寝台特急「サンライズ出雲」の殺意

  • 31人登録
  • 2.88評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 新潮社 (2012年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103344278

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西村 京太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

寝台特急「サンライズ出雲」の殺意の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暗殺。政治家。これが事実なら小説より奇なりなんだけど、小説だしなぁ…。首相暗殺のウワサの出所も全くわからないっていってる人に暗殺の動きがどこにも全くないんだと言われても。あんまりサンライズ出雲関係なかった。

  • サンライズ出雲の車内で・・・はなくて、出雲地方の私鉄である一畑電車の車内にて読了。
    タイトルにある、サンライズ出雲号は、あんまり関係なくストーリーが進んで行きまして、最後のところでなんだか畳み掛けるような急展開で終了。
    なんと言いますか、昔の地上波での野球中継が放送終了時刻が来て「それでは皆様このへんで」みたいな感じで終わるのにも似たような印象を受けてしまいましt。

  • 殺し屋に殺人の依頼があったが,予定の場所には頼まれた人以外の人が登場する。
    殺し屋が逃げる列車で不安に感じて下車したら,爆破事件がある。

    謎が謎を生む展開。裏切りがあったのに,同じ依頼人からの話に乗るところが不自然。
    総理大臣も出て来て,あわや社会派小説家とおもいきや,肩透かしをくらう。
    雑誌の連載を単行本にするときには,最後に少し補足説明があると嬉しいかも。

  • 予想外にスリリングで面白かったです。
    殺し屋の加藤は、ベンチャー企業の社長を殺すよう依頼されますが、手違いで社長が通っているクラブのママを殺害してしまいます。
    その後、依頼人が切符の手配をしたサンライズ出雲で逃亡。
    しかし、そのサンライズが爆発!加藤はなんとか難を逃れましたが、明らかに自分が狙われていて…

    謎の女が出てきたり、依頼人の意図がわからなかったりしながら、十津川警部サイドと加藤サイドが交錯していき、最後の最後にどんでん返し!
    「えー!?」と驚かされているうちに、ブツ切りで話がおわってしまい、呆気にとられてしまいました。

全4件中 1 - 4件を表示

寝台特急「サンライズ出雲」の殺意を本棚に「読みたい」で登録しているひと

寝台特急「サンライズ出雲」の殺意を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

寝台特急「サンライズ出雲」の殺意を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

寝台特急「サンライズ出雲」の殺意を本棚に「積読」で登録しているひと

寝台特急「サンライズ出雲」の殺意はこんな本です

ツイートする