人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのか

  • 157人登録
  • 3.93評価
    • (8)
    • (12)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 岡田尊司
  • 新潮社 (2015年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103393818

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • P004 相手をいくら変えたところで、会社をいくら変わったところで、また同じことが起きてしまう。周囲の人間を変えようとしても無駄なのである。本当に改善すべきは、その人自身が抱えた人間アレルギーなのだから。

    P021 このような特性は、ストレスや不安を感じやすくするだけでなく、その原因となるような状況を生み出しやすくする。摩擦、対立、孤立を自ら招いてしまうのだ。頑なさが強さと勘違いされることもあるが、心が弾力を欠いているので、むしろストレスににもろい。本心を過度に抑え込んで行動するのは、鎧を纏って暮らしているようなもので、リラックスした人の何倍も疲れてしまう。人が信じられず、不安を感じやすいので、相手の顔色を常に気にしながら片時も気が抜けない。その気疲れは半端ではない。
    ★ストレスや不安への耐性も弱いため、なおのこと心身をむしばまれやすい。いつも不調で、すっきりしないということも多い。慢性的なストレスが自立神経のバランスを崩し、胃腸や循環器系に影響が出て、心身症にかかってしまうリスクも高まる。

    P023 人間アレルギーの本質に根差した特性として浮かびあがるのは、自分と相容れないものを認めないという自己への強い執着である。
    →他者は敵対者かライバルとみなし、自分に起きた悪いことは他者の悪いの結果だと考えてしまう。決して心を許さず、優位に立って他者をコントロールしようとする。
    敵対者やライバルとは、しょせん並び立つことのできない運命にある。自分が生き残ろうとすれば相手を排除するしかない。

    P044 自信過剰で、他人を見下した態度をとる自己愛性パーソナリティ障害の人では、幼い自己愛の願望が満たされないまま未熟な発達段階にとどまっている。見かけの尊大さとは裏腹に、内側にあるのは、劣等感にまみれた貧弱で幼稚な自己愛だ。それを補うために、傲慢に他者をさげすむ態度や周囲からの賞賛を必要とするのだ。
    自己愛性パーソナリティ障害の中核的な困難は、自己愛が強すぎることではなく、自分も他人も愛せないこと。すなわち、愛することの障害だという。そして、さらにその奥には、強すぎる憎しみがあるという。つまり、過剰な憎しみこそが、自己愛性パーソナリティ障害の本質。
    他者に対し、愛などはもはや期待しない。本当の愛を求めようとすれば、また傷つけられるだけだからだ。したがって、他社に求めるのは、モノだったり、体だったり、奴隷のような服従だったり、ホステスのような奉仕だったりする。一切さからわずに言いなりになるならよし、さもなければ破壊しつくすのみ。自分に刃向かう存在など、目障りな異物にすぎず、抹殺したいと思ってしまう。自分と同一のものしか受け入れられない。それをもたらしているのは、傷ついた自己愛の怒りであり憎しみである。

    P047 両価方のアンビバレンスとは、相手に過剰に依存する一方で、相手のわずかな非にも怒り責めるという相反する傾向が併存している点をさす。そのため、自分の支えとなり利益をもたらしてくれている人に対しても厳しい目を向け全否定するような言い方をしてしまう。相手も嫌気がさし、関係が終わってしまうこともしばしばだ。自分のふるまいによって、結局恐れていることを実現してしまうのである。
    いずれのタイプも、よほど忍耐強く支えになってくれる相手に出会わない限り、安定した幸福は手に入りにくい。

    過敏でストレスに弱い面を持ち、一見強そうだったりクールに見える場合も、実は体がストレスを感じていて、あっけなく潰れてしまったりする。実際、愛着が不安定な人は、うつや心身症などになりやすい傾向がみられる。

    P104  人間アレルギーを抱える人は、人の悪い点に注意が向いがちだ。そのため、同じ体験をしても不満や怒りを感じやすく、否定的な反応や攻撃的な対応をしてしまいやすい。毛㏍として、ネガティブな感情が周囲にも広がっていく。相手も同じような人間アレルギーを持っている場合には、ささいな否定や攻撃が激しい反応の応酬を生む。

    P147 ところが、エディプス関係と呼ばれるこの三角関係を乗り越えられないと、子どもは父親に対してネガティブな感情をひきずるだけでなく、三者関係に居心地の悪さを感じるようになる。つまり、一対一の関係に第三者が入ってくると、よけいな緊張を覚え、その存在を排除したいという思いを持ってしまうようになるのだ。

    P166 心の底まで相手を知り尽くし、知り尽くされようと、力の限り寄り添おうとする。だが、少しずつ、そんなことは土台不可能で、どんなに熱意を込めて相手を愛そうと、どんなに親密に相手とつながろうと、しょせん、相手は見知らぬ他人でしかないということを知るようになる。もっとも献身的な夫や妻でさえ、互いをわかることはない。それゆえ、自分の殻にこもり、黙りこみ、だれにも、一番愛している人にさえ見せることのない自分だけの世界を作るようになる。理解してくれる人はないと悟ったが故に

