ワンダフル・ワールド

  • 248人登録
  • 3.23評価
    • (4)
    • (27)
    • (53)
    • (9)
    • (2)
  • 48レビュー
著者 : 村山由佳
  • 新潮社 (2016年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103399513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ワンダフル・ワールドの感想・レビュー・書評

  • 楽しみにしていた村山さんの新刊。
    早速発売日に買いました。
    すべての章に香りが漂う、喪失と大人の恋が入り混じった5つの短編集でした。

    ファンの間では、デビュー作「天使の卵」などの純心な作品を生み出す白村山と、「ダブル・ファンタジー」のような官能的で深みのある作品を描き出す黒村山とに呼び名が分かれるところですが、もはや今はそういった区分けすら不要なものだ、と感じさせるくらい白も黒をも内包した作品でした。

    酸いも甘いも知り尽くした大人だからこそ書ける魅力がまたたまらないです。いくつになっても恋に生きる純真さを残しつつ、年齢とともに変化していくものが作品には映し出されていて、これだからこそ追いかけるのをやめられない、と思わされます。

    さて、肝心の作品ですが、描かれている大人の恋は、とても現実的でした。
    ある程度生きているとそれなりに経験を積むから、夢を見にくくなっている部分がある。それと同時に、だからこそ焦がれるように夢を見たい気持ちもあって。
    ふと気付けばしっかり予防線を張っていたり、冷静に自分の手綱を握りしめていたりするのを自覚すると、自分も大人になったものだ、と少し寂しさを覚えます。

    大人になると既婚者率が高くなるとはいえ、不倫という呼び名を自覚することなく既婚者と関係を持つ人が多いことが、なんだか残念なような、それでいてすごく自然なような、苦い気持ちになります。
    もちろん、しっかりわかっている、と不倫をしている人たちは言うけれど、甘い言葉で誘う男性も、妻の存在に蓋をして誘いに乗る女性も、同罪ですよね。なにも、わかってない。
    とはいえ、私も感性の部分では、まあそんなこともあるよね、と自然に受け入れてしまいそうだからこそ、理性の部分で必要以上に自分を諫めてるのかもしれませんが。

    読んでいて感じたのは、人は必ず失うもので、失われようとしているものを止めることはできない、ということ。それは命にしかり、恋心にしかり。
    いつかはすべてが失われるのだから、その前にきちんと大切にしないといけない、ですね。

    老猫の話は、私も昔大事にしていたハムスターを、それこそ全身の毛が抜けるくらいまで長く生きた子が息を引き取る最期の瞬間を、自分の両手の上で見たという経験を思い出させるのと同時に、うちの愛猫の最期を想像せずにはいられませんでした。

  • 『匂い』に関連した短編集。
    登場人物が次の短編にサラッと出てくるけどさほど深くは関わらない。
    5編あるうち、もしかしたら人間よりも愛している動物と関わる主人公が3編。
    この子は私がいないと…!と思える対象がいることで救われる一瞬が描かれているのが好き。
    読みやすく、あっという間に読めた。

  • 短編5編。最初の3編は、わりと好きな作品だけど、後の2編は・・動物を脇役にする作品って、好みなのが多いが、これはどうも・・
    「サンサーラ」はSFファンにとって、安易さで嫌いな内容にもなる。「TSUNAMI」は震災との絡みがあまり意味ないような・・
    最初の3編は、シンプルな女心になるかな。ちょっと色気もあり、初期作品に通じる。それに、村山さんは短編の方がいいかな?長編だと、言葉ばかり多くてややこしくなる(笑)

  • 男女と香りにまつわる短編集。
    最近の村山氏の恋愛小説は官能にばかりダラダラと焦点があたり、正直いってストーリー自体は楽しめないものが多いと感じていたが、その点この短編集ではどちらもが良いバランスで保たれたまま一編が終わる。ちょうどいい。
    2017/08

  • 匂いと動物をからめた恋愛短編集。登場人物も軽く関係性を保っているところが面白いです。
    どの作品もきれいな文章で綴られていますがエロチックです。
    どれも良かったけど、強いてあげるならアンビバレンスかな。
    カバーの絵もきれいです。

