BUTTER

  • 1152人登録
  • 3.54評価
    • (32)
    • (112)
    • (94)
    • (19)
    • (7)
  • 123レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 新潮社 (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103355328

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

BUTTERの感想・レビュー・書評

  • ここにオンナの一生の全てがある。
    母と娘の、父と娘の、女と女の、そして男と女の、愛と憎。
    子どもの、思春期の、適齢期の、女としての価値とその揺らぎ。
    シングルマザーの、働く女の、子を欲する女の、悩みと迷いと決意。
    その全てを濃厚なバターでくるみ、これでもかこれでもかと突きつけて来る。
    あの、木嶋佳苗の事件があった時、私は何を思ったか。なぜ多くのオトコがあの決して若くも美しくもないひとりの女に溺れ、そして死んでいったのか、と首をかしげたはず。なぜだ?と。
    なぜこんな女に、と。そこに彼女を、そして男たちを見下す視線はなかったか。
    この物語を読んでいる間ずっと、肌を突かず離れずの距離でなでる生温かい手を感じていた。気持ちよくはなく、かといって鳥肌が立つほどでもない、そのざわざわとした得体の知れない居心地の悪さは自分が木嶋がモデルの梶井真奈子にからめとられていく恐怖だったのかもしれない。
    普段、自分のためだけに食事を作る事なんてほどんどない。外に出かける予定のない休日には化粧もせずだらしない時間を過ごしている。
    私も「自分のために」何かをすることを放棄している女のひとりだった。もしもどこかで彼女と出会っていたら、間違いなくその圧倒的肉感的楽観的自己肯定感にひれ伏し、嫌悪しつつも飲み込まれていっただろう。もしかすると彼女から見放されることに恐怖し、ひたすら動かされる駒になっていたかもしれない。そしていつか彼女に興味を示されなくなったとき、この命を落としていたかもしれない。どこかでとどまらなければ、飲み込まれるなと自分を引き止める声を聞きつつ読んだ。おいしそうな料理の数々に恍惚となる、けれどその裏側に人間の恐ろしく弱い業が口を開けて待っている。
    クチから始まりクチで終わる。自分を現実につなぎとめるために今日も私は料理を作り、そして食べる。

  • 雑誌記者って職業は大変だ。
    取材対象の半生を調べ、自分がその人になってしまう勢い。
    主人公だけじゃなく、親友も半端ない。
    だけど里佳は殺人こそしないけど、梶井を超えた気がする。

    タイトル通り、とっても濃い内容だった。
    私は本当に美味しいバターを食べた事はあるのだろうか・・・

  • 木嶋佳苗をモデルにした連続殺人犯梶井真奈子と、獄中の彼女に人生を狂わされる女性記者、里佳とその友人で妊活に悩む玲子。3人の女性の物語は、読み進めるにつれ濃厚に展開していく。カジマナが愛して止まなかったバターのように。女性として生きていくときに課せられるハードルやレッテル。そんなものに立ち向かう2人を、奔放な獄中の女が翻弄する。「羊たちの沈黙」のような印象。実際の事件を下敷きにしながらも、この小説で語られるのは今を生きる女性たちの生きる息苦しさ。いくつかエピソードが多い気もして、読み進めるのが苦痛なところもあったが、筆致は見事。他の作品も読んでみたい。

  • 濃密、という言葉がぴったりの作品だと思います。
    460ページなので長編としては標準的なページ数だと思いますが、読み終えるのにそれなりに日にちを要しました。
    面白くなかったとかいうわけでは全然なくて、どんどん読み進めるタイプの作品ではなかったからです。
    とにかく主人公を含め、カジマナに翻弄される人たちの心情の揺らぎがリアルで、かつ重い。
    本書は個人と世間体といわれるものとの距離感の取り方もテーマの一つになっていますが、自身の常識、価値観と照らし合わせて読むとより心に響くと思います。
    柚木さんって読者の気持ちをぐらつかせるのがうまいですね。
    個人的には物語中盤、主人公の友人の女性が単身である行動を起こすところが読んでいて一番スリリングで面白かったです。
    ただ、それ以降はやや平板というか、心情の変化という意味では予想を超えるものではなかったかな。
    物語の展開自体はカジマナの復讐があったりしてそれなりに起伏に富んではいるものの、できればもうひと驚きさせて欲しかったと思いました。
    それでもこのテーマを描ききった柚木さんの勇気に敬意を表して、星5つとさせていただきました。

