凜と咲きて

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 矢野隆
  • 新潮社 (2016年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103340720

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

凜と咲きての感想・レビュー・書評

  • 芸妓の凜は父を亡くし,ドブ板長屋に暮らしているが藤兵衛の支援を受けている.凜は三味線は仕込んだ剣で乱入者たちを斬るが,助勢してくれた本間進之介は凜の上客となった.ただ実際には凜を殺める算段をしている.別所十三郎と称する妙な浪人が長屋に現れ,凛と住むようになったが,十三郎も奇妙な行動をとる.敵は藤兵衛を捕らえて拷問にかけるが凜もそれを察知して戦う.乱闘場面の記述が素晴らしく,凜の斬馬刀の威力が勝って敵を倒す.最後の場面では事件の発端となった九州の小さな藩に十三郎と凜が行くが,その後の話が読んでみたい感じだ.

  • 元盗賊団棟梁の娘の凛と筑前神林家の家老に家族の恨みを抱え敵討ちを狙う十三郎との恋仲を描きながら、話は進む。凛を親代りで見守る昔凛の親父に世話になった藤兵衛が、家老の家臣本間進之介と盗賊団の親分に拉致され、凛と十三郎が助けて筑前の敵討ちに旅立つ。ちょっと矢野隆さんの小説の中ではイマイチだった。

全2件中 1 - 2件を表示

凜と咲きての作品紹介

三味線には、仕こみ刀。それで足りなきゃ、斬馬刀。芸妓の凜、ここに見参! 美しく、強く、気立てもいい。八百八町の果ての果てにある「ドブ板長屋」に住んではいるが、じつは、(元)盗賊の娘。そんな凜のたったひとつの弱点は、惚れた男に甘いこと。しかもそいつが、命を狙われる身であったとしたら――。男の面子と女の意地がぶつかりあったそのとき。斬馬刀がうなりを上げる! 義理と愛情の時代長編!

凜と咲きてのKindle版

ツイートする