どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私

  • 193人登録
  • 3.87評価
    • (12)
    • (21)
    • (11)
    • (2)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 石黒浩
  • 新潮社 (2011年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103294214

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私の感想・レビュー・書評

  • 完全なるアンドロイド、すなわち「人」を創るとはどういうことか、実際に「人創り」に取り組む石黒氏ならではの示唆に富む一冊。

    技術的・学術的な難しい話はあまりなく、「人間らしさとは?」という哲学書に近い。発展途上の研究だからこそ、研究過程の気づきが追体験でき、自分の実体験に置き換えて考えると非常に説得力がある。人はどこに人間らしさを感じるのか、「自分」を演じるのは自分よりむしろ他人のほうが上手など、実際に「人」を創ろうとした彼だからこそ気づき得た本質が描かれている。

    完璧に近づくほど微妙な差異が違和感を生み出す「不気味の谷」や、完璧すぎると「人間らしさが失われる」など、差別の根源や不完全を補完する想像力という人間の本質にあっさり触れている点は天才的な洞察力だ。

    とはいえ堅苦しい本ではなく、(筆者は至って真剣なのだが)全体的にユーモアが溢れていて、特に理想的な自分であるアンドロイドを時間が経って逆に意識する話は面白い。勢い余って整形までしている(笑)。

    石黒氏はCNN「世界を変える8人の天才」の一人に選ばれているが、なぜ選ばれたかがよく分かる。是非石黒氏とお会いしてみたいと思わせる一冊だ。(本当は石黒氏よりジェミノイドFのほうと会ってみたい・・・)

  • もし自分と全く同じ姿形の人間がいたら‥‥。
    そう考えたことは、一度ならずみんな必ずあるはず!?
    それをアンドロイドで挑戦しようとしたのがこの一冊。それを通して人間の本質に迫ろうとした全く新しい試み。

  • 今年の2月に所属する研究室で、私たち修士1年生は「2017年のホンモノ/ニセモノ」というテーマで公開講座を開催しました。ヴァーチャルリアリティ等技術の発達により、私たちはホンモノから得る際と同じような感覚を、テクノロジーによって再現されたモノから得ることが可能になりました。例えば、専用のゴーグルをかければ、あたかも古代遺跡の中にいるように感じられる、などです。その際、遺跡にいるように思っている感覚はホンモノと言えるのか、それともニセモノでしかないのか、その疑問が今回の公開講座の出発点でした。
    公開講座の開催準備をするにあたり、私がテクノロジーと、ホンモノ/ニセモノの関係について勉強しようと思って手に取ったのがこの本です。
    著者である、大阪大学の石黒浩教授をご存知でしょうか。自身とそっくりのアンドロイド、「ジェミノイド」を開発した方です。本書では、石黒教授がジェミノイドを開発し、実際に使用する過程で得られた体験がたくさん書かれています。読んでいて、テクノロジーによって「ホンモノの人間」と定義できる範囲は今後さらに広がるのではないかと思いました。
    本書の内容で特に興味深かったのが、ジェミノイドを遠隔操作しているうちに、ジェミノイドがあたかも自身の本当の身体であるかのように錯覚してしまったという経験です。自身のホンモノの身体は触れられていないにもかかわらず、遠隔地にいるジェミノイドに触れられると、実際に触れられたような感覚がするというのです。まさにテクノロジーによって、生身の身体以外も、「ホンモノ」の自分の身体のように感じているということですよね。
    また、その他にも、ジェミノイドの方が現在の自身よりも若くてスマートに見えるために、ダイエットや整形によってホンモノの自分の方がジェミノイドに合わせてしまった体験も書かれており、ジェミノイドがアイデンティティにも影響を与えるような存在であることがわかります。
    現在、石黒教授は、「ホンモノの人間」のような複雑さや多様性を表現することができるアンドロイドを生み出そうとしています。それは一体どのような要素を必要とするのでしょうか。今後の石黒教授の研究も楽しみです。

    文責:アオイ(人文社会研究科 文化資源学研究専攻所属)

    https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=2002977289

  • 「アンドロイド」(人間類似型ロボット)、「サロゲート」(外部の機器を脳に直接つなぎ操作する)。アンドロイドの可能性はロボット工学にとどまらず、認知科学や脳科学や哲学とも深く結び付き、「人間とは何か?」さらには「自分とは何か?」という深い問いにつながっていくはずである。
    さらに最終的には皮膚の触感も大切な要素である。とあるがそこまで必要かなぁ?○○産業がよだれを垂らして喜びそうな研究である

