BUTTER

  • 658人登録
  • 3.61評価
    • (11)
    • (36)
    • (29)
    • (4)
    • (2)
  • 41レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 新潮社 (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103355328

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

BUTTERの感想・レビュー・書評

  • 木嶋佳苗!いたな、そんな人。後ろの参考文献見てようやく名前思い出した。そう…たしかに太ってるし美人でもないしなぜ?と思ったの覚えてる。
    事実を基にしてるせいかもしれないけど、半分ノンフィクション読んでるような感覚があった。

  • 「バター醤油ご飯を作りなさい」連続不審死事件の容疑者梶井真奈子。彼女に近づくため、主人公里佳は美食をしまくる!読むと胸やけしますが、やめられないおもしろさ。 P.N.必須アミノ酸さん

    OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000089610

  • 本のカバーの手触りからもったりとしたバターの雰囲気が出ている。
    ページを捲ればこれまた濃厚な黄色のバター風味たっぷり…お腹が空いている時に読めば美味しそうなご飯の描写に涎が出る。
    中盤からはどんどん木嶋の罠にはまるようで苦しい…何が正解で誰が正しいのか。女が成功するためにするべき事や正しいことが何か、もう息苦しくて堪らなかった。
    自分の欲に正直に生きることは素敵だと言われるのにも関わらず、何故か欲望のままに生きれば批判される世の中。自分の思うように生きて行くことはなんて難しいことなのか。
    それでも沢山の傷を超えて人は強くなるし血となり肉となっていくのだなと読後に思った。

  • ちょうど読み終わったこの作品,今日の新聞を見たら直木賞候補になっていて驚いた。アッコちゃんシリーズの印象が強い作者さんなので,料理を餌にした家庭的な雰囲気で男達を餌食にしている婚詐欺師…ぐらいの軽い気持ちで読み始めたが。彼女に振り回され闇に引き入れられる周囲の人物

  • 単行本のカバーがしっとりしていて、butterを意識したと思われる装丁。

  • うわー、木嶋佳苗ときたか~~!!!
    「カジマナ」と呼ばれる被告を女性記者が取材し、彼女に翻弄されていく様はオソロシイ。ハンニバル・レクターか!?w

    そして、木嶋佳苗は支援者を通して、今もブログを更新中とのこと。支援者って・・・( ̄▽ ̄;)
    そういえばこの人、獄中結婚してたな~。あいかわらず、モテモテっすねw

    それにしても、出てくる食べ物の美味しそうなこと!
    ただ、七面鳥あたりになってくると、だんだんめんどくさくなってくるけどwwwww

    まぁ、なんちゅうか、満腹です。ハイ、お腹一杯で胸焼けしてますwww

  • 練炭殺人事件の犯人をモデルにした物語であるが、取材に来た記者に対して食事の並々ならぬこだわりを話し、記者を自分の言うがままに翻弄させてしまうのが印象強かった。バターをメインにした料理が出て来て、バターにもこだわり、犯人の女が通っていたとされる料理教室の話など、事件との関連性を結びつけたり、それぞれの人物の生い立ちや心に抱えているものをプラスして本筋に繋げているのは良かった。高級バターへのこだわりは庶民に手が届かないと感じたり、拘置所の御節も豪華なのに驚いてしまった。

  • 請求記号:913.6/Yuz
    資料ID:50087048
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 柚木さんの本は好きなんですが、これは思っていたのとは違ったかな。面白くないわけではないけど。

  • 3.9
    連続殺人事件の被告・梶井真奈子を取材する雑誌記者・町田里佳は、その取材過程で、真奈子の異常な磁力によってその世界観に引き込まれていく。
    不妊に悩む親友・伶子。恋人・誠。特殊な関係を保ちながら情報提供してくれる大手通信社の編集委員・篠井。同僚・北村、アルバイト・内村有羽。
    人は、見たいものだけを見、自己肯定のみで生きるのが幸せなのか・・

  • 初出 2015〜16「小説新潮」

    普通の小説3冊分くらいの重たさと深さを感じ、読むのに1週間もかかった。(ナイルパーチは挫折したままだが)

    結婚をちらつかせて交際相手を次々に殺したとされる女性がモデルのカジマナを、週刊誌の女性記者が、もっと知りたいと取材、面会を続け、どんどん振り回されていく。

    カジマナが食べたいものを代わりに食べ、作った料理を再現していくなかで、女性が、社会の中で、男性の前で、女性の前で、家族の中で、感じる生きづらさを、自らの生い立ちも含めてなぞるように考えていく。
    協力してくれる親友が、鬱屈を抱え、カジマナにそそのかされて突拍子もない行動に出る展開は、すわサスペンスかと驚かされる。

    主人公がズタズタになっていくにつれ、どう終わらせてくれるのかがとっても気になったが、まあ納得かな。

    #直木賞候補になった

  • 2017/6/6

    濃厚すぎる460頁。結婚詐欺で三人の男を殺したとされる太った女...カジマナとの面会によって変化してしまう女記者。
    息苦しい。食べたくなる。太りたくなる。

    なにより、あたたかいご飯に冷たいバターをひとかけら。醤油を垂らして...たまりません。

    題材にされた事件の被告がこの本に怒っているのもまた納得。
    真実はいかに。

  • 凄く読むのに時間がかかった。バターで胸焼けした感じ?

