タワーリング

  • 162人登録
  • 3.11評価
    • (2)
    • (23)
    • (50)
    • (9)
    • (4)
  • 45レビュー
著者 : 福田和代
  • 新潮社 (2011年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103294610

タワーリングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まもなくオリンピックが開催される昭和39年、東京。
    三人の少年が、小高い丘の上から東京の夕陽を眺め、
    夢を語る場面から物語は始まる。

    そして現在、最先端の設備を誇る六本木のタワービルが乗っ取られた。
    人質は最上階に住む社長───。

    面白かったです。
    犯人の動機には少し「ん?」となりましたが…。
    最後のどんでん返しのような真相、全く想像しませんでした。

    成功者と呼ばれる人が、何かを成し遂げるために、やむを得ず犠牲にしてきたもの。
    欲しいものは、何もかも手に入れているかのように見えても、
    一番欲しかったものは手に入らなかった。
    その孤独がせつない。
    「象のお話」と冒頭の東京の夕陽が深く印象に残ります。

    余談ですが、重要な役割を担うお掃除ロボットの「ロボタン」。
    人気のない暗いビルの中を、一人でエレベーターに乗ってお掃除している姿を想像したら、
    なんだか妙にいじらしく思えてしまった。

  •  最新の設備、セキュリティを誇る「ウィンドシア六本木」。地上50階地下5階、ショッピングからビジネス、レジデンス、様々な機能をもつ今や国内で最も有名な高層ビル。その最上階に住む株式会社マーズコーポレーションの川村社長が自宅で何者かに人質にとられた。犯人グループが要求するものとは一体!?

     プロローグを読めば、犯行に関わる人間の正体は正直誰でもわかる。だからこそ、何か他にあっと驚くものが隠されているんだろうと思ったのだが、少々期待しすぎたらしい。種明かしをされても、正直それに関しては「ふーん」ぐらいで終わってしまった。ハイジャックされた側の視点はそれなりにハラハラドキドキでおもしろいのだが、犯人側の視点がいまいち消化不良。それぞれに事情があってこの犯行に参加しているのはわかるのだけれど、動機付けがあまりにも弱すぎる。それだけの理由でといってはなんだが、こんな大それた犯行では割に合わないというか、ミスマッチでは?最後も丸くおさまりすぎな気がする。

  • 以外な黒幕系。

  • 序盤で犯人がわかった。と思ったらラストで・・・
    六本木ヒルズを含め東京の都市開発は庶民おいてきぼりの感じを以前からしていた。便利な社会インフラは嬉しいのだが、子供の頃暮らした街並みも自分にとっては捨てられない思い出である。

  • 2日間の休日があったので読み始めたが結構ハマった感じで面白かった
    しかしラストの「ほのぼの感」がちょっとシックリしない感じでだった

  • 子供の頃の大きな夢。
    それを実現した 川村は、さらに大きな野望を持っていた。
    ウインドシア六本木。
    向かい風に立ち向かう と言う意味を持っている。

    一つの事件があった エレベーターのドアで
    アタマが 挟まれて 少女が死んだ。
    その事件が 一つのタネになって。

    旦那 ロッキー 慧 哲 そして 米倉が、
    ウインドシア六本木を ビルジャックする。
    インテリジェンスビルであり、
    耐震性をもち、防火へのさまざまなシステム。
    ロボットによる 掃除システム。

    エレベーターから きこえる奇妙な音から始まる
    ドラマは、淡々として、目的も鮮明のようだが。

    ふーむ。
    なるほど という感じだが 作りすぎているね。

    象と蟻で例えようとする寓話。

  • 福田和代の2冊目。

    序盤……、犯行グループのノリの軽さに違和感を感じるも、スピーディーな展開と読みやすい描写に、徐々に気にならなくなっていった。

    この規模のクライムノベルにして、死者が一人も出ないまま終盤まで緊張感が持続する点、やや出来すぎではあっても誰も不幸にならない結末という点、気持ちが良い。

    ★4つ、7ポイント半。
    2014.08.13.図。

  • 犯人の脱出のワンアイデアで描かれたような作品。
    見せ場となるようなシーンもそれなりにあるから、映画化で実際にヒルズで撮影とか面白そう。
    本としては、他の作品よりも膨らみみたいなのが欠けている印象が残念でした。

  • いまどきのビルは何でも遠隔コントロールできるという大いなる誤解にたっている小説や映画は結構、よくある。実際は大したことは行っていない。作者もセキュリティについて、人が介在する以上、ざるとなる部分がどうしても発生するということが正しく、その認識に立てば、このようなビルジャックは成立しないのだが、そのあたりは眼をつぶるべきであろう。もっと凄いのは、たしかフィリップカーの殺人摩天楼という作品があったのを記憶しているが、そっちとは別に本作は人の生き死にには関わらず、またコンゲーム的なものもないまま、動機を成立させているものの、その動機とビルジャックという犯罪行為のつり合いが取れていない点も本作に対する違和感が残る点である。また、最後のどんでん返しも無理が多く、無い方が良かっただろう。

  • 2013.2.2

全45件中 1 - 10件を表示

福田和代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

タワーリングを本棚に「読みたい」で登録しているひと

タワーリングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タワーリングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タワーリングを本棚に「積読」で登録しているひと

タワーリングのKindle版

ツイートする