南紀新宮・徐福伝説の殺人

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 新潮社 (2013年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103344285

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

南紀新宮・徐福伝説の殺人の感想・レビュー・書評

  • 歴史系十津川警部。
    徐福伝説を巡った事件と思わせつつ、
    意外な方向へ事件は展開していく。

    連載誌の都合なのだろうとはおもうが、
    最後が尻切れで終わっているのが不満。

全1件中 1 - 1件を表示

南紀新宮・徐福伝説の殺人の作品紹介

徐福マニアの社長が殺された。秦の始皇帝の命を受け、不老長寿の薬を求めて旅立った徐福。その上陸伝説は、今も日本各地に残る。現場から消えた大学准教授を追って、十津川警部は徐福ゆかりの南紀新宮へ。古代の伝説に隠された巨大な秘密とは?著者デビュー五十周年&十津川警部登場四十周年を飾る最新トラベルミステリー。

南紀新宮・徐福伝説の殺人はこんな本です

南紀新宮・徐福伝説の殺人の文庫

南紀新宮・徐福伝説の殺人のKindle版

ツイートする