    それと、本書は装丁も素晴らしいですね。表紙の紙質もこれしかない!っていう手触りでGOODです。

  • 記者と殺人容疑者のやりとりで、前半は面白く感じたが場面が進まず、特に大きい事件も起きず、話が長く感じた。記者の心が変化していくのを楽しむ物語なのかなと思った。食べ物に関する記述が多く、作者が食べたかったのかな?と思った。美味しいバターを、いつか一度食べてみたいと思った。

  • 面白い‼
    冒頭よくある女友達の話かと躓きそうになるがカジマナが
    登場すると一転引き込まれた‼
    やり手週刊誌記者の里佳はスレンダーで食に関心ががなく、荒れた肌で潤いがない。拘置所の中の梶井真奈子はデップリ太って白い柔らかい肌で潤っている。取材の為カジマナの言うとおりバターを食べた里佳はその美味しさに取り込まれて行く。
    カジマナと親密な関係に近づくにつれドンドン太って行く里佳。
    食堂カタツムリは誰かの為にその人の為の料理を作ることで癒されていく話。こちらは自分の欲望のまま食べる。どっちも食や料理の話だけどまったく違って、両方面白い❗

  • バターというタイトルに引きずられたようなこってり感、どろっと感のある作品。
    毒を持つ女とその毒に当てられた女と、女とか夫婦とかの生き方在り方に囚われた人たちのお話。
    寒い時期に読んだ方がいい。

    濃厚で朝方まで読み耽ってしまいました。

    2017.10.8

  • とにかく重量のある作品。
    読み終えるのにすごく時間かかったなぁ。
    なんだか、殺人自体はどうでも良くなってくる
    男の人たちも幸せだったのかもなぁ
    なんて、思ってしまう。

    柚木さんってこんなに文章力があったのかと
    改めて感じた。
    バター醤油ごはんしかり、
    食べ物の描写はすんばらしかった。
    こんなにバラエティに富んでいて
    的を得るのはすごいことだと思った。

  • ▼どんなに美しくなっても、仕事で地位を手に入れても、仮にこれから結婚をし子供を産み育てても、この社会は女性にそうたやすく、合格点を与えたりはしない。こうしている今も基準は上がり続け、評価はどんどん尖鋭化する。この不毛なジャッジメントから自由になるためには、どんなに怖くて不安でも、誰かから笑われるのではないかと何度も後ろを振り返ってしまっても、自分で自分を認めるしかないのだ。(p.425)

    単行本で450ページ余りの小説は、読もうと思えば一晩で読めるが、日々の疲労感が強く、数日かけて読んだ。冒頭の数十ページを読んだときには、バターがおいしそうでおいしそうでたまらなかった。仕事帰りの電車で、立って本を読んでいたら、前の席に座っている人がエシレの紙袋を持っていた。(あの中にはバターが…?)と思いながら、バターがこってりと出てくる文章を読んでいた。

    『蜜蜂と遠雷』(http://we23randoku.blog.fc2.com/blog-entry-6004.html)を読んで、文章で音楽を描けることにおどろいたように、食べるもの、口から入れて自分の身になるものを描いていく表現力にまず惹かれた。

    読んでいくうちに、多かれ少なかれ「ジャッジされること」にさらされている女の位置を思い、自分はどうかと振り返り、登場人物の言動にどこかで自分を重ねるところがあった。そういうものに、時にはがんじがらめになってしまう。どうにもこうにも動けない気がしてしまう。そんな経験をしている女がほとんどではないかと思う。

    そんな縛りから自由になるすべは、自分自身のうちにあるのか。風穴を開けるてだては、自分でつかみ取れるのか。

    参考文献の1番にあがっている『毒婦。』(http://we23randoku.blog.fc2.com/blog-entry-4449.html)は、5年前に読んでいた。

    柚木麻子『BUTTER』新潮社
    http://amzn.to/2xKxFGG

  • 3人の男を殺した容疑者の女へインタビューを試みる週刊誌記者が、どんどん容疑者の不可思議な話術に嵌っていき変化していきながらも、事件の真相、容疑者のほんとうの姿をあぶりだそうとする物語。

