えがおのゆくえ ~Maru in Michigan~

  • 24人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 新潮社 (2015年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103341154

えがおのゆくえ ~Maru in Michigan~の感想・レビュー・書評

  • アメリカ・ミシガン州に住む人間の男の子・一茶君と、柴犬の男の子・マルの日々を綴るフォトエッセイの第4弾。写真とエッセイは一茶君の母、ジョンソン・祥子さんによる。

    ミシガンの美しい自然。かわいい男の子。ハンサムな柴犬。
    スタイリッシュな写真と心温まるエッセイ。
    シンプルだけど大切なものを思い出させてくれるようなシリーズである。

    前シリーズでは赤ちゃんだった一茶君ももう4歳。立派な幼児である。
    表情もずいぶんとお兄ちゃんぽくなり、マルを追いかけていた小さな子は、すっかり庇護者の雰囲気を漂わせている。
    それでも2人の間に流れる信頼感は変わらない。
    ぼくはきみが好き。きみもぼくが好き。
    ことばにならない想いが2人をつなぐ。

    犬と暮らすことはそうそう楽なことばかりでもない。
    「だが」と、祥子さんがエッセイの1編に書いている。
    「ある日、自分が犬に飼われることになる」としたらどうか、と。
    トイレに行きたければ近くの村まで犬に連れて行ってもらわなければならないし、食事も犬のおすそわけ。お風呂に入りたいと言えば面倒がられ、淋しくて泣けばうるさいと叱られる。そのうえ、「手が掛かる」と言われたらもう絶望してしまうだろう、と。
    この発想は自分にはなかった。少なからず驚いた。
    しかし、他者の身になるということは、あるいはそこまで考えることなのかもしれない。

    犬は過去を悔いない。未来を危ぶまない。
    常に全力で今を生きる。そのひたすらさが胸を打つ。
    犬はときに、哲学者のような顔をする。
    犬はときに、人を哲学者のようにする。
    犬は人に寄り添い、人は犬に寄り添う。
    そんな風に、ともに「いま」を生きていきたい、とふと思う。
    あらたまってそんなことを言ったら、犬も子供も、「そんなのあたりまえ」ところころ笑うかな。

  • ほのぼの・・・・・

  • 一茶くんと柴犬マルちゃんのフォトエッセイ。4冊目となる今回は、2013年春から翌年の春まで。この間、マルちゃんは6歳、一茶くんは3歳に。一緒に散歩したり、一緒にベッドで寝たりと、相変わらず微笑ましいふたり。マルはペットじゃなくて家族だと言う一茶くんにウルッときた。

  • 写真と言葉に癒されます!無垢な姿、貴重な時。
    言葉は多くなくとも、優しく語ってくれています。

全4件中 1 - 4件を表示

えがおのゆくえ ~Maru in Michigan~の作品紹介

変わらない大事なもの。それは、君の存在が育んでくれたやさしい心。柴犬マルと3歳になった一茶くん。時には一茶くんがお世話をするほど対等になった二人は、今日もミシガンの美しい自然の中で共に笑い、遊び、眠ります。大きくなるにつれ、世界は広がっていくけれど、変わらないのは「大好き」の気持ち。ふと幸せを感じられる、お母さん目線で描いたフォトエッセイ。大好評シリーズ第3弾!

えがおのゆくえ ~Maru in Michigan~はこんな本です

えがおのゆくえ ~Maru in Michigan~のKindle版

ツイートする