カエルの楽園

  • 2157人登録
  • 3.38評価
    • (122)
    • (299)
    • (303)
    • (104)
    • (53)
  • 346レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2016年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103364122

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カエルの楽園の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりの百田尚樹さん。
    帯にご自身の最高傑作とあったので読んでみました。
    百田さんの強いメッセージの込められた風刺的な寓話。

    「あとどれだけ会議するかを決める会議をしよう」
    ナパージュ国のカエルたちが滑稽に思えてしまう。
    それと同時に、一つの考えに妄信的になる怖さも感じました。

    良くも悪くも、あらゆる意味で島国であるニッポン。
    自分の暮す国を、シニカルな目線で客観的に見せられたようなかんじです。

    内容は極論ではありましたが、
    しっかりと自分の国の将来を考える必要性に、
    一石を投じられたのではと思います。

  • カエルの国を舞台に憲法9条・平和ボケの日本を諷刺した作品。
    楽園ナパージュとはNAPAJ=JAPAN
    面白かった。
    非常に考えさせられる作品。
    (図書館)

  • 冒頭の読み口の良さからつい手に取り読み始めてしまったが、後半は救いようの無い話へと発展し読後感の悪さが残る。

    この物語が何を風刺しているのかは読んだ者にはすぐに判ることと思う。
    それはさて置いて、どの様なやり口で情報操作・洗脳がなされ、歴史の歪曲や人々の意識が歪められていくのかという点においては非常に興味深く読めた。

    では私自身がその様なリスクを少しでも回避するにはどうしたら良いのだろうか?

    情報というものは精査し取捨選択してから、それが初めて知識になり得るのだという事。”自己”のフィルターを通さずに全てを鵜呑みにするのは非常に危険であると言えよう。
    それはこの本の内容さえも例外では無い。

  • うう~~~ん
    ここまで直接的だとは・・

    なんか売れてる本らしいのと、現代社会への風刺?とかいうので気になって読んでみたけど
    あんまり政治の話とかは(よくわかんないし)家族とくらいしか(しかもアッサリと)しないけれども・・
    カエルに置き換えただけで、まんま日本なのでビックリした

    百田さんって人の政治的なポリシー?とか立場とか全く知らないけど、
    この人はこういう考えなんだなーってのがすごくよくわかったし、
    あまりものを考えないで、憲法改正ははんたーい!とか戦争に行くのははんたーい!とか言ってる人がこれを読んだらどう思うのかな~~とかは思った

    戦争反対も、平和がいちばんも、みんなそう思ってるけど、降りかかる火の粉をどうするのかとか、
    反対派いいけどじゃあどうするのかとか、
    そういうことをもっと考えなきゃ(考えてる人は考えてるんだろうし考えてないひとはごく一部なのかもしれないけど)って思ったりする

    大衆ってこわいなとか
    目をつぶされて腕をもがれたカエルにあたるのはなんなのかな(自衛隊?)とか思った

    ヌマガエルの存在が、こわいなーと思った
    そういう人ばっかじゃないというか、そういう人もまたごくごく一部なんだろうけど、
    なんか根本的にこわいなー

    考えられる頭もなくて、専門家でもなくて、時間もやる気もないわたしたちは
    そういうことをきちんと考えられるまともな政治家を選ばなくちゃいけないわけで、
    でもよく知らない人だしその人が本当に国を思ってるのかなんてわからないわけだし、
    政治ってむずかしいな~

  • たまたま 図書館の新刊の棚にあったので
    手に取ってみて
    そのまんま数十分で読み終える
    唖然としてしまった
    あまりにもあざとすぎて
    比喩にも、風刺にも、喜劇にも、悲劇にも、警告にも
    なっていない
    「本」である限り
    世に問うているのでしょうが…
    新潮社さん大丈夫?と思ってしまう

    言論の自由はそりゃあるものねぇ
    と自問自答してしまいました

    大政翼賛会
    特別高等警察
    治安維持法
    いやはや きな臭いなぁ

  • 現代日本が置かれている状況をカエルの国に喩えた寓話的ストーリーなのですが。喩えが直球過ぎて喩えになってないですね。百田氏にとってはこれでオブラートに包んだつもりなのでしょうが。

