書き出し小説

  • 290人登録
  • 3.64評価
    • (9)
    • (27)
    • (16)
    • (4)
    • (2)
  • 22レビュー
制作 : 天久 聖一 
  • 新潮社 (2014年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103369318

書き出し小説の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書き出し小説。
    それはごく短い文章でありながら、完結された物語性を感じさせる小説である。

    軽い気持ちで読んでみたら、想像以上に奥深い世界が広がっていておどろいた。
    すべて公募作品でありながら完成度が非常に高く、おもしろい。
    長くても数行なので気負わずに読めるうえ、読後の余韻もあるので、忙しくて読書する時間がない・本を読むのが苦手という人にも積極的にオススメしたい。

    <規定部門のお題>
    桜/失恋/忍者/猫/妹/雨/無職/殺人事件/母/アイドル/コンビニ/中学生/匂い/怪談/ボーイズラブ/理系/サル/地獄
    (おかわり)変態/鬱/魔法少女/卒業/クリスマス

  • たった一文(もしくは数行)で、読み手の想像力が無限に喚起される。種田山頭火や尾崎放哉などの自由律俳句を読んでいるような、そんな気分にさせられる。説明はまさに蛇足であり、読み手にすべてを委ねた姿勢は潔く、そして、言葉の力、面白さを存分に味わうことが出来る。

    私が好きな作品は以下6作品。
    ※ネタバレ含みます。






    「メールで始まった恋は、最高裁で幕を閉じた。」

    「子どもが母親にお菓子をねだっている。おばさんはカートを体のように扱っている。肉に半額のシートが貼られた。レジは空いている。私はスーパーでフラれた。」

    「朝顔は咲かなかったし、君は来なかった。」

    「父の七回忌に、私にそっくりな女が焼香に来た。」

    「友人がそろばん教室に通っていた頃、私はビームを出す練習ばかりしていた。」

    「プールに浮かぶ月は彼女のバタ足にゆらゆら揺れた。」

  • 2017/6/25読了

    後に続く物語を想像する。
    一行はすべてが認められる
    はじめっても終わってもいないから。
    個々の頭の中で瞬間物語は展開する。
    イメージ力が掻き立てられる一冊。おもしろかった。

  • ・教室の壁に行儀よく並べられた半紙の中で必死にもがいている「自由」を見た。(p.29)
    ・「魂の話をしよう」真面目くさった顔でそう言った後、先生は黒板に塊と書いた。(p.29)
    ・ああ、この二人は恋に落ちる。だいたい初日にわかってしまう。たぶん一般的に思われている以上に、教壇は見晴らしがいい。(p.37)

    ・「だったら私はどうすればよかったんです?」この会議が始まってからどれくらいの時間が経っただろうか。未だに十二支を外された納得感のある理由は聞き出せていない。(p.112)
    ・猫は真珠を受け取り、豚に小判を差し出した。(p.114)
    ・「酸素を二酸化炭素にする仕事」自分の今の仕事をそう説明すると、大抵の人は僕が化学メーカーに勤めているのだと勘違いする。(p.126)
    ・空気清浄機が活発に作動し始めた。どこかにあいつがいる。(p.154)
    ・iは虚数だ。そんな数は実在しない。愛は戯言だ。そんな感情に根拠はない。Iは私だ。それだけは確かに存在している。(p.165)
    ・あと三秒しかない。時報が鳴り、一気に含んだバームクーヘンが口の中で賞味期限切れになった。(p.182)

  • 書き出しは小説では大切な一文。
    印象的な、先が気になるような一文はどんなものだろうか?
    先が気になる一文を見つけたら自分で続きを書いてみよう

  • 28.11.23読了
    なんだこのアホな作品たち、すごく愛しい…!!笑えるものから、もはや書き出し小説というか詩では、と思えるくらいため息ものな作品まで。
    おもしろい。

  • 2016/11/18読了

  • 天久聖一の本はいつもバカバカしくていい。おっぱいとかシコルスキーって言葉と同じ。影とか悲壮感がない。最高。

  • いい意味で読前のイメージを裏切ってくれた。
    一文それ自体で大きな振れ幅を感じるものじゃないけど、一呼吸あってその後の展開について自分のイメージが広がりながらジワジワとしみてくる感じ。
    「書き出し」なのに、作品ごとに「読後感」まで味わえてしまうような不思議な面白さを感じました。
    早速次の一冊にとりかかってます(笑)

  • 書き出し小説のような写真が撮りたい。
    明示的な結論はなく、物語がただ立ち上がるような。パッと見て思わずクスッと笑いながらもモヤモヤしたものが残るような。

全22件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
ほし よりこ
小林 聡美
朝井 リョウ
夏目漱石
いとう せいこう
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

書き出し小説に関連する談話室の質問

書き出し小説を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

書き出し小説を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

書き出し小説の作品紹介

画期的すぎる小説スタイル! あるのは冒頭の「書き出し」だけ! 「モンスターペアレントは森の人気者だ」「『ねんど』だ! 高校以来だから十年ぶりか。ものすごくいい女になってる。ああ、本名が思い出せない」――たった数行、冒頭だけの物語が面白い!! 続きは読み手のイマジネーション次第の、 自由で新しい文学が登場。全国から集まった精鋭たちの作品から、『味写道』などで人気の鬼才・天久聖一氏が厳選。

書き出し小説のKindle版

ツイートする