神戸電鉄殺人事件

  • 29人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 新潮社 (2016年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103344315

神戸電鉄殺人事件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひと駅乗っている間に寝込むだろうか?また、乗った電車が終点までいくからと安心するって、初めて乗る路線だったら乗り換えがあることは確認すると思う。ちょっと無理がある。十津川警部が泣くよ~

  • これで最後? 戦後70年シリーズ カンボジアから持ち出された仏像

  •  いやぁ,素晴らしい,コレはヒドイ,もう笑うしかない.西村京太郎氏の小説読むの三十年くらいぶりなんでその間や最近の傾向を知らないので評価2にしたけど……1でいいよね,これ.
     なんというか,平易で読みやすいラノベですよね,これ.説明書きみたいな状況ばっかり語られているから,小説ですらないのかも,トリックとかサスペンスっぽさも特段なく……あ! ちゅう間に読み終えられた.面白かったけどね.
     映像(勿論私にとっては渡瀬恒彦氏と伊東四朗氏なのです!)になったらちゃんとまともに見られる(それでも西村京太郎スペンスは実に軽く簡単にカジュアルに人をサラッと殺すのだけど!)ものに仕上がるのだろう,なにより神鉄が出てきてくれることにワクワクするではないか?
     まずのっけから“よく見ると、新幹線の新神戸駅、神戸旧居留地、そして、神戸電鉄の写真である。”うわぁ違和感バリバリやぁ,新神戸駅はまだいいとして,本編に出てこないけど旧居留地もまぁいいとして,「そして」の接続詞でまで繋げられて出された“神戸電鉄”である……それ,小説の題名なだけやからやん!?
     車掌が登場しているが,有馬温泉-有馬口で車掌乗ってるかいな? 乗っていない,ワンマン運行だからね.通勤時間帯ならばわからないが,その時間帯ならばむしろ新開地直通だ.―新開地といえば,まぁここは「新開地まで来てくれと呼び出されたからだろう」と十津川も推測しているからそれでいいんだけど,神戸外から来た人が有馬温泉から新開地に用事があって新開地まで乗る……なんてこともほぼあり得ないだろうよ,あるとしたら三宮までだろうけど,それなら大抵谷上で乗り換えるだろうしな,テツでもない限り.閑話休題.― 一区間を死体を載せて何往復も……とか書いてて,ワンマンならば運転手も気付かずそれもあり得るだろう,ならば車掌をそこで出してきたらあかんし,3両編成(休日は4本に1本4両編成だけどね)の中でどこで誰にもわからないように殺せるんだろう? 悲鳴の一つも上げずに,まぁ間にトンネル一つあるからその間で殺したとして,一人は床に突っ伏して,一人は座席に腰かけた状態で遺体が見つかっている……あまりにも何のひねりもない,疑問とツッコミしかわかない鮮やかな殺人.
     そして,なにより……オチもなく……いや,確かにオチはあった,むしろオチしかなかった,オチのためだけに書かれたというべきかもしれない,オチを言いたいがためだけに183ページを割いたとしか言いようがない.不満,そう不満しか残らない「え? なに? 続きは? あれ?」思わず上巻とか書かれているのかな,下巻はないのかな? 何度も見返したよ,ええ.

    神戸電鉄である必要どこもないやん!?

  • 160508

  • 神戸が舞台・・・とのことだったけど、何だか消化不良。神戸異人館、有馬温泉、神戸電鉄は出てきたけど・・・トリックというわけでもないしなあ。ものすごーくあっさり読み終わった作品。

全5件中 1 - 5件を表示

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
又吉 直樹
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

神戸電鉄殺人事件の作品紹介

異人館で、東京駅で、神戸電鉄の車内で十津川警部が大胆不敵な連続殺人に挑む! 神戸の異人館で、プールに浮かぶ若手女優と会社社長の死体が発見された。横浜でロケの予定だった女優が、なぜ神戸で殺された? さらに彼女の超高層マンションを訪ねた五人の男女が次々に殺され、事件現場は東京駅から、遂に神戸電鉄の車内へ。十津川警部が見出した、被害者たちを繫ぐ長い線とは? 長編トラベルミステリー最新刊。

神戸電鉄殺人事件はこんな本です

神戸電鉄殺人事件のKindle版

ツイートする