ウドウロク

  • 383人登録
  • 3.95評価
    • (37)
    • (72)
    • (31)
    • (7)
    • (0)
  • 70レビュー
著者 : 有働由美子
  • 新潮社 (2014年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103366317

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ウドウロクの感想・レビュー・書評

  • NHKのアナウンサー、「あさイチ」のキャスター、有働さんのエッセイ。

    「ウドウロク」は、逆から読むと、「クロウドウ」。

    有働さんの自然体が好きだなぁ。

    「母のこと」として書かれていた、『アキレス腱だった。母は。私の』は、沁みたなぁ…

  • 有働さん、凄く好き。NHKらしくないようで、らしい。
    クロイ有働さんも、どんどん出してください。
    そして幸せになって欲しいな~

  • 周りに気を使い、空気を読みつつ
    相当クロいことをサラリとおっしゃるNHKアナウンサーの有働さん♪
    有働さんが今日は何をやらかしてくれるのかと期待を胸に、
    毎朝せっせとNHKにチャンネルを合わせています。
    気取らず正直に、でも驕ることないわかりやすい文章は
    普段の有働さんそのまま。
    面白くて一気に読んでしまいました。

  • 素直に面白かった、そう思った。
    バリキャリなのどけど、不思議と肩の力が上手に抜けている人だなと思った。歳上の方に失礼ですが、可愛らしい女性だとも。
    三章は特に心に刺さった。感想が直ぐには浮かばない。でも、118ページの有働さんみたいな顔、素敵な友人。自分なりにこんな風になりたいとも思う。二章最後のそれでも行く、あぁ、みんなそうなんだなぁとも。
    いきなりワキ汗で始めてキャッチー過ぎると思ったのも束の間、一冊読み終わったら有働由美子という方がもっと好きになっていました。ポツリポツリとした文章が少しずつ自分の中に溜まっていくような、素敵な独白です。毒吐くでなく。

  • 有働録=ウドウロク、逆から読むとクロウドウ=黒有働。思ったより全然黒くなかったよ、有働さん!
    特に心に残ったお話は「それでも行く」「母のこと」「本と酒」「私の個性、私が思う個性」「不妊治療」……挙げると切りが無さそうです。ひとつひとつのエピソードに、必ず良いなと思えるところや文章がありました。
    『あさイチ』が始まってから親しみを持って見ていましたが、もっと好きになりました。これから有働さんは、私の尊敬する人物の一人です。

  • 現役のNHKのアナウンサーがこんなこと書いてもいいのか?
    ということを考えると
    頑張って書いてるなぁと思った。
    辞めたらもっと書いてね、って感じでしょうか。

    可愛い人です。

    十分にキャリアウーマンなのに
    ハンサムウーマンという感じでもなく、
    バリバリ感もスマートな感じも希薄だと思うのに
    どうして、こんなに可愛い人なんだろうか。

    なんといっても言葉のアクセント辞典はNHKの監修のものを
    ナレーター時代に愛用していたのだ。
    NHKなのに、時々わざと関西アクセントはさんだりして
    怒られたりしないのかしらと心配になったりもする。

    「アサイチ」の最初3分ぐらいのファンです。

    そして、私が有働さんの好きなところは声です。
    声フェチの私は男女かかわらず、こだわりの声があり、
    有働さんの低いけれど、
    滑舌のハッキリした声は大好きです。

  • クロイエッセイではないですよ。全然。
    働いている同年代の女性なら誰でも思うこと。
    共感が持てます。それにいつも安心して画面で見ていられる。
    民放ではウドウさんのよさは出ないと思うけど。

    NYでの一人ぐらし、ディレクターがおいていったまもるくん人形、その写真に笑い、結婚式での司会でのエピソード、
    そして「母のこと」ではほろりと涙が出てきた。
    子どものころいつもお弁当を持って出かける家族がいいなと思ったり、恋愛、お見合い、太る、不妊治療、リアルなウドウさんが伝わってきた。
    きっと職場にいたら、とても頼れる存在だと思う。

    そして、「自分の感受性くらい」これ、いつのまにか
    自分の生活から忘れられていた詩。昔大事にしてたのに。
    これをきっかけに、目につくとことろに見えるようにしておこう。

  • 2015/01/21

    有働さん、正直なんだ。
    思ったことをオブラートなしに発言してしまうんだ。
    単純におもしろかった。
    有働さん、もっと好きになった。

    装丁が凝っている。
    クロウドウが表せていると感じた。

  • 夜のニュースキャスター、スポーツキャスターの頃から好きなアナウンサーでした。
    「朝イチ」もよく観ています。そんな有働由美子さん。
    「朝イチ」でのはっちゃけた感じが文章に出ていて外で読んでいても吹き出したり。
    人って自分を語るとき聞いてる人に涙を誘うか、笑っちゃうかのどちらかだと聞いたことがありますが、有働さんは後者。
    ただ、お母様のお話のところと、ある治療の際のお友達の言葉は私も同じ思いがあったので涙が出ました。

  • 反対から読むと クロウドウ って。なるほど。

  • 夕方の買い物、独身なので気がひける、というクダリですが全然気にしなくてOK!というかむしろ空いてる人の後ろでラッキーですよ。
    カゴが寂しい、という親の発想の方が寂しい。
    買い忘れで少しだけ買う人もいる。
    頼まれて少量お使いの人もいる。

