学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室

  • 33人登録
  • 4.13評価
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 新潮社 (2015年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103343622

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田村 学
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
北野 武
有効な右矢印 無効な右矢印

学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室の感想・レビュー・書評

  • 全国的にも荒れていると言われる北九州の小学校で、学級崩壊したクラスを立て直し続けてきた菊池省三。そんな彼が、小学校教師として最後の学級を担任した2年間を、教え子である著者が追いかけたドキュメンタリーです。1人も見捨てないという子ども達への愛情に、教師という職業の偉大さを感じます。

  • 学級に在籍するひとりの男の子の成長を軸に、子どもたちの2年間の変化にふれることのできるノンフィクション。

    菊池省三先生の存在感、余裕のあるさじ加減、子どもたちから見た先生の姿、戸惑い、そして成長。

    集団の中で子どもが成長していくことの素晴らしさ、学校だからこそなし得る実践に、何度も息をのみました。

    公教育の可能性を感じることのできる一冊でした。

  • この本を読んだら、みんなきっとこんな先生に小学校の担任を持ってほしかったなと思うんやないかな。ちなみに私は思いました。(笑)教師として子どもと向き合う、私には絶対にできないやろうなあ。やから教職の方をとても尊敬するのですが。

  • 菊池先生の教職最後の2年間、その教室で変わっていく子供たちの姿を追ったドキュメンタリー。
    菊池実践の具体像が見えて大変興味深かった。

  • 教育に力を見た
    教育を通じて何を育てるのか

  • 自己肯定感と、自分を成長させる力、その他諸々、教え育てることは数々あれども、何より一番大切なのは、クラス内での高め合いを生み出すためのアプローチですね。それにしても、新潮社から出ているのね、この本。

全6件中 1 - 6件を表示

学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室を本棚に「積読」で登録しているひと

学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室の作品紹介

どんなに荒れた子供でも、クラスの誰一人、絶対に見捨てない! 本邦初公開、菊池メソッド実践編。北九州市の公立小学校で、崩壊した学級を次々と立て直してきた 〝スゴ腕〞教師・菊池省三。「ほめ言葉のシャワー」「成長ノート」など「言葉」を重視した独自の授業は、果たして、どんな子供も変えられるのか――。クラス全員の成長を目指した教師生活最後の2年間に、29年前の教え子が密着。渾身の教育ドキュメント。

学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室はこんな本です

学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室のKindle版

ツイートする