    実際の事件をモチーフに、掘り下げたのは「なぜ男たちを殺したのか」ではなく、「彼女はどういった女だったのか」という部分。魔女のような得体のしれない存在として興味を惹いた彼女を、あくまで生身の一人の女として扱い、彼女がいったい何を考え、そう疑われるに至ったか、を解明していく物語だと、そう感じました。

    さんざん弄ばれた記者が、終盤に至って「可愛いと思った」とぽつりと言うところがありましたが、そこで容疑者の彼女の姿が解明された、ああいろいろ思い悩み苦しみ喜びもするただの一人の「女」だったんだ、という理解に及んだのでした。もっとも、それでも彼女がしたたかすぎる特異なキャラクタの持ち主なのは、間違いないのですが。

    それにしても女の心情を描かせたらドロドロも爽やかも巧い作者だと感心するばかりなのですが、今回は食事の描写も力が入っていてお腹が減るのを感じるばかり。

    いろんな食材にじんわり染み込み姿をなくしつつも、その独特の主張は消えないバター。この世の中で生き抜いていくうえで、そんなバターの持つ「コク」のような存在感を持っていければな、と思ったりもしました。

  • 2013年に捕まった首都圏連続不審死事件という戒名の木島佳苗事件をモチーフにした物語。

    週刊秀明の記者、町田里佳はスクープを連発する敏腕記者。彼女が梶井真奈子の事件を追っていくうちに、梶井の追体験を経験して崇拝していってしまう。しかしそれを止めようと親友の伶子が体を張って突っ走り止めようとする。突っ走るあまり、自分も梶井の罠にはまる。
    その後の取材により、梶井真奈子の心の闇を正確につかめるようになる。
    その心の闇とは、自分が大嫌いな女性と友達になりたいけどなれなかった…という悲しいお話。
    無事に梶井からのインタビューを勝ち取り、連載にこぎつけ、週刊秀明は完売と勢いにのる。
    そこからまた梶井真奈子の復習が始まり、里佳は他社に逆に嘘を書いた記者として掲載されるという罠にはめられ、記者からとりあえず離れることになる。
    しかし、里佳は諦めることはせず、梶井にできなかった10人前のターキーを焼き決意表明をする。

    小説の中では梶井真奈子は殺人をしたかははっきりしなかった。そこがいいのか悪いのかもやもやとする結末だったけど、とても面白い物語だった。
    物語も色々と完璧に構成されていて、ん?と感じる矛盾が全くなくて、なるほどなるほど。と思えるものだった。
    ひょっとしてこれがこうなって……という期待を見事に裏切り完結していくいい意味の肩透かしを食らって楽しかった。

    重ねて、この作家さんの食の知識が素晴らしい。
    この本を読んでいる時、マネしてバター醤油ライスを食べました。そしてウェストのバタークリームケーキを食べたくなり、新潟のルレクチェも食べてみたくなってしまった。
    困るくらい、おいしそうな物語を書く。

  • 強烈で濃厚だけど緩急までつけてくる、本当にこってりしているけどあっという間に溶けてしまうバターそのものみたいなお話だった。途中でやめられなくて朝方までかかって読み切ってしまった。

    女性という性、社会や人々の目、欲望、寂しさ、見栄、仕事、そういうものはぐちゃぐちゃに混ざって人の中にある。ひとつずつじゃなく。そして他人から影響を受けて考えや行動が変わってしまうからこそリアル。人格をぶれさせずそれを描くってすごいなー。そしてこれを書くという勇気。ものすごいなあ。代表作と言えるのではと思いました。ものすごい。

