私の恋人

  • 484人登録
  • 3.06評価
    • (11)
    • (18)
    • (28)
    • (21)
    • (7)
  • 40レビュー
著者 : 上田岳弘
  • 新潮社 (2015年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103367321

私の恋人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほんとに始めのあたりで、挫折。
    ぜんぜん好みではない文章で読み進められず。

    こういうことも、あるんだなぁ。

  • 読み終わったにしたけど、正直読んでない。最初の数ページでリタイア。アメトークの読書芸人で紹介されてたから、純文学っぽいと思いつつ、借りてしまった。そして案の定純文学でついていけず。みんなこんなのよく読むよなー。

  • 三島由紀夫賞だというのはともかく、とっても刺激的で示唆に富んだ小説だ。「太陽・惑星」よりもシンプルに読む進めることができる。ただしそれはあくまでも比較の話で、あまりの高度なテクニックになかなかついていけない自分がいる。ジャッキーチェンの映画を見た後になんだか自分まで強くなったような気になる法則はこういったところでも通じるもので、この本を読んだ後には自分まで頭が良くなった気になれる。こんな難しい本読んでる俺ってすごいでしょ、って気になれる。でもその実、なんもわかっていない俺。。。

    なんていうか、頭で読む本なのだ。
    それもたまにはいいけれど、
    僕は心で本を読みたい。と思った。

  • 三島賞受賞作というが、本書がさほどの傑作なのかはよくわからない。

    作者が本書で高橋陽平に語らせているのは、現代は「人類の旅」の3周目であるという文明論だ。

    1周目は古代の人類伝播、2周目は2発の原爆投下で終わった西洋文明の伝播、3周目は現在進行中であるバーチャル空間の制覇というか、人工知能による人類文明の継承だ。
    主人公の3度の生の時期がこれと重なるのは偶然ではない。

    「人類の旅」をなぞる高橋の旅に同行するのは、主人公が第一の生から空想する理想の恋人か現出したとも思える女性だ。

    主人公は第一の生において高橋理論を含包、凌駕する考察をしたと主張するが、現世での「理く想の恋人」との関係において、既にこの世を去った高橋に追い付くことができない。

    なしくずしに、だが定期的に主人公の部屋を訪れる恋人。
    主人公は恋人に対する自らの愛情に気づく。
    定刻をゆうに過ぎても姿を見せない恋人。
    主人公がその関係を諦めかけたその時、ドアノブが乱暴に音を立てる。

    作者の文明論において、恋人は何を象徴するのか。ドアノブの音は何を示唆するか。
    単に主人公と恋人との関係だけに留まらない何かがあるはずなのだが。

  • 「行き止まりの人類の旅」

  • 題名からは想像できない「行き止まりの人類の旅」の3周目以降を模索する話。
    壮大な構想をたった一人の恋人に集約して語る事でとっつきやすくなっているように感じた。
    とても良かった。

  • もし鯨並みの知能を持つ地球外生命体が発見されたら、食べようとは思わないかもしれないね。彼らはどう思うかな。我々はカワイソウだろうか。

  • 人類をめぐる果てしない旅。恋人。嫉妬。高度な文章で難解なストーリーで、その本質にはまだ迫れなかった気がする。再読必至。

  • 913
    3/9の選書ツアーにて購入

  • 2017/02/21-2017/03/06
    星4.6

    これは恋愛小説では無いと思う。帯に書いてあった「なんてことだ、ここには本当のことしか書かれていないじゃないか」という川上未映子さんの言葉が言い得ている。

    全体的に面白かった。どの言葉も無くてはならないような気がした。現代を生きる小説という感じがした。

全40件中 1 - 10件を表示

上田岳弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私の恋人を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私の恋人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私の恋人の作品紹介

時空を超えて転生する「私」の10万年越しの恋。旧石器時代の洞窟で、ナチスの収容所で、東京のアパートで、私は想う。この旅の果てに待つ私の恋人のことを――。アフリカで誕生した人類はやがて世界を埋め尽くし「偉大なる旅」一周目を終える。大航海時代を経て侵略戦争に明け暮れた二周目の旅。Windows95の登場とともに始まった三周目の旅の途上で、私は彼女に出会った。

私の恋人のKindle版

ツイートする