彼女を愛した遺伝子

  • 86人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (10)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 松尾佑一
  • 新潮社 (2015年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103392910

彼女を愛した遺伝子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学院で遺伝子機能の研究をする男たち。

    愛する人を病死で失った悲しみを、遺伝子にぶつける柴山。
    彼がアメリカで出会ったモーリス教授は、魂の行方や輪廻転生について独自の考えを持っていた。

    醜い容姿がコンプレックスの松永は、
    運命は遺伝子によってあらかじめ決められているものだと主張した。

    研究室から失踪した松永が企んでいたこと。
    柴山がアメリカで出会ったハルカ・オノという女性。
    愛は遺伝子によって、それとも運命によって操作できるのだろうか。

    ハルカ・オノさんは双子だった。
    柴山と春花がくっついて研究を続け、松永と遥香がくっついてのちに脚本家としてデビューする。

    松永の企みを勘違いした柴山と槇のやり取りが面白くて笑った。
    P161
    「抗ホルモン剤をどうするっていうんだ?」
    「柴山先生に飲ませる。先生は男性機能を失う」
    柴山は震えた。
    「冗談じゃない!」
    「俺も冗談であることを祈りますよ」

    笑った。もはや喜劇wwwwww
    遺伝子とかよくわからないけど
    とにかくそこがうけた。

    愛は本能のまま、自分自身が決めるということかな?)^o^(

  • お互いの愛情が遺伝子で確認できるのか.松永洋雄は柴山大介の下で研究を行っていたが,柴山の友人のモーリスからのメールを見て,研究室を飛び出し独自に研究を始める.小野田ハルカという女性が重要な役割を演ずる.頻繁に生物学的な最新情報が盛り込まれており,楽しく読破できた.ハルカが陽香と春花だっととは....

  • ラストの安永夫妻
    201512

  • 登場人物の気持ちの描写が弱い。なぜ恋に落ちたのかいまいちわからない…。コンプレックスの描写も最初だけだったし。
    ストーリー的には面白かったので、そこだけ残念かなあ。

  • 学問的、専門的箇所はちょっと飛ばし読み(笑)。
    面白いこと考えるな~、と思って読んでました。

全11件中 1 - 10件を表示

松尾佑一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

彼女を愛した遺伝子を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼女を愛した遺伝子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女を愛した遺伝子の作品紹介

彼女をとるか、歴史的大発見をとるか。非モテ理系男子のかくも悩み深き暴走! 恋愛への興味を封じて生きる遺伝子研究者の柴山と後輩の松永。しかし柴山が恋に落ちたと知り、孤独を深めた松永は「恋人は外見や能力とは関係なくDNAが決定する」との仮説にとり憑かれ、失踪。独断で研究を進めるが、遺伝子的に結ばれるはずのない女子に魅かれ始めて……現役生物学者が贈るマッドでキュートな理系ラブエンタメ。

彼女を愛した遺伝子はこんな本です

ツイートする