  • ロボットだけれども
    会話は人が担当する
    そんなロボットの未来が語られた本

    大きな携帯としてロボットを用いるアイデア
    不気味の谷の話
    ロボットと恋愛できるかという話

    新しいアイデアに満ち溢れた本
    いずれ著者のイメージする未来が来ると予感させる

  • 見た目が人にそっくりなアンドロイド:ジェミノイドを作った石黒先生の本です。
    技術的なことはあまり書かれていないのが残念ですが、研究を進めるなかで「人間とはなにか?」「自分とはなにか?」について、著者の発見、考察が述べられていて、とても興味深い内容でした。

  • 石黒先生のアンドロイド自体は前からよく見かけるなと思っていたのですが、実際どんな研究をなさっているのか知らなかったので手に取りました。
    外見上精巧に見えることばかりを追及していくのではなく、人間らしさを追求する。それによってアンドロイドと相対する人間またアンドロイドを操作する人間がどういった感情を抱くのか。近未来にはこういった経験が増えていくのだろうか、とわくわくと不思議な思いで読みました。
    ヒトのミニマルデザイン、テレノイドの話も面白かったです。人間を人間たらしめているものは何なのか、これからも面白い発見がたくさん生まれそうで楽しみです。

  • 面白い。人は人に興味があるものだ。
    物を作って考える。作る物に哲学がある物は素晴らしい。

  • ジェミノイドの凄さは、youtubeの動画を見て是非とも確認してほしいところですが、技術的な内容はほとんどなく、他者としての認知、人間とのコミュニケーションの差異など、哲学的な、ラカンを思い出させるような、それでいて分かりやすい文体で書かれています
    研究成果をこれからもフォローしていきたいと思わせる内容でした

  • 人間そっくりのアンドロイドを創った研究者による研究記録。といっても専門的な話ではなく、研究の動機や、どんなことが起こったか、何をしたか、今後何をしたいか、を中心にかかれているので読みやすく、面白い。そして、ちょいちょい間にはさまれる著者のこだわりが人となりを表していて、なるほど研究者になる人というのはやっぱりこだわりの人なんだなあ、と変なところで納得した。自分でカバンをつくれるという話や、美容整形の話。色んなことを徹底的にやってみるんですね、この著者は。
    著者の究極の興味は「自分とは何か?」「人間とは何か?」ということなので、哲学的な問いも出てきます。それを頭で考えるのではなく、実際にそれを実験(?)できるようなものをつくってそこに何が起こるかによって追及していく。
    アンドロイドが人間になれるか、というところ、著者はかなり実現可能だという方向で書いているけど、私は、アンドロイドが自分を自分だと自覚することはできないかぎり、無理だと思うのだけど、どうだろう。今の技術では、人間の意思を忠実に再現し、なおかつある程度はプログラミングで自動的に動くことが出来るようになる。つまり、人間的に反応できるようになる。でもそれはあくまでも「反応」であって、自発的な動きではない。動きたいかどうかをプログラミングで制御できるかもしれないけど、それは自分の意思ではない。ま、どこを目指すかというところなんでしょうけど。果たしてアンドロイドは自分の意思を持つことができるようになるのか。この著者の次作があるので、それも読んでみようと思う。
    アンドロイド演劇についても少し。人間があやつるアンドロイドに演劇をさせるくだりがあって、人間を越える演技が出来た、とあった。なるほど、と思いつつ読んでいて「ん?」と思った。これって、文楽と同じじゃない?つまり、生身じゃない人形(ひとがた)には自分の心情を反映させやすいために、より真に迫ってくるっていう。能面とか。そっち方面は本題ではないけど、展開させると面白い話になりそうな気がしました。
    そうだ、余談だけど、この本の割と最初に出てくる「不気味の谷」、この本を読む前に読んだ「屍者の帝国」に出てきてたのでびっくり!学術的な言葉だったんだ。変なところでまた「本のしりとり」が起こりました。

  • この著者、相当な変人で、相当面白かった。
    ここまで技術が進歩してるのね…!実際の人々の反応とか興味深い。
    人間そのものについても考えさせられる。歳をとる(成長する)過程とか、いま普通にしてることを特別な技術の苦労や意識なくできることは、「人間」である自分だからできることだろうか。

  • 資料ID:92111898
    請求記号:

