ポエムに万歳!

  • 198人登録
  • 3.27評価
    • (5)
    • (22)
    • (33)
    • (9)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 小田嶋隆
  • 新潮社 (2013年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103349518

ポエムに万歳!の感想・レビュー・書評

  • マンションや車の広告、J-POPの歌詞などで、いま「ポエム」と呼ばれるものが増殖している。
    小田嶋流に定義づけるならば、それは「書き手が、詩であれ、散文であれ、日記であれ、手紙であれ、とにかく何かを書こうとして、その『何か』になりきれなかったところのもの」となる。
    「人は、『言葉』だけを受け止めているのではない。その言葉を発している人間の境涯や、歌っている歌手の全人格を含み置いた上で言葉を聞いている」……確かにその通りである。

    それにしても、いま言われているポエムの原点が、中田英寿氏の引退メッセージであったとは。検索してあらためて読んでみて、「ああ……」と苦笑してしまった。もちろん当時、あれを読んで感じ入っていた自分に対しても、である。

  • 小田嶋さん。
    最近ヤキがまわったと思う。

    最も好きな物書きだったのだが。ヤキがまわった。

    この本は過去に発表した文章をまとめたものだが、初期のものは、古館氏のしゃべりや中田氏の引退時のポエムへの違和感を切り取っていて痛快ではあった。

    しかし。
    段々「昔はよかった」的な言説が増えてきており、また、それに自分も気づき、「年を取ったせいか」などと言い訳までしてみせている。

    最近の小田嶋さんのTwitterもそうだが、現体制に対する批判のような、「左派」のやる十八番芸の片棒を担いでいる姿には無残なものしか感じられない。

    ま、この感想からして「昔はよかった」というのがさえないところだけど。

    復活を心より願う。

  • 途中でポエムの話じゃなくなって、個人的ないらつきがただ書かれている本だった。

  • 昔好きだったコラムニストなのでちょっと期待していたのですが、そういえば小田島、すっかりくだらない人に成り下がっていたのでした。
    ポエムの章は面白かったんですが他はクソみたいな文章の垂れ流しでしたね。

  • 興味があってとても読みたくて買ったのに、読んでみるとそんなにおもしろいと思えなかった

  • 現実を直視したくない人たち同士を埋める言葉というのは、ポエムしかないわけです。逆に、それは直視しないという約束で成り立つんです。ポエムにするときに、英語を使ったり、片仮名でまとめたりすると、許されるという傾向もあります。意味のわからなさがいいんでしょう。

    文章読本に、日本は新聞記事の見出しからして感傷が入っているとの指摘がありましたが、達人じゃない普通人が、それだけ多くの文章を公開できている、ある意味平和なのかもです。

  • 良くも悪くもコラムのまとめ。
    共感はできるんだけど理論立ってるかどうかというと…でも日頃感じていても言語化しにくい事柄をうまく切り取っていると思う。

    中田英寿、古舘伊知郎、あいだみつお、尾崎豊。キムタクとマッキー。古典教養の共有継承。ポエムマインドのコントロール。
    麻生哲朗との対談が良かった

  • SNSを眺めてて頻繁に目にするポエムとか、路上でポエム色紙を売ってるのとか、ズッ友文房具シリーズとかを、
    自分の周囲ではわりと批判する人がおらず、それどころかそういうのを大好きな人がいて、
    そういうポエムを好きな人の方が善良な市民に見えて、
    しかもウッカリすると自分もポエム的な言葉を放ちそうになったりして、モヤモヤすることがしばしばあった。

    そんなモヤモヤを的確な文章で憂慮していて、読んでスッキリした。

    表題のコラム以外にも、長野五輪閉会式の黒歴史とか、養殖されたニュースとか、「やっぱりこれってスルーすべきじゃないことだよね?批判して然るべきだよね!?」と納得することが多々あった。

    著者が自分より大分年上なのは意外。

  • ポエムと詩は違うのね。カタカナ使用の恥ずかしい散文はポエム。ニュースがポエム化と言うのは頷けた、

  • 世の中に溢れている言葉を、ポエムをキーワードに据え、クールなコラムニストの視点で分析。なるほどー、と考えさせられる一冊です。

  • ポエム、ポエマーで分類することでかなりすっきり。
    「“詩”などを書こうとしてそうならなかった何か」
    遊書に対する違和感とかがそれで説明できる。

    後半はそれ以外のエッセイで、それはそれなり。

  • 「ポエム」が気になって手に取った一冊。普段から思っていたことを結構うまいこと言い当てていて、個人的には腑に落ちた。主観的にいろんなことを言い切ってる部分が多いが、エッセイだからいいのかな。