  • バターご飯を掻き込みたい

  • バター醤油ご飯食べたい。

  • 全体的に気持ち悪い。読みにくく退屈で何度も中断、漫画に逃避しまくりました。何人もの男性を騙し死に追いやった木嶋佳苗の事件をモデルに描かれた今作。木嶋佳苗どころかゴシップ記事に全く興味がないので、こういう事件や人物に人々が虜になり影響される理由が分かりません。ましてやマスコミという他人の人生を踏み荒らすような仕事をしている主人公が毒婦カジマナに翻弄され不幸に陥れられても、同情もできないし共感もできませんでした。最後まで好きになれない作品でした。

  • 木嶋佳苗をモデルにした容疑者・梶井真奈子を取材する週刊誌記者・里佳は、拘置所での面会するうち梶井に翻弄されるようになる。これまでも柚木さんの料理の描写は上手かったが、その描写に更に磨きがかかり、多彩な表現で読んでいて堪らなかった。カフェや居酒屋を舞台にした安易な設定ではなく、人間の欲望のひとつ、食で得られる快楽として描いたという切り口が新鮮で惹きこまれた。30代女性の恋愛、仕事、家族との関わりなど、これでもかと提供され、フレンチのフルコースをデザートまで味わったかのような満足感。お腹いっぱいです。

  • 料理。。。簡単でもおいしければいいと思う。

  • 銀座ウエストのバターケーキを食べてみたい。その日までは、絶対に生きようと決めました。

  • バター、バター、バター、クミン、バター。
    事件を追う主人公が女性記者とはありがちと思いきや、女子高で王子様だったバックボーン、父とのトラウマ、正社員記者等の設定がめっちゃ効いてくる。
    取材がすすむとカジマナが憑依したような文章がカットイン。ねじれにねじれた異性観、つか同性感。主人公と一緒にカジマナに呑み込まれそう!
    とか思っていると、はじめてカジマナにマウントをとった主人公は、融通の利かないイヤな女そのもので。いつしかカジマナの反撃を期待している。
    後半になると、女友達を人柱に、エクスキューズが。<家事ほど、才能とエゴイズムと~(279頁)>、<どうして、異性から選らばれないと、関係が~(345頁)>。それが世論(読者?)への媚びのようにみえたとしても、<ロックだよね、掃除とか料理ってさ><そう、ロックロック!!権利への反発だよ>に、励まされてしまう。
    料理教室への潜入からクライマックスへ。セレブな食材描写にうっとり。同時に教室にいる(いた)女たちも、まな板にのせられ3枚おろしサ。女の賢さ、あさましさの断面みせられる。
    あの死刑囚を揶揄した者も、惹き付けられた者も、生業のネタにした者も、問題の行為そのものからはみ出る部分を、嗤ったり中傷したり捏造することの醜さを思いしれよっ!て風な攻撃的な受け止め方をした部分もあったが、ラストシーンの頭数に取材対象を含めないなどフェアな姿勢は読後よく。
    「バベッドの晩餐会」の対極にある物語りだったなぁ~てぼんやり思う。

  • あの事件がモチーフになっているのだけど、バター、バター、でちょっと胸焼けがした。何を書きたかったのだろう。事件そのものを書きたかったようには思えない、でも事件を忘れて読むことは不可能。実際の事件がなければ一つの作品として面白いとは思うのだけど、どうしても引っ張られてしまいまう。里佳も怜子も若干行動が不安定で「え?」と思わされる所もあり。怜子にいたっては意味不明。結局最後は七面鳥をシェアできる人が周りにいるという、そこに落ち着くのだろうか。シェアできて良かったねという意味ではなく。当分バターは見たくない。

  • 柚木さんの本のいいところの一つは、実在するお店が出てくるところ。本の世界を共有できる。とりあえず、身の程にあったお店を訪問してみたい。

  • とても読み応えのある一冊。
    タイムリーに死刑判決がくだったばかりの、木嶋佳苗事件を元にしたフィクションということでした。
    週刊誌記者の里佳が、事件の真相や背景、梶井真奈子いう女の生い立ちや闇に迫るべく、彼女にインタビューを重ねていく。
    実在する犯罪者を美化するような話って嫌悪感がものすごいのですが、この小説はなんだか切実に読んでしまいました。
    梶井真奈子というフィルターを通して我が身を省みるような気持ち。
    里佳と怜子もそうでした。彼女のほとばしる生命力と欲望に圧倒させられている。
    取材の福井旅行を終え、東京にもどってからがどんどん面白くなっていきます。
    事件の、里佳と怜子の、それぞれが抱え込んできたものの核心部分がバターのようにとけはじめているのが分かります。
    柚木麻子らしくないテーマだなと思ってましたが、全然そんなことなかった。女の持つ危うさや本心、生きにくさをとんでもなく鋭い眼差しで炙りだしている。

    そしてこの小説の半分は占めているのではないかと思うほどの、料理と食事シーンの描写は垂涎ものです。
    思わずため息をついてしまうほどおいしそうで香りたっている。さすが!

全41件中 1 - 25件を表示

BUTTERを本棚に「読みたい」で登録しているひと

BUTTERを本棚に「積読」で登録しているひと

BUTTERの作品紹介

木嶋佳苗事件から8年。獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく――。男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、梶井への取材を重ねるうち、欲望に忠実な彼女の言動に振り回されるようになっていく。濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説。

ツイートする