    私はいつもてんこ盛りに買うけど、買い物嫌いなんで週に1回で済ませたいからです。なるべく。

    さっぱりで繊細な有働さんの本、面白いです。
    本音トーク。
    ワキ汗がトップバッター。

    清楚なモデルさんのくだりは、そのまま無難に同意でいいのではー。

    お母様、素敵な方だったんですね。

    嫌われていい論、なんとなくわかる。
    言わなきゃいけないこという内容とタイミングと言いかた、かも。
    確かに言っても効果ない人には言わないし言う義理もない人には言わない、というか疲れてまで言う体力ない。

    有働さんは永遠のお姉さんだ!私にとって。
    有給とかバリバリとってリフレッシュして元気でいていただきたいな。
    有働さん、と聞いて思い浮かぶのは満面の笑顔。

  • 有働さん、ますます好きになりました。

  • 有働さん、前から好きだったけどますます好感度アップしました。仕事でもなんでも、一生懸命やってる人には結果がついてくると思う。部下や後輩への接し方のところは身につまされました。これからも頑張ってほしい。でも身体は大切にね。

  • 有働さん。ますます好きになりました。

  • クスクス笑ったり、感動して泣いたり、共感したり考えさせられたり、忙しいエッセイ。飾らない有働さんがたくさん見れる。有働さんみたいな上司がいたら迷わずついていきたい!

  • ウドウロク 逆から読むと クロウドウ。

    有働さん、潔い人ですね。クロいところもシロいところも、さらけ出してますね。
    物書きでなく、アナウンサーなんだから、そこまで書かなくても良かったんじゃないかと思う部分もあります。
    有働さんは計算出来ない人なんですね。頭がいいのと計算高いのは別なんですね。計算高さは性格に起因するのでしょうなぁ。
    計算高くない有働さんはクロいと自分では思ってますが、全然クロくない。
    凄く善良で、真っ直ぐに頑張って生きてる女性でした。

  • 不器用さからくる一所懸命。
    人柄も出てて面白かった。

  • 正直あんまり認識していなかった方ですが、同年代だから興味がわいて読みました。うーむ。エッセーに内容なんか求めてはいけないんだなと思いました

  • ネットか何かで文章の一部を引用されているのをみて、全文が知りたかったので借りました。 著者の人となりというか人柄というかを知っていてなんぼかな。 彼女が好きなら有り、「誰これ?」というレベルなら(有名な方だからそれはないだろうけど…)、可もなく不可もないごく普通のエッセイです。

  • 大好きな有働さんのエッセイだから、市の図書館で借りて読むこともできたけれど、買って読んだ。
     期待し過ぎたのか、思ったより軽い。でも、随所にアナウンサーとして、一人の女性、人間としての有働さんをみることができる。
     「人をほめることを続けていると自分に徳と得が積もります」という一文は心に残った。

  • 数年前から、あさイチ のブログを読んでいて
    面白いうえに文才もある方だなぁ と思っていた。
    笑える。実に面白い。
    有働さん、大好きです!

  • 熊本県北部に多い有働姓。私も熊本市内に出て二人の有働姓の方と会いました。有働アナで三人目。名古屋でも表札で見かけたことあるので、全国にぼちぼちいるんでしょうね〜 結婚披露宴での司会時にもらい泣きし、"花束贈呈"を"あなたはDT"に聞こえなくもない、、、って(笑)最近は披露宴に呼ばれる機会も減ってしまったので聞き間違えしてみたくとも無理(笑)あとね、40越えると社宅内のことも言えるようになったね。なんなの、40ってボーダーラインなの?年取って、あまり失うもの無くなった?(笑)

  • あさイチを観て、有働由美子さんのファンになりました。
    あさイチを観てても、有働さんはコンプレックスのようだけど、とても素敵な聞きやすい声で、いのっちとの掛け合いも面白くわかりやすく…。
    TVでも思ってたけど、この本を読んで、さらに可愛らしく素直な女性だと思いました。

    面白く書かれていますが、深くあたたかい言葉で溢れていました。
    いろいろなエピソードがあり、どれも印象に残ります。

    題名も最初気づかなかったけど…(笑)

  • 私は有働由美子さんのファンだと思う。
    彼女がニュースを読んでいた時代から好感はもっていた。でも、彼女の魅力が開花したのは間違いなくNHK朝の情報番組「あさイチ」だと思う。
    たまにみていると、いのっちとのやり取りやコメントが冴えていると思った。
    この本はそんな彼女の本質が垣間見える。
    いたって普通の女性だと思う。仕事に悩み、打ち込み、恋に燃えもがいている。だからこそ、人気の人なのかもしれない。

  • 【No.36】「大切な人無しで日常を丁寧に生きるのは難しい」「いいときはいいときの、悪いときは悪いときの景色を味わえばいいのさ。そのときどきの景色を味わえるというのは、人生にとって面白く、まったく幸せなことだ」「自分と関わった人の感情を、絶対に放置しない。そして、全員が笑顔であることを望む」

全70件中 1 - 25件を表示

ウドウロクを本棚に登録しているひと

ウドウロクを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウドウロクを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする