かぜまち美術館の謎便り

  • 274人登録
  • 3.24評価
    • (5)
    • (27)
    • (54)
    • (8)
    • (3)
  • 54レビュー
著者 : 森晶麿
  • 新潮社 (2014年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103368311

かぜまち美術館の謎便りの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 香瀬町で生まれ育ち、町の保育園で働きながら父と2人で暮らすカホリ。
    そんな彼女の家の隣に、町の外から父と娘が越してきました。
    町の美術館の館長として赴任してきた佐久間と、彼の5歳の娘・かえで。
    ふんわりとした独特の雰囲気をまとった親子が、18年前に香瀬町で起こった不可解な出来事の謎をほどいていきます。

    今回は絵画の解体がテーマです。
    18年前に謎の死を遂げたカホリの兄は、有名な絵画を下敷きに香瀬町の風景や人々を描いていました。
    兄の絵と芸術家の絵、両方の作品の解体は、やがて隠された過去の真実にたどり着きます。

    すべての謎が解けたとき、明るみに出た真実の不愉快さにお腹のあたりがもやもや。
    でも、切ない気持ちを清い風がさらっていくようなエピローグがすてきで、明るい気持ちで読了しました。
    また、さまざまな芸術家の作品の解体により、作品を観る角度が変わるおもしろさも本作の魅力です。
    特にシャガールの解体が新鮮でした。

    著者が描くちびっこが、とてもかわいらしいです。
    今後の成長が楽しみな女の子だな~。

  • 2015年2月23日読了。
    第一話だけ読むと「ん?」と肩すかしを食らう感じだけれども、一冊全体としての完成度が良かった。
    森晶麿先生はおそらく、モテる文系男子だったんだろうな、と著書を読み続けていくうちに思うようになったり・・・(笑)

  • 美学の森さん、今回は名画を解体してます。18年前に死んだはずの画家から届いた謎の絵はがきが届いた。育メン学芸員の佐久間が、ピカソ、マティス、シャガールの名画の解釈を交えつつ、香瀬町に暮らす人々のミステリを解き明かします。そして辿り着いた事件の真相と意外なオチは。名画を見比べつつ読むといいですね。佐久間親子は、森さんと娘さんを想像してしまいました。

  • かぜまちの18年前の事件を、カリスマ学芸員の佐久間と保育士のカホリがひも解く美術ミステリ。絵画への様々な解釈を用いて、人々の中にある心の中の氷を溶かしていく。その様子は、かぜまちの自然豊かで長閑な雰囲気とが重なって、心温まります。それは氷が解けたところに心地よい風がそよそよと流れていく様です。次々と起こる出来事に18年前の真相へ近づいていく。田舎の閉鎖的な部分はあるのだろうけれど、私もかぜまちに住みたくなりました。
    この作家さんの作品には恋愛要素も多く、今回も胸キュンになりながら読みましたが、エピローグを読み、やはりそうなのかとちょっとがっくりしました。もしや佐久間は面倒な男なんじゃ....と思いました(笑)

  • 予想外のラストでした

  • さらさらさらっと読了。
    アートからみのミステリー。
    解釈が色々出てきて面白かった。
    少し設定に無理を感じてしまう、、、。

    2014年 新潮社

  • 12/08/2016 読了。

    図書館から。

  • 寂しい田舎町・香瀬町の美術館館長として東京から越してきた”カリスマ学芸員”佐久間と娘のかえで。かえでの通う保育園で働いている隣家の宇野カホリ。シナトベ祭りを目前にしたある日、保育園の園長のもとに一通の絵葉書が届いた。消印は18年前の8月1日。18年前に亡くなったカホリの兄・ヒカリが書いた絵葉書に込められた思いとは…。絵画にまつわる小さな謎が最後、ヒカリの死の謎に繋がる。ピカソにシャガール、ゴーギャンと有名画家の名前がズラリ。ネットで検索しつつ読みました。面白かったけど、ラストはちょっとしょっぱい感じ笑。

  • 徐々に寂れつつある香瀬町に美術館長として赴任してきた、学芸員の佐久間父子。

    娘のかえでが通う保育園に勤めている保育士カホリは、画家である兄ヒカリを早くに亡くしていました。
    佐久間は、とあることをきっかけに、ヒカリの絵に隠された謎とそれに関係する町の人々のわだかまりを、自身の知識とかえでの子供ならではの独特な発想をもとに解いていきます。

    物語全体を通してヒカリの事件が絡んでくることもあり、ほんわか和むシーンがありつつも、どこか暗くて切ない複雑な雰囲気のある作品です。

    ヒカリが描いた絵はどれも、ピカソやシャガールなど有名画家の絵画をオマージュしたものばかり。
    物語の中でも、色々な画家の作品が登場します。
    それぞれどんな絵なのか調べながら読むと描写の理解もしやすく、より楽しめました。

    図書館スタッフ(東生駒):ルブリル

  • どう死ぬかよりも、どう生きていたか。この言葉で救われたって思いがした。

    心理療法として描画法がある。描かれる絵の中にはその人の感情や思いが詰まっているととらえる。言えないこと、無意識に閉じ込めておかないとしんどいことも現れてしまう。だからこそ、言葉に不得手のある対象に行うことが多いのだけれど。
    解釈に正解はない。ただ事実がそれにあてはまるだけだったのかもしれない。そこのあたりの誤解はしてほしくないなあと思う次第。

全54件中 1 - 10件を表示

森晶麿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
坂木 司
三浦 しをん
米澤 穂信
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

かぜまち美術館の謎便りに関連する談話室の質問

かぜまち美術館の謎便りを本棚に「読みたい」で登録しているひと

かぜまち美術館の謎便りを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かぜまち美術館の謎便りを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かぜまち美術館の謎便りの作品紹介

夭折したはずの画家から届いた絵葉書――。寂れゆく町に赴任した学芸員パパと娘が、絵画に込められた過去の謎を解く美術ミステリー。

ツイートする