マル合の下僕

  • 237人登録
  • 3.64評価
    • (9)
    • (61)
    • (29)
    • (8)
    • (1)
  • 48レビュー
著者 : 高殿円
  • 新潮社 (2014年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103365914

マル合の下僕の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『上流階級』がとても面白かったので読んでみました。

    関西の最難関K大を卒業するも、
    出世ルートを踏み外し月収10万そこそこの非常勤講師に甘んじている貴宣。
    成績優秀、家事も完璧にこなすスーパー小学生な甥っ子誉。
    坂木司さんのホリデーシリーズが大好きな私にとってはたまらない展開です。

    この誉くん、母親のネグレクトで苦労しているのに
    ちっともひねくれたとこがなくて本当にいい子でね、
    どうしようもない母親しずると貴宣の間でぎりぎりの選択をする場面で
    「お母さんを褒めたい」なんて言えちゃうけなげな子。
    ”互いが互いを選んだわけではない結びつきのなんと濃く断ちがたいことか”
    という文章にぐっときました。

    この貴宣も自分でいうほど執念深いとか性格悪いとか思えず。
    (仕返しはネチネチしてましたけどね)

    自分の好きな道で食べていける人なんてほんの少数。
    最後はなんとかなりそうで、ほんとに良かったです。
    誉くんのためにもがんばれ!貴宣。

    何かにつけからんでくる薬膳。
    いい味出してて結構好きです♪

  • おもしろかったー!!

    「そうだ、いつだって頭を使え。お前には武器がある。
    訓練した脳みそに敵うものはない。」

    自分の夢を貫き通す瓶子さん、ステキです!
    誉くんと一緒に暮らせるようになってよかった!
    ベストカップル!!

    薬膳さんもナイスキャラだった。

    彼らのその後、知りたいなぁ。
    シリーズ化してくれないかな。

  • ちょっと読みづらかった。
    薬膳が絡んでくる意味がわからず、
    ただ最後のネタ役のためかよ…とがっかり。
    研究者で成功するのは世渡り上手か
    ホントに頭いい人だけだよね!
    にしても研究者の研究は基本意味ないのばっか…

  • 17/02/25読了。ドラマ向きのストーリー

  • 勉強が出来るだけでは、世渡りは上手くいかない。かといって、勉強をしなくていいわけではない。

  • トッカンのノリを感じてサクサク読めました。
    誉の存在がストーリーに色を添えてるけど、全体的にはそこまで目立った面白さはなかったなぁ。

    大学の先生も政治の世界でいきてるねぇ。

  • 2016.1 最初は軽薄なコメディ小説かと思ったが、グイグイ引き込まれてしまいました。

  • マル合という言葉を初めて聞いた。
    大学内の位置付けや、誰につくかで違う自分の待遇などは、会社と同じなのかもしれない。

  • 薬膳キャラけっこう好き

  • 薬膳×瓶子

全48件中 1 - 10件を表示

高殿円の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マル合の下僕を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マル合の下僕を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マル合の下僕の作品紹介

マル合、すなわち論文指導ができる教員。学歴最高なのに、月収最低で子育て中の私大非常勤講師29歳の俺の給料の行方は、奴ら次第!

マル合の下僕のKindle版

ツイートする