悟浄出立

  • 1392人登録
  • 3.31評価
    • (50)
    • (187)
    • (286)
    • (69)
    • (16)
  • 259レビュー
著者 : 万城目学
  • 新潮社 (2014年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103360117

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

悟浄出立の感想・レビュー・書評

  • 決して主人公にはなれないものたちの物語。

    でもいつでも主人公の隣にいたものたちの物語。

  • 悟浄出立というからには悟浄がいつもの4人から抜け出して出立・独立する話なのかと思っていたら違いました。もう完璧に八戒の話でした。でも、ちゃんと悟浄も出立もしました。ただただ流されるだけの今までの暮らしでさえも、この出立に辿り着くための経過だったのかもしれません。
    「好きな道を行けよ、悟浄。少し遠回りしたって、また戻ればいいんだ」
    いい豚だ。

    他4編、いずれも中国の古典にちなんだ作品ですが、とにかく勉強不足で元ネタが分からない!でも、教科書や国語の資料集で「名前だけは知ってる」ものばかりだったので、メジャーどころを押さえてくれているんだということは分かります。
    元の作品を知らなくても楽しめましたが、機会があったら、ちゃんと原作を読もう…

  •  西遊記における沙悟浄など、中国の古典の脇役にあたる登場人物の視点で書かれた短編が五作。

     物語の世界にどっぷり浸って読みました。創作なのですが、三国志の趙雲はそんなことを考えていたのかなど面白く読みました。

     オイラ個人的に残念なのが、 西遊記と三国志しか読んでいなかったこと。いや、自分が読んでないのが悪いのだけど。
     元ネタを知っていたら、もっと楽しめたかと思いました。

  • 中国古典の短編集
    元の話を読んでみたくなったが初めて古典に触れた私にはこれくらいがいいかな?

  • 悟浄の猪八戒の武勇伝。趙雲のイライラ。虞美人草。始皇帝暗殺荊軻と同名の人。司馬遷の娘、榮。

  • 中国文学でよく取り上げられる人物をベースにした短編集。各々がいろんな思いを抱えている。
    虞の話は、高校の時にやった漢文を思い出して思わずニヤッとした。それにしてもかっこよすぎる。
    かっこいい女性といえば、司馬遷の娘・栄もまた然り。今読む人がいなくとも、この先どこかで読む人が現れるという言葉はものすごい名言だ。

  • 元ネタを知ってれば、なお面白く読めたんだろうなあ。皆さん書いているように、いつもの万城目ワールドのつもりで読むと肩透かし。まあ、これはこれでいいんだけど。だけど、こちらに中国の古典なんてさっぱり知識がないから、なんともなあ・・・

  • 中国古典の短編集。
    いつもの万城目節を期待していたのでちょっとがっかり。

  • 「書くことこそ天道」
    司馬遷が現代まで語り継がれるには、娘の激烈なまでの説得があってのことだった。
    中国故事の短編のオムニバスで格式高い文体というのが心地よい。最後の司馬遷の話がすこぶる良い。作者が自分自身への戒めとして書いているようだと伝わってくる

  • 西遊記以外はいろいろちょっと小耳に挟んだことのある話や人物像にまつわるもので、なかなか興味深いのだけれど、実際自分で読むことはないだろうと思われる中国の有名な史実や人たちにこんな形で触れられるなんて。
    いつもの万城目ワールドとは違うけれど、これもまたよし。そしてとても素敵だ。愛がある。そう、この人のは書くものは愛に溢れているね、いつも。
    でもいつもの調子のものもまた読みたいな。

  • 作者名がなければ万城目作品とは気付かないかも。いつもの万城目節はないけれど普通におもしろかった。

  • 司馬遷って、腐刑にかけられていたのか〜しらんかった

  •  沙悟浄、趙雲、虞姫(虞美人)、司馬遷――――中国古典に登場する主人公ではなかった人物にスポットを当てた短編集。

     帯に短編連作とあったけれど、それぞれのお話は完全に独立していて(まぁ司馬遷はあれだけど)、繋がってないです。
     同じテーマで書かれたオムニバスというか、短編の集まり。

    ------------------------------------------------------------------

     元のお話を知らなくてもおもしろいけれど、知っていたほうが絶対におもしろい。
     登場人物の人間関係とか、エピソードとか。

     私は、万城目さんの本、これが初めてなんだけれど、他の方のレビューを見ると、普段の書き方とは雰囲気が違うみたいですね。
     私はこの感じの書き方、好きだな。

  • 中国古典の脇役を主役にした短編集。
    もとになった話を知らないので、読み切れていない部分がありそうな感じがします。
    ですが、知らなくても、単純に物語として楽しめました。
    「法」とはとか、「書」とはとか、ちょっと考えさせられる部分も。
    古典をもとに、一つの物語として新たに成立させているあたりに、芥川龍之介に似ている印象を受けました。
    これ以前の作品の万城目学作品とは趣きが違いますが、これはこれで面白かったです。
    ただ、万城目さん作品でなかったら、手に取らなかったと思うと、ちょっと複雑な気持ちです。

  • 再読。虞姫寂静が良かった。舞台は中国。古代でも戦国時代でも、現代と同じようにアイデンティティを探す者たちはいたのかも。けれども、生きるか死ぬかの瀬戸際を無心で闘う奴に比べたら、そんなことを悩む奴は魅力が少ないかな?

