冬芽の人

  • 235人登録
  • 3.40評価
    • (5)
    • (39)
    • (47)
    • (9)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 大沢在昌
  • 新潮社 (2013年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103333517

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
奥田英朗
誉田 哲也
池井戸 潤
今野 敏
三浦 しをん
宮部 みゆき
雫井 脩介
横山 秀夫
高野 和明
誉田 哲也
誉田 哲也
米澤 穂信
冲方 丁
大沢 在昌
長岡 弘樹
有効な右矢印 無効な右矢印

冬芽の人の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりの大沢作品。ブログで評価が高かったので、読んでみた。
    6年前に強盗殺人の犯人を追いこむ際に、同僚の刑事と犯人と思われる2人を想わぬ形で失ってしまった主人公・しずり。捜査一課の刑事として駆け出しで、自分の未熟さ上に2人を死に追いやったと思い込み、事件の1年後、警察を辞め、普通のOLとして、第2の人生を始めていた…しかし、亡くなった同僚の刑事・前田の墓参りに行った時、偶然、前田の息子と名乗る岬人と出会い、しずりの運命が変わっていく。
    岬人に引きずられるように、過去の事件に戻されていくしずりの心の動揺が、すごくよく伝わる。しかし、6年前の真相が明らかになるに連れ、「しずりは優秀な刑事だったのではないか?」と感じずにはいられない。派手なアクションシーンもほとんどなく、物静かで思慮深いしずりの性格を表したような作品。

  • ☆5つ

    うまい!とっても上手い作品ですね。抜群の筆力です。このまま新人賞に応募しても必ず二次審査を通過するでしょう。が、しかしの登場人物に飛び抜けた個性がなく、それ故にストーリーの構成にやたら凝っていて読み辛いったらありゃしない。
    前回の作品『売れ作家の全技術 / デビューだけで満足してはいけない』での大沢兄貴の物言い風に感想を述べてみました(笑)。

    さて、この本は題名の意味がわたしは読み終えた今もまだ解りません(涙)。でも、めっちゃ面白いです。確かにしつこくらい物語の設定を説明するところは少々辟易としますが、ラストの場面でそう云うのが一気に吹っ飛んで、新しいヒロインの登場を彷彿とさせます。
    あっちが新宿鮫なら、こっちは今のところ会津雌蜂?ってところかな。とにかく面白いのでみなさん頑張って読みましょう。

  • 女心が浮わついた感じがしばらく続きもうひとつスッキリしない状態からなかなか抜け出せなかった。強さとたくましさを持った女主人公ではあるが、ある部分では弱々しさを感じた。事件が終わったあと、何かを吹っ切れたのかひと皮むけた。

  • しずりは強いです。
    過去にとらわれず立ち向かえたことでこれから幸せになれると思います。

  • 優しい感じの大沢ハードボイルド。
    2015.3.18

  • 雪が降った日に読んだので、話に入りやすかった。
    しずりと年下青年、しっとりラブって感じだった。いつもの大沢さんの男臭さがいい意味で消えていてそこもよかった。
    最後ごちゃっとしたけど、いいな。

  • 大沢作品らしい。主人公が過去を引きづり過ぎる感もあるが、楽しめた。

  • 6年前の強殺事件で先輩刑事・前田が、牧をかばって怪我を負い、それがもとで死亡した。
    責任を感じ警察を辞めOLになった牧は、前田の墓参りで偶然前田の息子・岬人に遭う。
    6年前の事件には裏があったのではないか...
    岬人との出会いがきっかけになり、事件の真相を探ることになるのだが...

    どの登場人物も好きになれなかった。
    ちと無理があり、強引にスッキリさせられたような感じ。

  • 呼吸がしづらい程の頑な感。が、ほころぶ様がいい、、、のかなぁ?うーん
    マキさんって、まきさんだよね。細いし、頑なな雰囲気。岬人は誰だろう。

  • 沖縄の夜に結ばれるのだとばかり思っていた。

  • 元刑事の牧しずり.6年前の事件で先輩刑事・前田光介に怪我をさせ、最終的に彼が死亡したことを心に留めて警察を退職してOLとして働いている.前田の墓参りで息子・岬人に出会い、話しが展開する.岬人の同僚君津政一が6年前の事件に関係していることが判明するが、直後の自殺してしまう.謎の雑誌記者西原が登場して、話しがさらに複雑になる.廃村になった村の出身者が一連の事件に絡んでいることがわかり、しずりは沖縄や高畑田村に出かける.最後の場面で黒幕が判明するが、次々とストーリーが展開し楽しめた.