  • 3号掲載【配置場所】工大一般図書【請求記号】548.3||I【資料ID】11102859

  • 「自分とは何か?」「人間とは何か?」という問いをアンドロイドの研究を通して考えるというのが本書の内容である。著者自身がモデルのアンドロイド(ジェミノイドと呼ばれる)も開発してるし、奥さんがモデルのジェミノイドも開発している。他人にお願いするのは気が引けたから、というのが奥さんをモデルに起用した理由となっているが、個人的には「よく協力するなー」と思ってしまった。奥さんがどうゆう方なのかわからないけど(専業主婦なのか研究者なのか)、自分とそっくりなものを開発するのに協力するのって勇気のいることだと思うからです。人によっては、欲しい!と思う人もいると思うんですが、僕は何か怖いなーと。それは普段自分の目で自分を見ていないからですよね。鏡に映った自分の顔は左右反対な訳だし、後頭部を見るなんて美容室で髪を切る時ぐらいですから。まあそれはいいとして。

    僕は文系なので、こうゆう理系チックな本はあまり読まないので、ロボットというジャンルにも疎いんですが、技術はもうここまできてるのか!というのが正直な感想です。遠隔操作をつかって、自分と同じ動きをするジェミノイド。操作者が喋れば、ジェミノイドの口もパクパクと動くし同じ声が出るし、頭を振れば、ジェミノイドの頭も振れるというまさに一心同体なものが誕生している事実に驚くばかりです。会話ができるということなので、例えば遠方で会議かなんかがある場合はジェミノイドを現地に派遣すれば、わざわざ飛行機に乗ったりなどの手間が省ける。うわーもしこれが普及し始めたら、サミットもアンドロイドだらけになるよなー異様な光景だーなどと想像が膨らむ膨らむ。おもしろかったのが、カフェや電車内で通話していると、人は露骨に嫌な顔を浮かべたり、不快感を示すが、人と話す分には全然気にしない(声の大きさによるが)。そこで、ジェミノイドを携帯電話代わりにすればと筆者は言うのだ。いやーおもしろい。でかい携帯電話ですわ。

    他にもおもしろい実験が紹介されてるし(カフェでジェミノイドを放置とか)、写真も多めに載ってるので、ジェミノイドってどうなんだろうと全く知らない方でもわかりやすい構成になってるかと思います。

  • 『アンドロイドを造る』の石黒浩氏の著書。

    工学的なことだけでなく、(人間とは何か)といったことまで触れているので、『アンドロイドを造る』よりも読みやすかった。

  • アンドロイドの話というので、もっと工学的な内容かと思ったが、アンドロイドを通した自他の認知が中心。
    著者の理想的な服装はスター・トレックの服装だそうだ。

  • うーん。この本は人気のようだけど自分としてはいまいち。
    研究者が書いた本っぽくないなーと思った。筆者の主張(自分とは何か?人間とは何か?)を一つにまとめた章があるわけではなく、アンドロイドやその派生物を作っていく過程で感じたことを随筆のように書き並べている。そのような書き方だから、アンドロイドを作ったことで得られた人間に関する哲学的考察という本書の主題でさえ細切れかつ中途半端で終わっている感が否めない。正直、著者が減量するための努力の過程などどうでもいいんだ。本に書ききれない研究内容がまだたくさんあるとあとがきで書くくらいなら、そういう重要度が低い話題の類はコンパクトに収めればいい。それともそのような内容よりもさらに取るに足らない研究内容なのか?

  • アンドロイド作りは、人間を深く知らなければならないというところが面白い。

  • やばいーめっちゃ面白いー!
    面白い所に付箋つけたら付箋だらけになった!
    このアンドロイドの研究は、大きく分けて、人らしいジェミノイドとギリギリ人らしいテレノイド に分けられる。どちらも遠隔操作で動作と声を操るが、次第に操作者の意識がアンドロイドに入り込むところが面白い。
    ジェミノイドは人らしく作られたけど、人よりも人工的だからある意味完璧だった。自分のイデアみたいな。だからそちらを主にして自分を変えて行きたくなるみたい。大人は。自分のほうが老いてゆくからね。こういうジェミノイドは最終的に神様みたいな感覚になるらしい。自分のイデアだから上位にやってしまう。
    石黒さんはめったに笑わないから、石黒モデルのジェミノイドを作るときに結果として゛アンドロイド゛っぽい自分を発見する。人がアンドロイドよりアンドロイドっぽいってどういうこっちゃ。
    ふるまいが人らしさをつくるなら、やっぱり石黒ジェミノイドの方が人に近くなるのかしら。
    ジェミノイドが演劇(詩の朗読)をしたけれど、人を越えた人にみえてしまうらしい。
    星新一の、人間だとおもいこまされた象を思い出す。本にかかれた人のように振る舞う象は、人よりも人らしくなっているオチがついてるけど、その自覚のしかた、役目の与えられ方がジェミノイドに似てると思う。
    一方テレノイドはクリオネみたいな形でギリギリ人らしい。こっちも遠隔操作で話せるのだけど、抱き締めながら話せる点で触覚からの人らしさを感じることができるらしい。
    触覚は視覚を越えてテレノイドを人にする。ちいさくしてケータイのようにし、握りしめながら話すのも人らしさを感じて楽しそうだ。
    人らしさはアンドロイドがアプローチしてくるなかでどんどん曖昧になる。だがそれか面白い。よい本。

