血脈の火―流転の海〈第3部〉

  • 121人登録
  • 3.87評価
    • (17)
    • (22)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 宮本輝
  • 新潮社 (1996年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103325116

血脈の火―流転の海〈第3部〉の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

血脈の火―流転の海〈第3部〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

血脈の火―流転の海〈第3部〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

血脈の火―流転の海〈第3部〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

血脈の火―流転の海〈第3部〉の作品紹介

繊細で感性豊かな少年に育った一人息子が二十歳になるまで、自分はまだまだ汚濁のこの世界で戦い続けなければならぬ…昭和二十年代後半、再び大阪に居を構え、事業を展開する松坂熊吾。だが、豪胆に精力的に奔走する彼の行く手に、かすかな影が差し始める。-親子の絆、肉親の縁、熊吾を取り巻く人々との波瀾のドラマを綴って人間の生を照射する渾身の大作。

血脈の火―流転の海〈第3部〉はこんな本です

血脈の火―流転の海〈第3部〉のKindle版

血脈の火―流転の海〈第3部〉の文庫

ツイートする