中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?

  • 1011人登録
  • 4.08評価
    • (140)
    • (153)
    • (82)
    • (13)
    • (0)
  • 190レビュー
著者 : NHK_PR1号
  • 新潮社 (2012年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103329510

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心暖まった!ツイート一つ一つに意味があって、でもPRたんのゆるゆるなところがさらに好きになった。悩んだり凹んだりしつつも、素晴らしいストーリー。

  • 電車の中で読んでいたら、朝から涙が…。・゜・(ノД`)・゜・。
    こぼれないようにするのに必死でした。

    いまハケンでWebまわりの担当アシスタントになり、自社アカウントをつまらん…と思ってみている私。どうしたらいいのかな、でもやり方とか良くわかんないな。そういう迷いの中で読んで、気持ちに火がつきました。

    とりあえず、やってみたら何かかわるかもしんない。

    「中の人」の本を読むのは初めてだったけど、ワクワクできる可能性を感じた一冊でした。Twitter、もうちょっと手をかけるか。

  • なかなか面白かった。このNHKのアカウントのことは知らなかったが題名に惹かれて読んだ。なぜゆるいのか。視聴者と友達、家族になってみじかな存在になりたい、中の人などいなく、みんなで作り上げるNHKとなりたい、みたい。
    面白センス、これはなかなか真似出来ないな〜おもしろユルい感じで、クスクス笑わせていただきました。

  • 面白かった。ちょっとほろっとしてしまった。企業とお客の付き合い方について考える。NHK_PR氏はツイッターを使う過程で、「視聴者(お客様)」なんて存在しないんだ、ということに気づく。読者は、「NHK(企業)」なんて存在しないんだ、ということに気づく。そこに気づくだけで、日本はだいぶ住みやすくなる気がするんだが。

  • 泣く予定じゃなくて、
    普通にビジネス書みたいなものかなあと思って読み始めたので
    良い意味で泣けてびっくりしました。

    この本は
    NHK_PR1号さんの秘密を分析する本、というよりも、
    NHK_PR1号さんの本音を語るエッセイ、という感じです。

    その本音がまた、すごく良い感じで
    読んでいて気持ちが良かったです。

    偉ぶったりせず、
    出来ないこともあったり

    ツイッターの中で人間らしさを探し求めていたようですが
    この本こそ、人間らしく、親近感を覚える1冊。

    がんばれ~って思います。

    そして東日本大震災の時の話。
    胸が詰まりました。
    報道はいろんなことを一般の人から言われるけれど
    中にいる人たちだって
    すごく悩んで、苦しんで、それでも発信するっていう義務があって
    いろんなところで心の中で闘っていたんだよなと思います。

    一般の人が自分の名前を隠してメディアを叩くのは
    今インターネットが普及した世の中では
    とても簡単に出来てしまうことです。

    けれど、
    同じ人間が発信している。
    その人たちだって、悩んでいるんだということを
    素直な言葉で綴っているような気がしました。

    何が正解かなんてわからない。
    けれどNHKという組織にいると、一般の人たちからは常に正解でありつづけることを求められてしまう。
    誰にも正解なんて分からないはずなのに。


    いい本でした。

  • 仕事でツイッターをはじめることになって、ああどうしたらいいんだ、、、、と日々頭を悩ませていたときにふと平積みになっていたコレを手に取り、思わず購入。

    普通のNHK社員の方が著者、と書いてあるけど、文章がふわっとしてておもしろい。ツイッターをそのまま長い文章にするとこうなるのでしょうか…。

    二号さんに引き継ぐときに
    「媒体だって考えてしまうと、ついつい何かの告知をしたくなるんですよ。でも告知をするよりも会話をたくさんする方がいいみたいなんです」
    「少なくとも翌日の話をしてもみんな忘れてしまいますよ」
    と言っていたのが、やっぱツイッターはHPじゃなくてツイッターなんだなーとあらためて納得したところ。

    宣伝だけならHPでいいけど、PRはまた違うんだよな多分。

  • 最近このようなドキュメンタリー調のものに弱い(何なんですかね)。
    有名なソーシャルアカウントを運営してきた著者の経験談がメイン。ノウハウとかでなく、あくまで経験談である。

    最初は、イメージというかこうなりたいという想いで始められたツイッターアカウントが目的を持った、大アカウントになるまでのドキュメンタリー。読み物としてとても面白かったですね。

    「やってみないと始まらない」「継続は力なり」
    ということに尽きる。

    どうユーザーと絡んでいくか、どういうものに返信するかなど、素人(みんなですけどね)の著者が手さぐりで経験していくことは、応援したくもなるし、やはり最初にこのツイッターはどうあるべきかをぼんやりでも決める部分から始められているのが、とても良いですね。
    ※個人で始めるのとある意味変わらないスタンスというか。

    最後の方に「みなさんもNHK」という単語がいっぱい出てきますが、一方通行でない、ソーシャルにおいてあっちもこっちもなく、「一緒に」という部分が大事なのかもしれない。

    NHK_PR2号への引き継ぎとか、社内のノウハウ共有みたいで実は大変なことなのでしょうね。

  • 重い話しではないのに不思議と涙が。twitterや何かを発する事(あるいは受け止め会話すること)への向かい方が素晴らしい。『不謹慎なら謝りますが、不寛容とは戦う』は名言。これからもゆるくいこうぜ。

  • ツイッターコミュニケーションについて真面目にゆるくかんがえているアカウントのお話。
    さかなクンさんのとことか修造ボットのとことか見たわーと懐かしく思ったり。
    しかし最初は非公式だったなんて!信じられぬ!PRさんはまずやってみちゃうタイプなんだなあ、と見た。そうありたいとこだわね。いいのよ、やってしまっても!人が死ぬわけじゃなし!
    震災のときのは思い出して辛くなった。わたしは深刻な被災じゃなかったのに。
    ユーストの許可の部分も肝が座っていて憧れた。
    PR さんの会社へのポリシー、ツイッターへのポリシーは、まずまっすぐにあって、うまく線引きができているんでしょうね。
    また、その線の引きかたも、敵と味方!!みたいなのじゃなくて、合いませんね、他いきましょうかって感じで、多様なことに寛容。好き。まさに、不謹慎には謝りますが、不寛容とは戦います、だね。人のあり方として、尊敬しています。

  • 一気に読んだ。

    PRさんのツイは、とても緩くて笑える。
    それは、NHKに対して持っていた印象とは違うもの。

    Twitterを始めた当時の話は、わたしもそっくり同じようなことをしたので、おかしくて仕方なかった。

    3.11の章は、泣いた。
    あの時を思い出し、泣いた。
    そして、始めて気づいた。
    PRさんは、まさに生の声を聞いていたのだということに。
    PRさんは、自分を責めているが、あの場合はあれが正しいのだとわたしは思う。
    自分を責めないで欲しい。
    ありがとう、PRさん。

    この本を読んで、ますますPRファンになりました。

全190件中 1 - 10件を表示

NHK_PR1号の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
朝井 リョウ
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?に関連する談話室の質問

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?に関連するまとめ

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?を本棚に登録しているひと

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?を本棚に「積読」で登録しているひと

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?の作品紹介

お堅いNHKながら「だめキャラ」全開。公式なのに軟式なツイートの主、NHK_PR1号さん。お叱りを受けても挫けないつぶやきの秘密と、正体に迫…る?

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?はこんな本です

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?のKindle版

ツイートする