琴電殺人事件

  • 14人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 新潮社 (2017年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103344322

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
池井戸 潤
万城目 学
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

琴電殺人事件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気になること。①橋本は結局ボディーガードをやったのか、とか、②西本刑事はどこに行ってしまったのか、とか

  • 題名から購入。あっさり読み終えた。2017.8.19

  •  西村京太郎さんの作品は、ドラマではよく見るんだけど、意外にも原作はあんまり読んだことないです。

     でも、読んでみて分かった。
     内容うっす!
     あまりに内容が薄くて、ちょっとビビった。

     最終的に明かされることとか、全然伏線とかなく、唐突に十津川さんが語り始めてるし。
     捜査の内容も、ホントに警察がやってるのかと思うほど、あっさりしてる。
     脅迫事件の捜査が話のメインぽかったから?
     それにしても謎解き感が全然なかった。
     トリックとかアリバイ工作とか、二の次? そこはどうでもいい?
     そもそも、十津川さんたちが、何も考えてないように見える。

     あと、ラスト…。
     何でベテラン刑事である十津川さんが、そうなることを全然予測できなかったの?
     普通そう思うでしょ。
     スッキリしない…。

  • 170416

  • 十津川警部シリーズ。今回の事件の舞台は、琴電こと高松琴平電気鉄道。 表紙には、レトロ車両の5000形500号(昭和3年製造)が。渋い。こんぴら歌舞伎や二宮忠八などの地元ネタも盛り込んで、ローカル感たっぷり。ただ、十津川警部が多忙のために讃岐うどんを食べられなかったのが残念(笑)。

  • 2017/2/19 11読了

全6件中 1 - 6件を表示

琴電殺人事件の作品紹介

琴平に行けば人が死ぬ――予告通り、事件は「琴電」で起きた。歌舞伎界を揺るがす連続殺人の真相は? 香川県琴平町に現存する日本最古の芝居小屋、金丸座。年に一度の「こんぴら歌舞伎」に出演する人気役者に執拗な脅迫が。歌舞伎界の確執か、女性関係か。遂に琴電琴平線の車中で起きた毒殺事件。東京の会社社長殺しとの関連は? 因習と嫉妬が渦巻く歌舞伎界の謎に、十津川警部が挑む。長編トラベルミステリー最新作。

琴電殺人事件はこんな本です

琴電殺人事件のKindle版

ツイートする