     一番気になったパンチラインは「何かを見て面白さを発見できない人間は、つまるところ、老人なのである」だったかなあ。

  • 日本にあふれるようになったポエムに関する視点には共感でき、興味深い点も多い。しかし、みつをや尾崎のポエムに対し、山頭火や芭蕉の句を同列に並べてしまうオダジマには、そもそも詩を語る資格はない。
    彼は身の回りのあらゆる事象に対して「箱に入」り、好き勝手に批判をして解決策を提示しない。時に、自分が間違ってるのはちゃんとわかってますよ、でも言いますよ、と開き直ったり、稚拙な言葉遊びを散りばめて誤魔化し? 照れ隠し? をしたり。
    名指しでいろいろ非難するのは痛快だろうが、関係もないのに非難される当事者はたまったもんじゃないな。
    全体としてはおっさんの愚痴に終始していて、オダジマのポエムワールド全開、だ。最後にオダジマよ、「ストップ‼︎ 自分モレ。」

  • 年をとったからと、そしてコラムの賞味期限の言い訳をしながらも、ポエム化する社会への気持ち悪さに毒を吐く本。
    作品である詩と、そうではないポエムの違い。テレビにポエムを持ち込んだのは古舘伊知郎がプロレスの技法をニュースに転用してからであろう、と。僕はテレビを見ないからそれほどポエムが周りにない、と言いたいところだけれど、チラシを見ればポエムだらけだし、政治家の言葉もポエムだし、フェイスブックなんかポエムの極地なので、近頃ちょっと疎遠になってる。
    心の危機に備えた「詩」の言葉の健全な供給ルートを回復させなければならない、と述べられている。多分それは、年寄りの小言と片付けられてしまいそうではあるけれど、まったく重要な事なのである。オリンピック招致の不気味なポエムと、その前後の気持ち悪さといったらない。まあ、僕も頼まれもしないのに本の感想をダラダラと書いていて、形式こそポエムではないが根っこは一緒のような気もする。嗚呼、幾重にも気持ち悪い。

  • 団塊の話、もっとも。

  • 私生活がダダ漏れたものを「ポエム」、それを作る人を「ポエマー」と定義してるのだが、最後の対談で、こう言ってるのが全てかと。

    小田嶋 "紀貫之が古今和歌集仮名序で「その心余りて言葉足らず」と指摘しています。気持ちが強過ぎで、言葉や表現が追い付いていかないという人。思いだけで、自分勝手に何か言ってる人たち。"

    とはいえ、全てに否定的というわけでもない。テクノロジーの発展する中でポエムが漏れやすくなってる状況もあり、素人のポエムに目くじらを立ててるわけでもなく、むしろ微笑ましく思ってるよう。

    詩という表現がどんどんマイナーな表現になる中で、それに変わる何かが必要だったんじゃないかと解説している。

    全体的にプロに対しては、かなり手厳しい感じで安易なポエムや、ポエム化はくそだ、逃げだとおっしゃっていて、面白かった。

  • 「日本は鳥肌ものポエムであふれてる」という帯に惹かれて読んでみた。コラム集。
    そうそう!って共感する部分あり(笑)。

  • 説明に困る、都合が悪いことを包み隠そうとするとき、文章がポエム化するとの指摘にぐっときました。気をつけよう。

  • 俺が「サッカー」という旅に出てからおよそ20年の月日が経った。
    8歳の冬、寒空のもと山梨のとある小学校の校庭の片隅からその旅は始まった。
    ―中略―
    サッカーはどんなときも俺の心の中心にあった。
    サッカーは本当に多くのものを授けてくれた。
    喜び、悲しみ、友、そして試練を与えてくれた。
    ―後略―
    □□□
    突然ですが、本書で引用されている、中田英寿氏の引退メッセージです。
    懐かしいですが、確かにありましたね、こんなの。
    中田さんには本当に申し訳ないのですが、書き写していて思いました。
    「恥ずっ」
    って。
    小田嶋さんもこう書いています。
    「率直に申し上げて、私は気持ちが悪かった。鳥肌が立った。30歳間近の男が、ここまで臆面もなく自分語りをしてしまって、後の人生は大丈夫なのか、と、心配になった」
    納得。
    これが割と普通の感覚のような気がしますが、きょうび、このような「ポエム」が蔓延していると告発しているのが本書。
    ニュースも「ポエム」、五輪招致のコピーも「ポエム」。
    インターネットにいたっては、「ポエム」としか形容しようのない恥ずかしい自分語りで溢れかえっています。
    と書いて、自分もうっかり「ポエム」を書いていないかと振り返りましたが、まあ、恐らく書いている途中で気持ちが悪くなるので大丈夫。
    「ポエム」の神様は、やはり本書でも取り上げている相田みつを氏でしょう。
    私は生理的にごめんなさい、です。
    小田嶋さんも
    「相田みつをの詩は、そのあまりにも平易な言い回しと、どこまでも凡庸な観察で人の心を打つ」
    と痛烈に皮肉っています。
    でも、ここからが天才コラムニスト・小田嶋さんの真骨頂。
    相田みつをの詩は、日めくりカレンダー方式でトイレに吊るしてあるからこそ価値があるというのですね。
    蓋し慧眼です。
    以下、そのエピソード。
    「手ひどい酔っ払いだった30代の頃、私は行きつけの居酒屋のトイレに掲げてあった相田みつをの言葉を、頻繁に見上げる機会を持っていた。というのも、私は必ず吐くまで酒を飲む人間だったからで、ある時点から、トイレにこもることが多かったからだ。してみると、胃液まで吐いて涙ぐんだ目に飛び込んでくるみつをの言葉は、どうしたって心に染みるのである。

     つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

    感動は、受け手の心が弱っている時に訪れることの多い体験だ」
    笑いました。
    癖になります、小田嶋隆。

  • 食品偽装を扱ったコラムの中にブランド批判の一節があって、「トヨタやベンツは真似しようがないが、ファッションブランドの偽物が溢れるのは簡単に真似ができるレベルだから」という趣旨が述べられていて、全くその通りと膝を打った。

  • 志半ばにして道を踏み外して脱線してしまった文章の断片が用紙の上に定着するとポエムになる。感情に流れて文体がブレたり語尾が舌っ足らずなったり、結論が前提と関係なく屹立したりする場合も文章は途端にポエムの色彩を帯びる。本当の気持ちを隠そうとまわりくどい書き方をするのもポエム。典型例が青年誌のグラビアページ。ポエムの黄金郷である。青年の劣情を詩的感興に着地させるため、ポエムという論理によらない欲望と感情のレトリックを弄するのであると著者は説く。世のポエム化を小田嶋流に一刀両断する。

  • ニュースのポエム化、ポエム歌詞の人気、デモについて、メールについて、サポーターの熱狂と団塊の世代の罪。
    絶叫委員会みたいな感じを想像してたからちょっと硬いなと感じた。

  • 小田嶋氏は「ポエム」をこう定義する。

    ◼️p16 ポエムは、書き手が、詩であれ、散文であれ、日記であれ、手紙であれ、とにかく何かを書こうとして、その「何か」になりきれなかったところのものだ。その、志半ばにして、道を踏み外して脱線してしまった文章の断片が、用紙の上に(あるいは液晶画面の上に)定着すると「ポエム」になる。私は、そのように考えている。

    つまりは出来損ないの文章。出来損ないの文章が、今、世の中を席巻しているのだ。

    ポエムにせよネットでの誹謗中傷にせよ、"ファジーな"言い方や"ファジーな"なイメージが世の中を支配している。何か特定の論点で以って論じ合った結論、という類のキッチリカッチリした主張というよりも、「なんかそんな気がする」、というような曖昧なもの。その掴み所のない空気のようなものが世の中に蔓延している。現実世界はどんどんファジー化しているのに、ネットの世界はその主張がどんどん過激化しているという対比もなんだか面白い。

    そしてそんな"ファジーな"ものを俎上にのせてコラムにしているのが小田嶋氏なのではないだろうか(あくまで個人的な意見だが)。

    この本の元ネタは複数あるので全体で何か特定の主張をしているわけではない(ただ先述なように一定の方向性はあるだろうけど)。その時々によく論じられる時事ネタ中心なのに、切り口が面白い。これこそコラムニストの境地だろう。

全31件中 1 - 25件を表示

ポエムに万歳!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポエムに万歳!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポエムに万歳!を本棚に「積読」で登録しているひと

ポエムに万歳!の作品紹介

自分自分自分……自分語り大好き! 日本は〝鳥肌もの〞ポエムであふれてる。北朝鮮ばりのニュース朗読に説教くさ~い五輪招致コピー、野放図な自分語りはもはや私生活ストリップ……現実を直視したくない人たちの間で、意味より雰囲気重視で成り立つポエム・ワールド。個性って素敵だよね。でも演出過剰、感情過多は、邪魔くさいよね。名物コラムニストが斬る、社会の隙間の埋め草、ポエムとは?

ツイートする