金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択

  • 11人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 田中直毅
  • 新潮社 (2012年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103318811

金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択の感想・レビュー・書評

  •  本書は雑誌に連載した「硬派経済コラム」に加筆集大成したものであり、著者は、多くの政府審議委員をも務める政府御用達の著名な「経済学者」である。
     2008年以降に世界経済に起きた出来事を本書で振り返って見ると、その時点で何が起きたのかをその背景にまで踏み込んで理解するには良い本であるとは思ったが、本書のコラムの内容はいかにも歯切れが悪い。結論がはっきりしていないようにも読める。
     もちろん、経済的問題はそう簡単に決着がつくわけではないから、そうならざるを得ないのだろうとは思うが、本書の内容を2013年の現在から振り返ってみると「欧州―ユーロ崩壊のカウントダウン」「米国-未だに遠い経済回復への道のり」との表題は、どうも現在から見て「適切な認識」とは言い難い。
     現在の欧州は、小康状態を維持しているし、米国は、リスクを抱えつつも株式市況は史上最高額をうかがう状況である。
     著者は、将来を的確に予想できていなかったと言えるのではないか。
     ただ、現在の「グローバル経済」が多くの課題を抱えながら進行していることを系統的に確認できるという点のみは、評価できるのではないかと思った。

  • 「リーマン・ショック」から「ユーロ・ショック」までを、欧州、米国、新興国、中東、日本に分け政治経済の流れを検証し、大変革の行方を展望するといった内容です。

    タイトルから金融専門用語のオンパレードかと思いきや、読み進めてみるとそのようなことはありませんでした。ただし、各地域の歴史的背景についての知識が浅いと読むのが大変だと思います(実際苦労しました)。

    「貸し方」「借り方」という表記が、会計を勉強している身としては違和感を感じるところです。

全2件中 1 - 2件を表示

金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択を本棚に「読みたい」で登録しているひと

金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択を本棚に「積読」で登録しているひと

金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択の作品紹介

ユーロ幻想は崩壊し、グローバル金融が生んだ繁栄は灰燼に帰した-。二十世紀の残滓が消滅した後に台頭する、新たな世界秩序システムとは。

金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択はこんな本です

金融クライシス―新グローバル経済と日本の選択のKindle版

ツイートする