本当の強さとは何か

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 新潮社 (2016年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103300724

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
増田 俊也
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

本当の強さとは何かの感想・レビュー・書評

  • 「シャトゥ―ン ヒグマの森」「木村正彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」「七帝柔道記」の増田俊成氏と元総合格闘家、ブラジリアン柔術家、中井祐樹氏(日本よりもむしろ海外の方がネームバリューがあるそう)との対談形式で構成されています。「本当の強さとは何か」、2016.7発行、武道、格闘に関するどちらかというと地味な対談ですが、それだけに味わい深いものがあります。護身術の話は興味深かったです。空手でも柔道でも3~4年やれば、筋肉量、パワーもついて役立つかもと。体重差、サイズに関する備えはとても重要と。
    最近の「キレル」状態は、心の弱さの裏返し。自分に自信がないからイライラしてしまう。武道は、鞘を抜かないために刀を磨いている。合気道の「戦わない」という思想もすごい。

  • ビジネス書・啓発・啓蒙書へと進路を切っていますね。「希望の格闘技」読み終えた後、五輪書中井祐樹版がいずれ出るでしょう、と感じましたが。着々と近づいていると思います。

    共感はしても傾倒しないことが、啓発・啓蒙書で気を付けていること。
    守破離をしてこそですから。守だけで終わらないようにしたいです。

  •  本書でも語られる今日の柔道ルールは、オリンピックに偏っている。柔道はほとんど伝える者がいなくなりつつある古流柔術に対して責任を負っていると思う。オリンピック柔道をやる一方、古流の技術や精神を伝えてゆくルールで、せめて二年に一回ずつくらいは試合を開催してくれないものか。試合がないと技術は忘れられてしまう。
    ある格闘家が言った言葉。
    「試合前の稽古って辛いんですよ。でもすごく充実してるんです。この頃は漸く試合のために稽古をするんじゃなくて、この充実した時間のために試合があるんだって思えるようになりました。」
     本書は、人の生き方、志の本であった、というのが読んだ実感である。

全3件中 1 - 3件を表示

本当の強さとは何かを本棚に登録しているひと

本当の強さとは何かを本棚に「読みたい」で登録しているひと

本当の強さとは何かを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本当の強さとは何かを本棚に「積読」で登録しているひと

本当の強さとは何かはこんな本です

本当の強さとは何かのKindle版

ツイートする