ヒトでなし 金剛界の章

  • 303人登録
  • 3.83評価
    • (25)
    • (42)
    • (30)
    • (3)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 新潮社 (2015年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103396116

ヒトでなし 金剛界の章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人の本は厚さが半端ないので読もうとする時いつも一瞬躊躇するのだけれど、読み始めてしまうとその厚さを感じさせないくらいどんどん読み進んであっという間に読み終わってしまうんですよね。
    人には人は救えないという考え。ひとでなしは人ではないから救えるっていうすごい発想の転換というか……。
    新シリーズとあったから、続くんでしょうかね。読んで私も救われたいものですが。

  • 芯が疲れた。小説を通じて人生論や哲学を読まされるとは。600ページ弱を使って、シリーズの長大なプロローグを読まされた感じ。このメンバーでシリーズが続くのか?誰一人好感も共感も持てない、地味な奴らばかりだけど。

  • 娘を亡くしてそれがきっかけとなり職をなくし妻にも去られた男のお話。ダメ人間っぷりだとかやさぐれた日常だとか復讐譚とかそういうのではなく、なんかそういうのを超越した宗教観みたいなものを感じなくもない不思議な話。タイトルである「ヒトでなし」を従来のマイナスのイメージではなく「人を超越した」みたいな意味合いにでもなっているのだろうか。
    面白いかどうかはかなり人を選びそうな。ヒトであることを捨てきれない自分は「娘を殺しておいて自己を正当化しつつぬくぬくと生きている犯人」を見てもなにもしないというのはなんとももやもやしてしまいますわ・・・

  • 京極夏彦の新シリーズ。
    途中まで、この路線で続編とかあるの? 単発じゃないの? ……と思っていたら、しっかり『続き』があるというラストを迎えた。
    微妙に気になるところで終わってるので、早く続きが出て欲しいのだが……。この点に関しては期待しないでおこうw

  • H29/11/29

  • 終盤の主役の言葉にぞっとした。
    ひとでないものは怖くも恐ろしくも哀しくもあるように感じる。

  • 自分の我がどれ程強くなっているのか実感。自分と関係ないことに腹を立て、イライラして、勝手にストレス溜め込んで…。んー。ある意味毎日莫迦みたい。

  • コレを読んでいて、ツレに「人でなしが『ヒトでなし』読んでる!」と言われたのは、私だけじゃないハズ、と信じたい(≧∇≦)
    家族と仕事と住居をなくして捨て鉢で投げやりな中年男が「どうでもいい」と嘯いているのに、次から次へとイカれた連中に絡まれて、好かれて信用されて崇拝されて巻き込まれていく、シチュエーションコメディ。
    当事者には気の毒だけど、側からすれば、人の運命を操る神目線で、面白いことこの上ない…あ、やっぱり人非人?
    終盤で、殺された娘の親として真っ当な感情を吐露するかとハラハラしたが、そんなことにはならず、ホッとした…あ、やっぱり人非人?

  •  相変わらず気の滅入るような話が延々と繰り広げられる。この言い方を変えて延々と続く語り口はもう作者の真骨頂。それを延々と読んでいると、だんだんその気にさせられてしまい、そうだよなあと相槌を打っている自分に気づく。もう術中にはまっている。とまあ、またこの無気力脱力小説かと思ったら、だんだん様子が違ってきた。おおお、人でなしが居直っている。雄弁で饒舌、なんなんだ。人でなしのくせに講釈垂れるなよ、お前何様だよ。どうでもいいんなら黙ってろよ。話を持ちかける方も持ちかける方だが、相手になるなよ。そのいやったらしい上から目線。おまえは神様か。人でなしなら神なのか。なるほどね。それで寺に籠って新興宗教の教祖様に祀り上げられそうになってるわけだ。結局、言ってることは京極堂と変わらないのだが、シチュエーションも人間も大違い。京極堂シリーズを読み続けている愛読者には釈迦に説法の内容をぐだぐだと垂れ流しているだけ。登場人物も脈絡なければストーリーもめちゃくちゃ。京極ボケたんじゃないか。

  • ひとでなしが主人公の本。これに尽きるしこれで一貫している。
    読み終わって荻野側だなと思った。ということは自分は人なんだなと思った。そしてそれでいいと思った。かといってこの本から得るものがなかったわけではなく、人に人は救えないというのはそうだなと思ったし、どんなに頭が良くてもその人には伝わらない、見えないことがあるというのもちょうどそのようなことがあったのでとても納得した。
    京極先生はお子さんはいらっしゃるのだろうか。
    もしお子さんがいらっしゃるのならこの物語を書ける、書けないではなく“書かない”のではないかなと思ったりもした。ちょうど自分が子をもったので思うことであり、そうでなければそうは思わないかもしれないが。

    読み終わって果てしなき渇きと同じような胸に痞えるものがあったが、これはひとでなしの話である。

全45件中 1 - 10件を表示

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヒトでなし 金剛界の章を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒトでなし 金剛界の章を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒトでなし 金剛界の章の作品紹介

理屈も倫理も因果も呑み込む。この書は、「ヒトでなし」の「ヒトでなし」による「ヒトでなし」のための経典である――。娘を亡くし、職も失い、妻にも捨てられた。俺は、ヒトでなしなんだそうだ――。そう呟く男のもとに、一人また一人と破綻者たちが吸い寄せられる。金も、暴力も、死も、罪も――。犯罪小説であり思弁小説であり宗教小説であり諧謔小説であり、そしてなにより前代未聞のエンターテインメント小説!

ツイートする