。今回のテーマが自分が学んでいたところとかぶっていたため、そんなに簡単に話が進むかあ?などとツッコミを入れたくなってしまい、あまり物語に乗りきれず残念。

  • 北森氏が執筆途中で亡くなられてしまったのがとても残念です。ご本人ならばどのように展開して決着をつけたのだろうかと思ってしまいます。
    冬狐堂シリーズを読んでいないのでこの話の底に流れている事件を知らず、ややもどかしい感じでした。
    近いうちに冬狐堂シリーズも読みたいと思います。

  • この国にはベールに包まれた謎が溢れているけれど、この美しい異端の民俗学者と苦労人の助手が解いてくれるのなら、それでも良いと思えてしまう。

  • シリーズ第四弾。
    待望の長編ではあるのだが。。。
    ラストに至るプロットはあったのかもしれないが途中からこの人キャラ変わってるじゃゎとか思う人もあったり。。。
    北森氏本人が最後まで執筆できなかったことが悔やまれる。

  • 邪馬台国の謎をベースにした、推理小説的なものかと思ったが、思ったより民俗学的で、なおかつマニアック。正直着いていけない。”驚愕”とか”驚くべき”とか出てくるけど、何が驚愕なのか? こちらにはわからない。

  • 民俗学者・蓮丈那智シリーズ以外のキャラも登場する北森鴻の集大成。最後まで書けずに逝去したが、物語は書き継がれて完成し、歴史の大きな謎がその壮大な姿を描き出された。他の本で読んだ説で提出された手がかりをも矛盾なく総動員してやっと見えた邪馬台国。

全59件中 1 - 10件を表示

北森鴻の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
東野 圭吾
高野 和明
米澤 穂信
湊 かなえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

邪馬台―蓮丈那智フィールドファイル〈4〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

邪馬台―蓮丈那智フィールドファイル〈4〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

邪馬台―蓮丈那智フィールドファイル〈4〉の作品紹介

蓮丈研究室に舞い込んできた手書きの古書「阿久仁村遺聞」。村の伝説や民話めいた挿話の数々は、鏡のモチーフに彩られつつ奇妙につながりを欠き真意も編まれた目的も不可解だった-。明治初期に地図から消えた村、隠蔽された惨殺事件、暗躍する怪人物。那智の推理が、村の来歴と「邪馬台国」の実像を射抜く時、古代から現代まで、歴史の闇を貫く「もう一つの日本史」が現前する。著者の絶筆が、その遺志を継いで遂に完成。

ツイートする