五千回の生死

  • 33人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 宮本輝
  • 新潮社 (1987年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103325062

五千回の生死の感想・レビュー・書評

  • 宮本輝さんの作品として、いつも通りに楽しめました。

  • とある方の感想を読み、
    本当は宮本輝さんの「青が散る」を読んでみたかったのですが
    あいにく図書館にはなく…
    その代わりに借りた本がこの「五千回の生死」でした。

    9話からなる短編集なのですが、
    どの作品も一通りではない様々な主人公や
    その背景に居る人間の様々な性癖を作品の中に感じました。
    それは愛情であったりもするのですが、
    歪みであったりトラウマであったり差別、力関係など
    どうしようもない行き止まりのような人間臭が漂う
    作品ばかりでした。

    これはあくまでも私の印象ですが、作風として
    登場する主人公たちの感情を本人サイドで主観的に
    取り上げるというよりも
    淡々とした描写でその情景を細かく描いていき、
    そこに存在する主人公達の感情を
    読者が読者なりに読み取るような作品が多いように思いました。

    9作品のタイトルをご紹介すると…
    「トマトの話し」「眉墨」「力」「五千回の生死」
    「アルコール兄弟」「復讐」「バケツの底」
    「紫頭巾」「昆明・円通寺街」

    どれも印象に残った話ですが、やはりタイトルにもなっている
    「五千回の生死」は私にとって1番興味深い話しでした。

  • 宮本輝は、実は短編の方が好きです。

全3件中 1 - 3件を表示

五千回の生死はこんな本です

五千回の生死の文庫

五千回の生死のKindle版

ツイートする