かくも水深き不在

  • 67人登録
  • 3.23評価
    • (4)
    • (7)
    • (12)
    • (6)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 竹本健治
  • 新潮社 (2012年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103324812

かくも水深き不在の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホラーであり、ミステリでもある、不思議な作品。最後を飾る「舞台劇を成立させるのは人でなく照明である」で物語が一つになる。以下に詳しい感想があります。http://takeshi3017.chu.jp/file6/neta6807.html

  • 精神科医に語られる話で進んでいくミステリー。ホラーっぽいと言うか怪しい空気が漂っている。
    1・2話は繋がっていると思っていて、3話で離れたと思いきやまた最後に全て繋がってくる。鬼ごっこの最後の辺りが下手なホラーより怖かった。
    装画:林タケ志

  • 最初の『鬼ごっこ』の世界観と文体が見事に融合していて、妖しさに引き込まれました。
    続く短編では繋がりが有るように思うのに、その次では無さそうに思えて混乱しましたが、あの結末ならそれも納得です。
    色々と謎に感じる部分が残っているから軽くもやっとしますが、不思議と読後感は悪くなかった。

  • 精神科医天野のもとに犯罪にかかわる人々がひとりずつ話をしにくるといく展開のミステリー。4話までは毎回途中までは面白く、ラストで意味不明な表現になるのが不満だったが最後の章ですべての意味がわかるようになっている。
    が、最後の章はすべて解決のようでスッキリしない。

  • あるページで唖然となるが、気を取り直して読み進めてみると……明かされた真実に脱力するか感心するか、読み手によってけっこうはっきり分かれそうなタイプの小説ではないかと思う。ホラーやサスペンスタッチの展開は楽しませてもらったが、ありがちでもあるので、過度な期待は禁物かもしれない。

  •  3編目までは興味シンシンで読めたけど、その後がどうもねぇ・・・。
     最後の編ではそれが覆されるかと思ったけど、駄目でした。そして納得いかない結末に残念な気分。。最後に話がつながる短編は大好きなのに、こういうつながり方は好きではないんだと思いました。

  • 天野先生がうまいタイミングで出現し、難問を解決する短篇集だが、あまりにも出来すぎな展開がやや不満だ.

  • うはー、めっちゃ好き。
    竹本氏、なんだかんだでちょいちょいしか読んでへんなあ。
    いずれ全部読みたい。

  • ただのミステリー小説ではありません。
    4つの怪奇事件を精神科医が暴いていき、
    点と点が線でつながる。
    最後はえっ、まさか・・・!という展開。
    おもしろかったー。

  • 一見したところ、ホラーっぽい短編集。記憶の中からじわじわと湧き上がる恐怖が描かれたものばかりです。
    それぞれの物語は単独でも十分に読めます。というよりむしろ、繋がっているような繋がっていないようなとても曖昧な雰囲気なのですが。
    最終話を読むと「なるほど、そうだったのか!」と。ネタ自体はありがちといえばありがちなのですが。これは気づかなかったなあ。

全12件中 1 - 10件を表示

竹本健治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かくも水深き不在に関連する談話室の質問

かくも水深き不在を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かくも水深き不在の作品紹介

いっぱいに涙を溜めた眼。救いを求める眼。そのとき僕は鬼の眼を見たのだ。闇に咲く光。記憶の底の人影。忌まわしい事件。暗い淵を見つめるそのまなざしの行方は?精神科医・天野不巳彦が遭遇した4つの怪しい物語。真相もまた深い淵の二重写しに…存在の不安を呼び覚ます、鬼才の恐怖譚。

ツイートする