  • 面白い。人間そっくりの「ジェミノイド」を作っておきながら、“最低限の人間”としての「テレノイド」を指向するようになった道筋が興味深かった。普通の人にはなかなかできない発想。それと天才と呼ばれる著者の変わり者エピソード(毎日同じ洋服しか着ない等)も余談として紹介されていて、それもまた面白かった。

  • アンドロイドと○○したらどういう感情が芽生えるか?いろんなバリエーションがあるだろうけど、鏡のような存在なのだろう。

  • 人について自分について新しい見識が流れるように入ってくる貴重な一冊

  • 面白いっ!!まず、著者が変な人!
    ロボットの見た目はどうして機械的なのか?もっとデザイン性をもたせよう!
    という思いから自分ソックリのロボットであるアンドロイドを作ってしまった著者。
    質感、表情、言動がソックリな自分を作った時にわかる人とは何か?
    自分とは何か?という新たな発見!

    著者が所々に疑問を置いてきぼりにするので、それを考えるのも楽しいし、著者の変人ぶりも本当に面白いっ!

  • ●この先生がつくっているアンドロイドといっこく堂の腹話術人形との違いがわからないと主張するうちの姉&自分のために整理。↓

    ********************************************

    Q:なぜ人間型アンドロイドなのか? なぜロボットに人間の見かけが必要なのか? 

    A:これまでロボットのデザインはほとんどが工業デザイナー任せであった。
    一方、実際の工業製品(例えばフェラーリなど)では、性能だけでなくデザインにも魅了される人が多い。デザインは人に影響するものであり、重要なものである。ならば、ロボットのデザインにも科学的根拠を求め、原理を追求すべきではないか? 
    そして、日常活動型ロボットの究極のデザインとはどんなものか? 

    しかし、ロボットなど人間と相対するものが、どれほど人間らしくあるべきかと言う考察は、丁寧に行われた事がなかった。
    この「見かけ」の問題は、デザイナー任せにするのではなく、研究者が研究する必要がある。
    この「見かけ」の研究方法としては、非常に単純なデザインのロボットを人間に近づけていく方法と、人間にそっくりなロボットを作り、そこから人間らしさに不必要な部分をそぎ落としていく方法の二つがある。
    前者の場合、人間に至るまでに何体のロボットを作ればいいか、どのように作るか見当がつかないが、後者であれば、まずは人間そっくりのロボットをつくればよいので最初の目標ははっきりしている。
    よって、人間型アンドロイド研究を始めたのである。

    *********************************

    ●・・・・・・で、実際につくってみた結果、そのアンドロイドのモデルになった人は逆にアンドロイドの存在に影響されて自分の見かけを気にしたり、周りの人は最初は不気味がるけれど、そのアンドロイドと喋ってみると自然になじんで接するようになるなど、アンドロイド開発そのものよりもアンドロイドと相対した人間の行動や心理の方がメインになっているような。
    石黒氏の基本的な問題意識は「自分とは、人間とは何か?」とのことですが、人間型アンドロイドの開発それ自体は手段であって目的ではないと捉えてよろしいでしょうかいかがでしょうか。うーん?

    ●人が操作する人間型アンドロイドといっこく堂の腹話術人形との違いは、「見かけ」でしたと言うお話。まあ間違ってはいないよね・・・・・(‐ー;)

全34件中 1 - 25件を表示

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私を本棚に「読みたい」で登録しているひと

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私を本棚に「積読」で登録しているひと

どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私の作品紹介

産業用でも、人工知能を持つ自立型でもない。異能のロボット学者が目指したのは、限りなく人間に近い「ジェミノイド」。そして、人間のミニマルデザインから生まれた最新型「テレノイド」、「エルフォイド」まで-。人型ロボット=アンドロイドを通して人間の本質に迫る全く新しい試み。

ツイートする