    現代日本人へ警鐘を鳴らすための話なのだから、分かっていた結末とはいえ読後感はすさまじく悪かったです。やるせない気持ちになりました。

    本の帯に「私の最高傑作」だと書かれていたのは何かの皮肉だと思います。もしも本気なのだとしたら「永遠のゼロ」や「海賊とよばれた男」はなんだったのかと。

    ただ、こういう作品がランキング上位にくるようになったのは、まだ日本がマシになってきているということなのかと思いました。

  • 読み終わって恐怖を感じた。
    日本にそのまま当てはまるのと、
    メディア(マイクとデイブレイク)
    を使った国会やナパージュの現状の
    ねじ曲がった伝えかた、
    日本に対する「戦うこと」に対する洗脳。

    わたしもきっと、ローラのような女の子なんだろうなーと思いながら読んで居たものだから最後の最後ですごくショックだった。
    最後の占拠された描写については
    最悪の状況、ということなのかとは思ったが
    十分あり得ることだと思った。
    戦争をして、負ける者、勝つ者があるということは
    上下の関係が生じることだと思うから。
    母に先日「日本がなくなっても別にいい」と言われた。
    その無くした国が、果たして自分たちが築き上げた国と同じような国づくりをするだろうか?
    現状の延長線上で得するのは一体誰なのか。

    話は変わるけど、殿堂入りしていることが
    ちょっとホッとしていたりする。
    これが出版されなかったり、
    駄作だと言われることが
    本当に危険な状況だと思うから。

    必ずこうなるとは限らないけれど
    可能性の一つとして
    読んでおいても損はないのかもしれない。
    信じているのを決めている人には
    勧めづらいけどね…

    百田さんの小説がすごく囃し立てられた後に
    ガクッとメディアが叩き始めた裏側ってこれなのかな。
    よく書ききったなぁ、出版したのもすごい。
    そりゃ、ウシガエル側たちに嫌われる訳ですね

  • とっても分かりやすい。

  • 図書館で借りた本。アマガエルのソクラテスとロベルトが安住の地を求めて辿り着いたナパージュという土地。そこはツチガエルが住み争いがない素晴らしい土地だったのだが、ある日ウシガエルが接近してくる。ツチガエル達は土地を守る為に取った行動は…?という童話だが、胸糞悪い展開・先も見通せる話なので面白さは無かったな。

  • 限りなくノンフィクションに近いフィクション。
    日本と周辺諸国の緊張関係、憲法9条、自衛隊・米軍の在り方、護憲派と改憲派の対立、自虐史観、GHQによる洗脳教育、などの実在する問題を、カエルの国と周りのカエルたちに置き換えている。
    幸いにも小説ではあるが、いつ「ノンフィクション」となってもおかしくない緊迫した現在の日本を取り巻く情勢を描いた警鐘と捉えるべきであろう。

  • 今の日本で信じられている「憲法9条さえ守っていれば日本は平和である」という説を皮肉った小説。

    ある日、凶悪なダマガエルに国を襲われ、安住の地を求めて旅に出たアマガエルが、幾多の困難を乗り越え、たくさんの犠牲蛙を出しながら、楽園とも思える平和なツチガエルの国にたどり着きます。

    その国には、「カエルを信じろ、カエルと争うな、争うための力を持つな」という三戒と、自分たちは生まれながらにして罪深きカエルだから、常に謝り続けようという「謝りソング」を唱え続け、三戒を守り続けていれば平和な違いないという信念をもち、それを破ろうとする者には朝日新聞ともとれるデイブレイクというカエルに睨みをきかされ、普通に生きていくことも困難な状況に追い込まれてしまいます。

    そんな平和な国にも、獰猛なウシガエルが忍び寄り、ツチガエルの土地を我が物顔で占領していきます。ツチガエルの中には、三戒を放棄しようと主張する者や、自衛のための攻撃の準備をしようと主張する者も現れるも、マインドコントロールされたかのような群衆により、意見も立場も生命さえも抹殺されていく。

    アメリカや中国、在日韓国人、陸海空の自衛隊、SEALDs、政治に無関心な若い女性等と思われるような蛙が登場し、暗に今の日本と、未来の日本を占ったかのようなストーリーに、恐怖すら感じました。平和ボケと言われて久しい日本人は、領海を脅かし続け、海域を不当に占拠し、他国に何を言われても軍隊の拠点を作り続ける国、ミサイルを近海に発射し続け、常に臨戦態勢にある国、ありもしない歴史問題から賠償や謝罪を要求し続ける国、国内に居座り続け不当な要求を繰り返し、一向に自国に帰る気もない人たち等の驚異を何とかなるだろう、実際には何もしてこないだろうと安易な気持ちで過ごしていていいのだろうか。

    他国が攻めてくるはずがないと言い続けるマスコミがばらまく、戦争は嫌だ、争う気持ちが争いを生むと、聞こえのいい平和論を真に受け、国防を唱える人こそ危険人物のようにアピールするうちに、実は危険は足元まできているという危機感を感じずにはいられない内容でした。

  • カエルを例に取り、解りやすい内容だったが、後味悪いが終わり方だった。確かに今の日本は安全保障を真剣に考えないといけないと思う。。

  • 小説としては最悪の部類

  • SEALDsの活動が活発だった頃から感じていたが、日本で平和を唱える人達は、なぜこんなに攻撃的なのだろう? 本当に平和主義者なのかと疑ってしまう。

    百田尚樹は、下手に政治的な発言をするよりも文筆の世界に戻った方がいいね。

    ナパージュ=NAPAJ=JAPAN
    三戒=憲法第9条
    ヌマガエルのピエール=在日朝鮮人
    デイブレイク=夜明け=朝日新聞
    ハンドレッド=百田尚樹=作者
    ウシガエル=中国
    スチームボート=蒸気船(黒船)=アメリカ(国鳥はハクトウワシ)
    ハンニバル3兄弟=陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊
    ガルディアン=護憲派議員(9本の皺=9条)
    プロメテウス=保守派政治家=安倍首相
    フラワーズ=SEALDs
    プランタン=春=村上春樹
    シャープパイプ=#筒=井筒和幸(作者の代表作「永遠の0」を痛烈批判した映画監督)

  • 寓話という手法を用いて日本国が置かれた現状を隠喩的かつ客観的に分析した小説である。百田氏がカエルをモチーフにしたのは「茹で蛙」ということなのだろう。ほぼ直接的な記述なのでむしろ実名のほうがマイルドだったかもしれない。ディフォルメされながらもエッセンスが濃縮されているためかなり刺激的な内容である。カエルがカエルを食べるのはトラウマレベルだ。

    百田氏が昨今過激な極論者に傾きつつあったり、憲法九条と非核三原則がごったになったりと、そのまま鵜呑みにするのは危険、特に平淡で簡素ながら抑揚に富んだ文体なので若年層が感化されないかと心配だが、ソクラテスのように冷静に割り引いて読む必要はある。

    その前提で、日本国民とその外郭を非常に巧みに捉えられているにも関わらず、本作品がほぼメディアに取り上げられないのは百田氏の主張に一理あるともいえる。

    「三戒」は自己を律するには有効であっても他者が三戒に従うかは全くの別問題である。カエル国のような元老院ではなく、日本国の国会でも現実に即した分析のもと決断をしてほしいものだ。

  • 読後感は何とも言えない後味の悪さ。
    しかし多くのレビューにもあるようにこれが今どきの日本の様子を風刺した作品であるならば、決して軽視できない問題を多く含んでいるとも思える。
    読者にこの作品を読んでもらって、良かった、とか、感動した、とか、そんなこと言葉を期待しているのではなく、とにかく今のこの国の状況を知って考えてほしい、だからこんな生臭い描き方をしたんだ、という様な著者の意図が感じ取れられる。
    しかし著者はどうも彼の偏った考えのほうに読者を故意に導こうとしているようにも思われた。主人公ソクラテスが作中で語っているように、この問題には答えはない。正誤はない。そこをもっと強調してほしかった。

  • 大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」、と帯にあります。
    その通りの内容です。
    平和とは何か、考えさせられます。
    憲法9条信者の方には、ぜひ読んでほしい本です。

    「三戒は宗教みたいなものだったんじゃないかな。ナパージュのカエルたちは殉教したんだよ」246ページ

  • 予想外に引き込まれてしまった…。

  • 後味が悪い話・・・だけど、面白かった。
    あっという間に読めてしまった。
    面白かったのもあるけど、本自体が薄いし、時折イラストが描かれているので児童書のようだったからというのもある。
    でも、これを子供が読んで理解するのはちょっと難しいだろうと思う。

    主人公はソクラテスというカエル。
    彼の故郷はダルマカエルという外からきたカエルに支配され、仲間は次々とダルマカエルに食べられてしまった。
    そこで、彼は60匹の仲間と新天地を求めて旅立つ。
    旅は過酷なもので、60匹いた仲間は最後にはソクラテスとロベルトというカエル2匹だけになってしまった。
    そんな時、彼らはナパージュというカエルの楽園にたどりつく。
    そこは平和な国で、その平和を保っているのは三戒というものだった。
    三戒とは、
    ・カエルを信じろ
    ・カエルと争うな
    ・争うための力を持つな
    というもの。
    ロベルトはその戒律のおかげでこの国は楽園のような素晴らしい国なのだ、と心酔するが、ソクラテスは様々なカエルの話を聞くうちに違和感をもち、疑問を感じるようになる。
    そんな折、ウシガエルがナパージュに侵入しようとしてくるが、三戒を信じるカエルたちは戦わないと言う。

    読んでいる内に、「ああ、これは悲惨な最後が待ち受けてるな・・・」と予感できる。
    戦わない。
    平和のために。
    何をされても戦いたくないがために自分をごまかして・・・。
    そして、待ち受ける未来。

    これ、カエルの国となっているけど、読んでいる内に、ああ、現実のこの国の事を言ってるんだな・・・となった。
    他の国に侵略されてもなす術なく、それなのに他の国の平和のために自軍の自衛隊をさしだす。
    ただ、このカエルの国と今この国で問題になっている事とを重ねると問題は複雑で、ちょっと違うな・・・という感想をもった。
    何となく、作者が言いたい方向、自分の思想に読み手を導こうとしているという感じが私はした。

    この本に限らず思うのは、大切なのはいつも自分なりの考えをもつという事だと思う。
    私は個人レベルでしかものを考えられない人間だからそういう見解で言うと、付和雷同、自分の意見を言えない、少数派は切り捨て、そんなのこそが恐い世界だと思う。
    だけど、大勢の中にいる方が生きやすいし、楽なのも確かだと思う。
    それはこの物語の役割でもはっきり描かれている。
    また、人の考えも自分の考えになってしまって、考える事をやめるという事、信じ切るという事も幸せな事なんだろうと思う。
    本人が納得していれば・・・。
    そんな事をラストを見て思った。

    最初の内は哲学的な話なのかな・・・と興味をもって読んでいたけど、途中から作者の意図が伝わってちょっと引いてしまった。
    だけど、こういう趣向は面白いと思う。
    あと、イラストのカエルが可愛いのなんのって・・・。
    それを見てるだけで和んだけど、話が話だけに和まないイラストもあった(*_*)
    個人的には主人公の故郷がどうなっているのか、色々な事を知った主人公が故郷に帰ってどうしたのか、知りたい気がした。

  • 今の日本が抱えている問題をカエルの世界に例えて寓話にした作品。
    普段は政治経済にとんと弱い私ですが、知人に薦められて読んでみました。

    う~ん。恐いお話。
    子供でも読めるようになってはいますが、なかなかショッキングな内容です。

    著者はこの作品で自分の思想を論じているのか。
    それとも敢えて偏見を含むストーリーや結末を用意して読者に問題提起しているのか。

    賛否両論あるようですが、
    多くの読者が心揺さぶられたことが、Amazonのレビュー(現時点で700件超え)で窺い知れます。

    今まで私も漠然と「9条=平和」をいう認識を持っていましたが、その認識は無責任、他人事に起因するものだったのかもしれません。

    今の平和がいつまでも続くという保証はどこにもない。
    平和を守るために何が必要で何が必要ではないのか。
    とても難しい問題ですね。

  • 逆の意見を持つ人達の見方で、さっさと三戒を撤廃した場合の極論の未来を、誰かがこの本と同じようにシニカルなお伽話にしてくれたら、面白いですね。(2016.7)

  • ダルマガエルによって侵略された自分の国から逃れて、旅して来た2匹のカエルが遂に辿り着いたと思ったカエルの楽園、ナパージュ。
    そこは、争いが無く豊かでみんなが幸せに暮らしている。
    しかし、ある日凶暴なウシガエルたちがやって来て…。

    ナパージュ=Japan←。

    今の日本の現実を寓話風な語り口で描いていて、平和ぼけした私の頭でも薄ぼんやりと感じていたこと(恐くて、目を背けていたこと)をハッキリ書いてあった。

    こんなに書いちゃって良いの?

  • なんだかんだ叩かれてもやはり百田さんは最高。平易な文章。おとぎ話のような設定。
     しかしそのそこには考えるべき課題がたくさん。私たちが後生大事に守っている憲法9条,安全保障条約,それは本当に正しく守られているもの?変えるべきものではないのか?たくさん、たくさん考えさせられる作品。

  • ただの物語として読めばそれなりだが、作者の意図が見えすぎる。
    自分の意見を反映させるのは結構だが、過剰に見えすぎてしまうのはどうか。

  • うーーん、、
    日本の将来像過ぎて楽しめない、、

全346件中 1 - 25件を表示

カエルの楽園を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カエルの楽園の作品紹介

最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。平和な地を求め旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、理想的な国「ナパージュ」に辿り着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。著者自らが「私の最高傑作」と断言。大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

ツイートする