  • 「人は見たいと思う現実しか見ない」とはガリア戦記でのカエサルの言葉ですが、2000年経ってもこの真実は変わらない。連続殺人犯の梶井真奈子の物語には都合の良い「現実」に溢れている。その中から何を切り取って読者に伝えるのか、週刊誌記者の町田里佳との真剣勝負に親友が割り込み、物語は展開していく。
    それらの時間のかかるプロセスを彩るのが、バターをふんだんに用いた料理の数々と、女性の人間関係を巡る葛藤。筆者は女性の生き難さを様々に挙げつつ、特に男に対してはかなり否定的。登場する五組の夫婦のうち、三組が離婚乃至破綻しているというのは、筆者らしいリアリズムも少し勢い余った感すらある。
    里佳がカジマナの勢いに押され感化される前半から、その正体に辿り着きつつ自らの生き様を見い出す後半へ。ここに共感できるかどうかでこの本の評価が変わってくるのだけれども、個人的には若干の退屈感は否めなかった。小説の終わりに救いなりカタルシスなりを求めるのだとしたら、女性にはともかく、男性には少し苦味が残る。それを筆者らしいリアリズムと感取できるかどうか。

  • BUTTERというだけあって全体的に重かった。心理描写が上手だと思いますが重かった。
    確かに「適量」「家庭的」って何でしょう。いろいろ欲望に正直にする大切さも考えたりしながらどうにか読み終えました。

  • 犯罪がどうとかではなく、女性の抱えるものがいろいろ描かれていて心に刺さるものがたくさんありました。
    食べ物の描写に美味しそ〜と思いながら、登場人物たちの思考を汲み取るのが難しくてずっと考えながら読んだ気がします。
    あらすじを読んで想像したほどドロドロしてなくて、事件の決着とは関係なく、なんだか前向きになれる作品でした。

  • 女性の友達関係を描いたもの。バターこってり。文字も詰まっているし、バターの重みを感じるので、意図して書いているのなら、私はうまく絡め取られてしまったよ。バターは精神的にも体質的にも弱いし(じゃあ、読むなって話ですけど)、バターがたくさん出てくるし、会話、心理描写に少々うんざり気味でした。『ナイルパーチの女子会』と『奥様はクレイジーフルーツ』を足してにバターをたっぷりかけたような作品かなあ。相変わらず、猪突猛進タイプの女性、真面目すぎる女性、歪んでいる女性が登場。オーバーだけれど、いそう。会話でどきっとすることがいくつかあったけれど(うまく捉えてて)、結局のところ、読んで圧倒されたというのはなかったかな。
    柚木さんは食材もの多いですね。グルメな方?
    最後だけは綺麗にスッキリです。

  • うわー、木嶋佳苗ときたか~~!!!
    「カジマナ」と呼ばれる被告を女性記者が取材し、彼女に翻弄されていく様はオソロシイ。ハンニバル・レクターか!?w

    そして、木嶋佳苗は支援者を通して、今もブログを更新中とのこと。支援者って・・・( ̄▽ ̄;)
    そういえばこの人、獄中結婚してたな~。あいかわらず、モテモテっすねw

    それにしても、出てくる食べ物の美味しそうなこと!
    ただ、七面鳥あたりになってくると、だんだんめんどくさくなってくるけどwwwww

    まぁ、なんちゅうか、満腹です。ハイ、お腹一杯で胸焼けしてますwww

  • 全体的に気持ち悪い。読みにくく退屈で何度も中断、漫画に逃避しまくりました。何人もの男性を騙し死に追いやった木嶋佳苗の事件をモデルに描かれた今作。木嶋佳苗どころかゴシップ記事に全く興味がないので、こういう事件や人物に人々が虜になり影響される理由が分かりません。ましてやマスコミという他人の人生を踏み荒らすような仕事をしている主人公が毒婦カジマナに翻弄され不幸に陥れられても、同情もできないし共感もできませんでした。最後まで好きになれない作品でした。

  • バターの波はこってりと重たく、もがけばもがくほどに纏わりつき、早く読み終わりたいのに、絡みついてなかなか進めない。
    精神的にかなり追い詰められたのは久しぶりで、なかなかにしんどかった。
    そして、苦しんだ割に何も実が残らない。