  • なかなか爽やかな読後感。
    しずりというのはいい名前。木の枝から積もった雪が落ちることらしい

  • 一気に読めるね。

  • ラストがなぁ・・・・・。・;´∧`;・。
    この主人公も、ちょっと好きになれないタイプ。

  • 強盗殺人事件の捜査中に自分をかばった同僚を亡くし、その責を負って警察を辞めた牧しずりは、同僚の息子・岬人と出会う。彼がもたらしたのは解決したはずの事件に関わる新情報だった…。

    大沢在昌の作品で新宿が舞台だと中国人の金や王がたくさん出てきてワケがわからなくなることがあったけれど、本作は中盤以降に前田、前畑、奥畑、奥寺、奥平が出てきてちょっとワケがわからなくなった。ヒロインに感情移入することもできなかった。せっかくラストは手に汗握る展開だったのに残念。
    (C)

  • 盗殺人事件の捜査中に自分をかばった同僚を亡くし、その責を負って警察を辞めた牧しずりは、同僚の息子・岬人と出会う。彼がもたらしたのは解決したはずの事件に関わる新情報だった…。

    元刑事の女しずり。現在はOL。刑事の先輩が聞きこみ先で、犯人ともつれて昏睡状態。逃げる犯人を追ったが、ダンプにはねられ即死。昏睡状態のまま死んだ、墓参りで、その息子、岬人、高校生、に遭遇。携帯メアドを交換。バイト先の運転手が犯人をはねた男。職場に顔を見に行くと、男が逃げた。男は人を殺すのは簡単、事故にすみえればいい、と周りに話していた。
    しずりは刑事の妻から不倫の疑い。実際、ホテルに何回も誘われた。

    犯人に殺しを頼んだは誰か?
    東北の田舎町に住む人達が出てくる。ダム建設で大金を得た。
    東大卒の長男。その兄弟、まわりの人達。長男は手を下さずに殺人をさせていた。ついに、ヤクザに頼む。それにつけこんで、ヤクザがやってきた。
    しずりが、東北の町にいくと、長男が住んでいた。
    そこへ、ヤクザがやってきた。拳銃を持ち、順番に殺すと言う。
    長男が電源を落とすろ真っ暗闇。元刑事のしずりが、拳銃を奪う。
    元オリンピック候補のしずり。ヤクザ達を倒す。
    やっと警察が現場に登場。

  • その後二人はどうなるんだろう?

  • テンポよく読めた

  • 序盤は盛り上がりに欠けて、途中で読む気が少し失せましたが、後半になってから気になる展開になり、なんとか読めました。残念なのが、しずりの性格がちょっとイライラっとした点。個人的に、調べもので20歳の岬人が国立国会図書館をすぐあげる点がちょっとびっくりしました。最後はハードボイルドな感じで良かったですが、それまでにたどり着く過程がイマイチで、しずりと岬人の恋愛模様も先が早く読みたいくらいワクワクする感じでもなく、大沢作品にしては非常に淡白な作品だった気がします

  • さすが大沢センセイ。
    読み応えばっちりだけど、女性がこういうふうに主役って
    大沢作品では珍しいかも。

  • 過去を引きずる元女性刑事が主人公のストーリー。
    次から次へと明らかになる事件の背景、途中まではよかったが、終盤はやり過ぎ感あり。

  • 2013.8.4
    昔のアルバイト探偵を読んでから大沢在昌の作品も面白いと思う様になり、ただ新宿鮫シリーズはハードルが高いなぁと思っていたところこの本に出会いました。
    結構厚みのある本でなかなか読まずにいたのですが、読み出したら面白くてラストまで。
    一本の線の上を歩いて生きて行こうとしていた牧しずり。かつての事件の情報を知り悩みながらも戦うことを決め、いろんな人を殺してきた黒幕と一人で対決。かつてあった村の中のルール、それを決め、邪魔になったら殺していく。最低‼
    武器も権利もないしずりの刑事として身につけていた思考、決意、ラスト50ページ程で一気に事件の数々が明らかになっていく。しずりは負けなかった。もちろん支えてくれた植田や岬人らの力も強い。
    読み応えのある作品だった。

  • 事件捜査で先輩刑事を亡くした主人公。警察を辞めてひっそりと生きていたものの、解決したはずの事件に新たな情報が出て来てまだ終わってなかった事を知る・・・。

    事件の真相に迫っていくスピード感に一気に読めたけど、
    その分、展開や動機なんかにちょっと付いていけなかった。

全43件中 1 - 25件を表示

冬芽の人を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冬芽の人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冬芽の人の作品紹介

「お前が戦わなければ皆殺しだ」強盗殺人事件の捜査中に自分をかばった同僚を亡くし、その責を負って警察を辞めた牧しずりは、同僚の息子・岬人と出会う。彼がもたらしたのは解決したはずの事件に関わる新情報だった-次々と消息を絶つ関係者、事件を掘り返したくない警察。味方も武器も持たないしずりは、事件の真相に辿り着き、失われた人生を取り戻すことができるのか。

冬芽の人はこんな本です

ツイートする