    P216 そして一般に、生活の気持ちがゆったりと楽になってきた。だがその代わりに、詩は年齢とともに拙くなってきた。つまり僕は、次第に世俗の平凡人に変化しつつあるのである。これは僕にとって、嘆くべきことか祝福すべきことか解らない。

  • 以前は、心を開き、信頼をしていた人をちょっとしたことが原因で、2度と関わりたくないと思うほど拒否感を持つことがある。
    その拒否反応をアレルギーに例えて書いた本。

    人間アレルギーの原因は、結局、愛着障害。
    愛着障害による人間関係の困難さは、以前から知っていたので、真新しい発見はなかった。

    自分には、少し読みづらい文章なのか、かなり時間がかかってしまった。

  • 嫌いたくて嫌っているのじゃ、ないのだけどね。

  • 人が人を嫌いになるメカニズムと克服法を解明。相手の嫌な部分を言語化する、共感性や自己省察力を高めるなど、嫌いになるメカニズムを理解したうえで適切な処置をすることで、「この人嫌だ」という人間アレルギーを治癒できるという。苦手な相手こそ自分の器を大きくしてくれる相手だととらえ、柔らかく対応できるよう頑張ろうと思った。

  • ビジネス書だと思って読んだら結構ちゃんとした本でびっくり。
    「人間アレルギー」というタイトルは非常にキャッチーで、一冊読んでからもその通りだと思うのですが、中身の飾らない書きぶりのトーンとはちょいと合ってない印象でした。でも、このタイトルでたくさんの人がこの本を読むと思えば悪くないのかも。
    著者の経歴を見てなんとなく納得。東大哲学科→京大医学部→京大院精神医学教室。個人的には経歴で大事なのはこれ以外の部分ですが、哲学者的な誠実な書きぶりも感じました。

    自分が人に対して起こしてしまうマイナスの行動。
    それが実は、過去のトラウマが引き起こしたアレルギー反応にすぎないとしたら?勿体ないよね、それ。
    収録されてるたくさんの事例は、似たようなことを自分がしてしまったり、他人にされたりしたような、あるいはそうでなくとも「わかるわ、それ」的なモノばっかり。
    本の本旨じゃないとは思いますが、子育ての記述も非常に参考になりました。

    最初にビジネス書だと思っていた、ってのは「嫌な同僚ともこの考え方・テクニックで付き合えば完璧!」的な本だと思っていたのですが、この本は「人間アレルギー」を一般のアレルギーとある意味同列に並べて、そのメカニズムを紐解く中で対処法を探っていくような構成になっています。
    第三章「人間アレルギーというアプローチ」冒頭からの書きぶりが、人間アレルギーそのものの存在をまるで自明かのように置いているのには違和感を少し感じましたが、そこからの論理構成や並べられた事例は納得感がありました。

    こういう内容をいっそ学校で教えたら、世の中もうちょっと生きやすくなるし、職場の人間関係も少子化的な問題ももうちょっと楽になるだろうにね。

  • 合わない人と無理に合わせなくてもいい
    馬が合っていた人に「あれ?」と感じだしたら、自分が転機にいるシグナル化もしれない

  • 人である限り、大なり小なり持っている。

  • 人間と物質を同列に論じている事に違和感があるし、アレルギーを克服する事に努力するよりも、それらを避けても生きていける方策を見つける方が有意義な気がする。世の中には関わらない方がいい人間が多数存在するし、無理して努力するより諦めた方がいい場合も多い。

  • 人を嫌いになる仕組みを体のアレルギーに例えて説明してくれる。
    過剰な異物認識を変えることと愛着の安定化。
    強力な回復手段として、感情を表現し、言語化することで分解・消化の過程を推し進めていく、というところが心に残った。
    感情の表現と言語化。意識してやっていこう。

  • おもしろい視点だなあと思いつつ、わかりやすくなるほど納得したりしました。
    克服方法もようは認知行動療法と対人関係療法なんだけど、
    なるほどなと思いました。

    有名人とか偉人とかを例に出してあるのも、この著者の特徴で、
    理解の助けになってるかなと思います。
    パーソナリティ障害、愛着障害、発達障害、
    ちゃんと出てきます。

    信頼できる人と、
    少しずつ少しずつでも楽しい時間をすごして、
    いわゆる「感作」
    ちょっと心揺さぶられました。

全10件中 1 - 10件を表示

岡田尊司の作品

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのかの作品紹介

すべては「アレルギー」が原因だった。ベテラン精神科医が解き明かす。親友、親子、夫婦、上司と部下――良好だった関係が、なぜ急にうまくいかなくなるのか。ささいな理由で存在までも許せなくなるのはなぜか。豊富な臨床経験と研究の蓄積が導き出した答えがここにある。身体のアレルギー反応と同じく、人間の心には人間を拒絶する仕組みがあるのだ。その全貌と核心に迫り、具体的な処方を示す。

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのかはこんな本です

人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのかのKindle版

ツイートする