芥川症

  • 218人登録
  • 3.10評価
    • (4)
    • (20)
    • (55)
    • (16)
    • (1)
  • 42レビュー
著者 : 久坂部羊
  • 新潮社 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103358718

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
真梨 幸子
貫井徳郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
又吉 直樹
辻村 深月
宮部 みゆき
湊 かなえ
長岡 弘樹
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
奥田 英朗
百田 尚樹
湊 かなえ
桜木 紫乃
有効な右矢印 無効な右矢印

芥川症の感想・レビュー・書評

  • 可もなく不可もなく

  • 芥川龍之介の作品を病院や介護や医療業界の現場に例えた話で面白かった。藪の中・羅生門・鼻・蜘蛛の糸・地獄変・芋粥・或阿呆の一生をパロっているが小ネタも効いてるし退屈せずに読めた。気に入ったのは羅生門をベースに書いた他生門の話で自堕落でいい加減に生きてきた男が、あるNPO団体からの協力を受け募金を集めてもらいアメリカで移植手術し成功。一度は生まれ変わったんだから真面目に生きようとするが元来怠け者で寄付金の余りの大金を生活費として貰ってたのもありパチンコ三昧の自堕落生活に。その事が世間にバレてしまい…後味悪いが好きな話だった。鼻のパクリの耳の話も良かった。

  • 芥川短篇作品を医療のオブラートで包んだお話7つ。ベースが芥川作品なので^^;、読後感の良くないものが多い中、「バナナ粥」は現実の介護問題を直視しつつホロリホッコリさせられました。海堂尊さんの医療モノよりはこちらの方が好みですが、私の芥川贔屓のせいかもしれません。

  • ちょっとグロい部分もあったりするけど、なんとか許容範囲。
    ただ、『芥川』を意識しているせいか古臭い語り口調のが気になって
    どうもスムーズに読み進めるのが難しかった気がする。
    “文学”が好きなかたとかにはドンマイなのかもだけど、私には厳しかったかな。

    『バナナ粥』『病院の中』は、老親を持つ身としてぅむむ!と。
    いろいろ考えちゃったよ。
    フツーに読む分には『クモの意図』のナースちゃんのどたばた具合が楽しかった。
    でも私、虫嫌いやしなぁ。実在されるとかなり迷惑かも。(苦笑。

  • 病院の中
    他生門

    クモの意図
    極楽変
    バナナ粥
    或利口の一生

  • うーん。久坂部さん好きだけど、まあまあだったかな。

  • ある利口の一生が秀逸。ちょっとブラックだけど1番好き
    バナナ粥はふむふむと読み出して、うーん大変だなあと主人公に感情移入し、最後声を出して笑った

  • 文学オンチなので、こういった作品に何を思えばいいやら・・・
    よくもまぁ医療小説に結び付けたなぁとの感慨はあるが、言われなければ気が付かない気もする。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14508218.html

  • 不謹慎なのもあれどブラックユーモアに思わずニヤリ。
    病院の中とか、たぶん医療関係者と一般人では感想が異なるんじゃないかな。私は妙に納得してしまった。

  • 芥川龍之介の作品を基にし、医療ネタを絡めたブラックな短編集。軽〜くゾワッとするものあり、いい感じにゾワゾワッとくるものあり、オエッとなるくらいゾワゾワゾワ〜ッ!となるものあり。そういえば芥川龍之介ってキチンと読んだことがないことに気付きました。

  • 2016.1.21-6
    病院の中、他生門、耳、クモの意図、極楽変、ばなな粥、或利口の一生。
    芥川作品を医療の世界でのパロディにするとこうなるのか。面白い‼

  • 医療業界の端っこにいるので、色々興味深かった

  • 元の芥川の作品を読んでなかったのでその面白さが半減なのかもしれないが、シュールな作品で少し読み疲れた。

  • 2015/10/13-10/22
    死について考えれば、生きたくなってくる。

  • 久坂部羊 さんの小説は初めて読みました。表紙の白衣姿の芥川龍之介につられて購入。芥川龍之介の有名な短編のパロディなんだけど 医療従事者の本音が所々垣間見えて 怖いような感じもしました。