  • 「俺はもう、誰かの脇役ではないのだ。」(帯より)
    中国古典の脇役たちを主役に据え、彼らが主体性を獲得するまでの道のりを描く。
    「虞姫寂静」が星5つ、「父司馬遷」が星4つ。目当ての「悟浄出立」はむしろ八戒が主役で、星3つ。

    歴史的知識がなくても楽しめる筋立てで、現代小説と同じ感覚で読めた。
    文章も平易・明快。主人公が問題に直面しても、最終的に主人公自身が答えを説明してくれるか、前もって答えが書いてある。

    「虞姫寂静」は、項羽の寵姫・虞美人の物語。
    絶望的な状況の中で、自らの存在意義を取り戻そうとする虞美人の覚悟。彼女が取り戻そうとしたのは、項羽の愛情というよりも、虞美人としての矜持だろう。激昂を覚悟に変え、現実を踏み越えていく彼女の姿に、涙が止まらなかった。
    史実には、虞美人に関する記述はほとんどなく、正妻かどうかすらわからない。それを逆手に取ったストーリーに拍手!

  • 2016/3/11
    いつものとは違う

  • 中国の古代に題材をとり、超有名な物語を目立たない部分から照らし出す短編集。
    万城目さんとしては異色の作風で、しみじみとした味わい。
    目の付け所が面白いです。

    「悟浄出立」
    このなかでは一番ファンタジックかな。
    「西遊記」の沙悟浄が主人公で、確かに目立たない役‥
    猪八戒の過去のエピソードのほうが強烈かも。
    孫悟空が先を調べている間に、残った面々はまんまと妖怪の罠にはまったりして。
    前に出ることを決意した沙悟浄の、ささやかな一歩。

    「趙雲西航」
    超雲、確かにいたけど‥
    「三国志」が好きだった割には印象に残っていないですね。
    故郷を思う超雲と、その憂いを見抜く諸葛孔明。やはり孔明は頭がいいのだった。

    「虞姫寂静」
    国を傾けた一因とされる美女、虞姫。
    実は虞美人は亡くなっていて、よく似た後宮の使い女が突然召しだされて側に上がっていたという話。
    十分大事にされてはいたが‥?

    「法家孤憤」
    必死で科挙を乗り越え、役人になった男。
    秦王の暗殺を企てた荊軻という男と、名前の読みが同じで、かって試験会場で話をしたことがあった。
    運命の分かれ道に思いを馳せる‥
    臨場感のある展開。

    「父司馬遷」
    歴史家の司馬遷は李陵を弁護したために、罪に落とされた。
    何も知らなかった幼い娘の視点で、じわじわと事情が解き明かされます。
    本を売らずに宮刑を選んだ司馬遷は身内にも義絶され、自らを恥じていたが、娘の思いがけない励ましで立ち直ろうとする。
    兄弟と違って教育も受けないで来た娘の一途さとたくましさが印象的。

    2009年から2014年にかけて書かれた作品だそう。
    そうだよね、一気に書けないよね‥
    こちらは原典を読み直したくなるけれど、これ全部は一気に読み返せないし、関連するのはごく一部だと思うと‥
    ちょっともどかしくて、苦しくなりますね(笑)

  • 登場人物が、なんとなく聞いたことがある人なので、今までのイメージに肉付けされるような印象。
    万城目さんらしくなく?真面目な話だったけど、山月記の中島敦のようなイメージでこういう書き方好きかもしれない。読後は切ない気持ちになった。

  • てっきり悟浄が主役の長編かとばっかり思っていたけれど全然違っていて、脇役たちにスポットをあてた短編集。
    一番最後の「父司馬遷」が特に印象に残った。

  • 歴史上有名な人物の傍らの人のおはなし。
    静かでおもしろかった。

  • 孫悟空のはなしかと思いきや、歴史的な話を面白く。違う発見があった。

全259件中 1 - 25件を表示

悟浄出立に関連する談話室の質問

悟浄出立に関連するまとめ

悟浄出立を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悟浄出立を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悟浄出立の作品紹介

俺はもう、誰かの脇役ではない。深化したマキメワールド、開幕! 砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ? でもある出来事をきっかけに、彼の心がほんの少し動き始める――。西遊記の沙悟浄、三国志の趙雲、司馬遷に見向きもされないその娘。中国の古典に現れる脇役たちに焦点を当て、人生の見方まで変えてしまう連作集。

ツイートする