さざなみの国

  • 127人登録
  • 2.79評価
    • (2)
    • (8)
    • (23)
    • (17)
    • (3)
  • 34レビュー
著者 : 勝山海百合
  • 新潮社 (2011年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103314417

さざなみの国の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さざなみと王女・甘橘、剣の使い手の美少女・桑折。主人公が死んでしまうラストだけれど、やっぱりただじゃ終わらないところが好き。

  • いろんな解釈がありそうで。
    とても静かで、でも大波を引きおこすかもしれない、
    そんな「さざなみ」を連想しうるお話。
                ^^^

  • 古代中国風のファンタジー。
    帯に「心をじわりと癒す漢方薬小説」と書かれていたから温かくてほっこりするような話かと思ってたんだけど、最後の主人公を巡る展開に「ちょっと・・・」って困惑した。
    この帯の触れ込みで誰が主人公が○○されて○○○○るなんて予想できるの・・・癒されるどころかエグイわ・・・
    展開についていけなくて個人的に消化不良感は否めないけどこの世界観はかなり好きだった。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    このままでは愛する村が滅亡する。未来を悟ったとき、少年さざなみは旅立った。一匹の猫と共に…執拗に続く謎の襲撃、馬を愛する王女・甘橘との遭遇、剣の使い手の美少女・桑折との奇縁。やがて巷に死病が流行した時、さざなみの身体に潜む不思議な力が、人びとの運命を一変させていく。古代中国を舞台に、癒しの極致を描く志怪ファンタジー。第23回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

    【キーワード】
    単行本・ファンタジー・中国・古典


    +1

  • ネタと、キャラと、文体がかみあってない感じ。
    なので、展開に起伏が感じられなくて、山場っぽいのがあっても淡白。
    まだ序盤のがよかったなー。場面転換の切り目がものごっつ分かりにくいという欠点はあるにせよ、さざなみくんの気持ちが伝わってきたので。
    後半から終盤は???です。特に最後の決断。なんで、そう悩みもせずにそう決めれるのか、さっぱり分からん。

    この書き方って、わざとなのかなー。
    それとも、これがこの人の癖??他の作品は未読なので、どうなんだろう。

  • 読み始めからはとうてい想像つかないようなラストでした。他に自身をささげる気持ちがどうも理解できませんでした。グロいのが苦手な人は要注意です。

    九州大学
    ニックネーム:上川誠

  • 【第23回日本ファンタジーノベル大賞】

  • 湖の村で幸せに暮らしていた少年さざなみは手元に残されていた木片に記されている名前を頼りに父のいる都を目指す。様々な人と出会い生活が変わりながら、さざなみの心根は変わらない。さざなみの故郷の湖は蘇るのか。…皇帝が君臨する中国を思わせる都で、さざなみは名を小波と改め生活も変わるが、文中では「さざなみ」と書かれ書名も「さざなみの国」だ。さざなみが異界からやってきたことが感じられ、また最後まで読むと、これは確かに「さざなみの国」だと深く納得する。小説の中では様々な不思議が起こるが、都合の良い華々しい奇跡は起こらない。そして淡々と紡がれる文章が、これが実際にあったことなのではと歴史を垣間見た気持ちにさせる。

  • なんだかなぁ

    なにか起こりそうで起こらなかった

  • 中華ファンタジー。山から出てきた少年が都会で成長していく話か……と思いきや、あれよあれよと話は進み、そして、衝撃の結末だった。ちょっと納得いかない。

全34件中 1 - 10件を表示

勝山海百合の作品

さざなみの国に関連するまとめ

さざなみの国を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さざなみの国を本棚に「積読」で登録しているひと

さざなみの国の作品紹介

このままでは愛する村が滅亡する。未来を悟ったとき、少年さざなみは旅立った。一匹の猫と共に…執拗に続く謎の襲撃、馬を愛する王女・甘橘との遭遇、剣の使い手の美少女・桑折との奇縁。やがて巷に死病が流行した時、さざなみの身体に潜む不思議な力が、人びとの運命を一変させていく。古代中国を舞台に、癒しの極致を描く志怪ファンタジー。第23回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

ツイートする