  • 本の題名が芥川賞のモジリで表紙は白衣の芥川龍之介、思わずニヤリとして本を手にとってしまいました。

    そしてページをめくってまたニヤリ。それぞれの短編のタイトルが芥川龍之介の話のモジリになっているのでした。

  • 芥川龍之介の名作品のパロディである。
    医師の 久坂部羊氏の生老病死についての異色の小説。
    とても面白かった。
    7つの短編。どれもこれも、なるほど、、、と、思われる生死。
    長生きだけしていても、身体、頭が、動かなくなってきたら、、、、と、思ってしまった。
    今度は、尊厳死について、コミカルに小説にして頂きたいものだ。

  • いろんな話が読めてよかったけど、今一つしっくりきませんでした。

  • 医学にからむ話は、歳をとると切実で読むのにちょっとつらいときがある。

  • 2014.12.30

    芥川龍之介さんの 新訳で良いよね。

    ・病院の中
    藪の中。これが一番好きだな
    ・他生門
    羅生門? 私には杜子春に見える?
    ・耳
    鼻? だけど鼻?ん?あれ、あ〜うん、そっちね。な感じ
    ・クモの意図
    蜘蛛の糸。 落語でした。ちゃんちゃん
    ・極楽変
    地獄変。まさしく地獄を見て極楽を味わう
    ・バナナ粥
    芋粥。これは、変化への不安とかではなく…(バナナ粥は)無いわ〜、という意識の共有化?
    ・或利口の一生
    或阿保の一生。どっちもどっち。
    ここに 芥川症 の説明?がある

    基本、新訳好きだから、楽しかった
    バナナ粥、やっぱり無いわ〜

  • よかった編
    「バナナ粥」
    今は元気だけど確実に老いる親を持つ身としては他人事じゃない話だった。しかし最後バナナ粥が不味いとなっているが、牛乳で煮て甘めのライスプディングみたいにすればよかったんじゃね?と思う。作者は料理しない人なの?
    「耳」
    作家の変態っぷりがよく書けてると思う。後味はよくないけど。こういう自分にしか分からない理由で人を殺したりする事件が現実にもあるから怖い。
    「極楽変」
    こちらもブラック。こんな医者いそうだ。近所の無愛想な町医者がありがたく見えてくる不思議。

    よくなかった編
    「病院の中」
    うーんー。「医者の説明責任」と「長生きしないことが幸せ」と。テーマは1篇に入れない方がよかったのでは?と思う。ブラックユーモアというか消化不良。
    「他生門」
    男の怠けっぷりは共感できるが「他生門」前に他人を眺めるだけって地縛霊みたい。こんなオチでいいのかなー。
    「クモの意図」
    超駄作!と思ったんだけど笑えるってレビューもあったから人はいろいろだなあと思う。しかしクモの意図がバイブって下らなくないか。
    「或利口の一生」
    すごーく悪いわけじゃない。でもすごーくいい話じゃない。ぼんやりした、皮肉な「利口」の一生。だからといってQOLを優先した治療方針を貫ける人は少ないと思うし何を言いたいのか微妙な話。

    総評
    レビューが高かったので期待して読んだせいか面白くなかった。こちらのテキストの読みが甘いのか。タイトルパクっただけで元ネタとは関係ない話も。比べちゃいかんのかもしれんが本家芥川の方が面白いよなーと。

  • 怖かった!バナナ粥以外は、
    でも、面白い。
    医者って、いろいろ小説のネタがありそうです。
    最後の話は、実話かしら?だったら、やっぱり怖い。

  • 芥川作品に「相を得て」書かれた医療短編集。グロかったり、『おたんこナース』みたいなドタバタ劇だったり、けっこう多彩。
    「バナナ粥」のオチは良かったが、そんなにうまく話がまとまるかね? 短編だから仕方ないけど。

    久坂部さんの作品は『廃用身』しか読んだことがなかったので、そのイメージが強かったのに、正直がっかりー

全42件中 1 - 25件を表示

芥川症を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

芥川症を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

芥川症を本棚に「積読」で登録しているひと

芥川症の作品紹介

あの名作が、現代の病院によみがえる――文豪驚愕の医療小説! 医師と芸術家の不気味な交流を描き出す「極楽変」。入院患者の心に宿るエゴを看護師の視点で風刺する「クモの意図」。高額な手術を受けた患者と支援者が引き起す悲劇「他生門」。介護現場における親子の妄執を写し出す「バナナ粥」……芥川龍之介の代表作に想を得て、毒とユーモアに満ちた文体で生老病死の歪みを抉る超異色の七篇。

ツイートする