  • とても読み応えのある一冊。
    タイムリーに死刑判決がくだったばかりの、木嶋佳苗事件を元にしたフィクションということでした。
    週刊誌記者の里佳が、事件の真相や背景、梶井真奈子いう女の生い立ちや闇に迫るべく、彼女にインタビューを重ねていく。
    実在する犯罪者を美化するような話って嫌悪感がものすごいのですが、この小説はなんだか切実に読んでしまいました。
    梶井真奈子というフィルターを通して我が身を省みるような気持ち。
    里佳と怜子もそうでした。彼女のほとばしる生命力と欲望に圧倒させられている。
    取材の福井旅行を終え、東京にもどってからがどんどん面白くなっていきます。
    事件の、里佳と怜子の、それぞれが抱え込んできたものの核心部分がバターのようにとけはじめているのが分かります。
    柚木麻子らしくないテーマだなと思ってましたが、全然そんなことなかった。女の持つ危うさや本心、生きにくさをとんでもなく鋭い眼差しで炙りだしている。

    そしてこの小説の半分は占めているのではないかと思うほどの、料理と食事シーンの描写は垂涎ものです。
    思わずため息をついてしまうほどおいしそうで香りたっている。さすが!

  • 平成の連続不審死の容疑者として、逮捕された木嶋佳苗をモデルにして描かれた作品と言うことで、気になって読んだ1冊。
    奇しくも、この作品を読み始める2日前に死刑確定判決が出たばかり。
    しかし、読んでみると、彼女が殺人に至った心理より、彼女がこだわっていた料理などの話がメインで、最初の100ページ近くまでは、ずっとバターの話。タイトルになっているくらいなので、こだわりがあるのは、理解出来るけど、正直、そこで脱落しそうになってしまった…
    週刊誌の記者・里佳はカジマナこと梶井真奈子の独占インタビューを取るために、彼女に接触する機会を狙っていたが、ずっと受け入れてもらえない日々を送っていた。そんな時、料理上手な友人のアドバイスで、手紙に「料理のレシピを教えて欲しい」と書いたことから、二人の交流が始まる。しかし、交流が深まるごとに、梶井に陶酔していく里佳。そこからラストまでは、どんなふうに展開していくのか、読めなくなり、結局最後まで読了。予想してたラストではなかったけど、最初に比べたら、かなり不快感はなくなった読後だった。

  • バター、買いました。バター醤油ご飯、作って食べました。
    序盤〜中盤は出てくるご飯もシンプルで、梶井が言っていることもシンプルでぐいぐいよめた。怜子が暴走したあたりでだんだんついて行けず、サロンドミユコの料理パートは???ってなってしまった。
    思った以上にボリュームがあった。
    色々な話、色々な角度が入り乱れていて、なかなか混乱するけれど、それでも先が気になって読んでしまった。

  • どの事件がモデルなのかは読んですぐ分かってしまうけれど
    柚木さんなりの視点で今を生きる人の孤独や生きづらさ、付き合いのむずかしさを描いている。
    ちょっとした心のひずみ。人間関係の危うさ。
    でも、その先にある希望や可能性を捨ててない。
    そう言うところがすごくうまい。

  • 興味本位で借りて読んだ1冊。
    ちょっと期待はずれやったかなぁと。

  • 自分としては視点をどこに置くべきなのかよくわからない作品だった。前半の梶井という女性から木嶋佳苗を想像しその人物像を描きたかったのか。それとも後半の女性記者の成長物語を描きたかったのか。
    そもそもこの梶井が疑惑を持たれている事件の詳細があまり出てこず、ただひたすらに料理に梶井の本当の姿を求めているので事件のリアル感があまりない。同じ経験をすることでわかることもあるという点はわかるが、調べ尽くしたとは言え現実には記者としてもっとそれぞれの事件の背景を調べる部分がもっとあっても良かった気がする。だからあんなラストになったのだと言いたかったのかもしれないが、時折必要があるのかわからない、それこそバターみたいにくどい表現力でこれだけのページ数はちょっときつかった。共感する女性はいると思うし娯楽小説としては面白いのかもしれないが、せっかく木嶋佳苗という何かと注目されている人物を題材にするなら前半の勢いのままにもっと違う描き方があったような気がして何だかもったいない気がした。

全123件中 1 - 25件を表示

BUTTERを本棚に「読みたい」で登録しているひと

BUTTERを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BUTTERを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BUTTERの作品紹介

木嶋佳苗事件から8年。獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく――。男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、梶井への取材を重ねるうち、欲望に忠実な彼女の言動に振り回されるようになっていく。濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説。

BUTTERのKindle版

ツイートする