たそがれ清兵衛

  • 84人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (14)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103296119

たそがれ清兵衛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。最後のエピソードが好き。

  • 始めて藤沢周平さんの作品を読みました。
    どれも勧善懲悪で読んでいて気持ちが良いものでした。
    特にそれぞれの短編ごとの作品名が好きです。音の響きが良いです。「たそがれ清兵衛」や「ごますり甚内」、「日和見与次郎」など、このように呼ばれている主人公たちが物語の中でどのように活躍するのか、読む前からわくわくしました。個人的に「うらなり与右衛門」と「ど忘れ万六」の終わり方がくすりと笑えて好きです。

  • 一見、風采の上がらない貧乏武士や嫁に冷遇される隠居。
    しかしその剣の冴えたるや…
    剣技をひけらかすことなく、淡々と剣を振るう姿がまた粋である。

  • 2010年度【請求記号】913.6||F【資料ID】10205230【配架場所】工大君に薦める

  •  表題作は以前映画にもなった、有名な短編集。
     それぞれに腕に覚えはあるものの、剣豪などではなく、ひとかどの剣客と一目置かれているわけでもなく、小藩の下級武士として平凡な日々を送る主人公たち。すでに若くもなく、生活に追われ、修行からも遠ざかっていたはずの彼らが、それぞれよんどころない事情により、心ならずも再び剣を握る。
     刃一閃。そしてまた日常にかえっていく男たち。彼らがヒーローであり続けないことが、何より心に残る。

  • 登場人物ひとり一人が、なんとも味のある短編集。

    普通の人の生を一コマ覗かせてもらう。
    そんな感じがしました。

  • 小諸、上田、山形などを舞台とした作品です。

  • 映画に感動したので原作が読みたくなりました。その様な人他にもいると思うのですが、”あり?”と思いませんでしたか?表題作は映画と比べて随分とあっけ ないのです。他の短編のエピソードも併せて映画化している様ですが、あの感動作にまとめ上げた脚本・監督はすごいな、と思ってしまいました。

  • 下城の太鼓が鳴ると、いそいそと家路を急ぐ、人呼んで「たそがれ清兵衛」。領内を二分する抗争をよそに、病弱な妻とひっそり暮してはきたものの、お家の一大事とあっては、秘めた剣が黙っちゃいない。表題作のほか、「ごますり甚内」「ど忘れ万六」「だんまり弥助」「日和見与次郎」等、その風体性格ゆえに、ふだんは侮られがちな侍たちの意外な活躍を描く、痛快で情味あふれる異色連作全八編。

  • 「たそがれ清兵衛」「ごますり甚内」「だんまり弥助」など
    あだ名をつけられ、変人扱いをされたり
    笑われたりしているけれど、実はすごい人だった。
    そんな話が8話集まった短編集。
    「かが泣き半平」「祝い人助八」がおもしろかった。

全20件中 1 - 10件を表示

藤沢周平の作品

たそがれ清兵衛を本棚に「読みたい」で登録しているひと

たそがれ清兵衛を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たそがれ清兵衛を本棚に「積読」で登録しているひと

たそがれ清兵衛はこんな本です

たそがれ清兵衛の単行本

たそがれ清兵衛の文庫

たそがれ清兵衛のKindle版

ツイートする