  • 香りとペット(それは子のようであり半身であり恋人であり家族であるもの)と恋人のはなし。
    真ん中一編は自分がペットにされてた感じかな。

    去年、書店で装丁に惹かれて衝動買い。
    新年度からのばたくたで積ん読となっていたものを、山ノ下からだるま落としのごとく引き抜いて、気がついたら一気読みしてました。
    去年じゃなく、今、このタイミングだからよかったのかもしれない。
    恋の切なさが感じられるのも、色々と受け入れられるのも、ことし、今だから。
    去年じゃしらけただけだっただろう。

    震災の影響がちらほら見えかくれする前半。
    ラストはまさにその時の次の日。
    たとえ小説の中とはわかっていても、揺れ続ける感覚と恐怖と、タビの旅立ちが迫る圧迫感がたまらなく逃げ出したくなる。

    何かを失って、新たに手にする者と、これから手にするのかもしれない者たちと。

    個人的には骨董屋さんと彼女の話が、ファンタジーなのか現実なのかわからないけどすごく気になった。
    それから白神山地へ旅する彼女が生き返っていく様。リスの話は自分のようだ(笑)
    ペットだった男の子の泳ぐ姿も目に鮮やかだし、インコ味は……いや、あれは飼い主でもやるのか?と。
    どれも記憶に鮮明に映像が刻み付けられている。
    切なさややるせなさもまた。
    それでも彼らが明日を生きていくように、私も生きなければならないのだ。

    今回の彼ら、彼女らの話は「恋」の話だったと思う。
    「愛」ってなんだろう。
    ペットへ抱く気持ちはそうかもしれない。
    執着もある気がする。
    おばあちゃんがおじいちゃんの遺影の後ろに潜めていた秘密を見上げるときのような清々しさが恋なのだとしたら。

    今回は恋を描いた短編集。
    愛を描いた物語を探したい。

  • 2017/2/:
    アンビバレンス:陰と陽のバランス、一つの顔だけではない魅力的な女性になりたい。

    オー・ヴェルト:ハッピーエンド。昔の恋人と再会して、また分かり合えることってあるのかなぁ。

    バタフライ:大人な恋愛。女としてずっときれいなままで恋愛していたい。

    サンラータ:自分で気づかないとなにも行動できない。仔犬を思う気持ちに感動した。

    TSUNAMI:人それぞれ悲しいことはあって、小さいも大きいもない。愛していた男だけど、仔猫はずっといてくれたもんなぁ。

    匂いに関連させた恋愛短編集。
    アンビバレンスとTSUNAMIが良い。

  • 香りとペットがテーマの短編集。
    女性ならではの切り口。
    しばしば恋愛のアクセントになる香りと、しばしば恋愛の障害になるペットが絡み合ってて、恋愛小説なのにそれだけじゃない後味が残る本。

  • 珍しく恋愛小説を読んでみた。”特別な香り”が通奏低音のように響いている短編集。いつもの通勤電車で読んだ日、いつもの乗り換え駅でスタバと神戸屋の前を通ったらそこに漂っている芳香に一瞬心を奪われた。いつも通っている道なのに、これまで気づかなかったの!幸せは身近にあるということか?それから、性愛の描写が下品でなくて嬉しい。
    「アンビバレンス」主人公に強く共感!!!
    「オー・ヴェルト」心が心地よいだけの時間。女性の脳は、過去現在未来を同時に眺めて現実的なことに気を取られるものだが、苦しい人生の中では、こういう夢ごごちな時間というものが、とても大切なんだろうと思う。
    「バタフライ」最後のシーンが印象的で、こういう立ち直り方って尊敬してしまう。肉体を鍛えると精神も鍛えられるのだろうか。
    「TSUNAMI」いろんな意味で、主人公に共感できなかった。

  • 「オー・ヴェルト」が好き

  • 短篇集。なんか印象がうすい。

  • とても好きな作家さんだけど
    最近は少し物足りなくかんじているような。
    今回も匂いに関する
    恋愛がらみの5編。とりたててどれもさらっと読めるかわりに心に残るものはなかったのが、残念。どこか遠くの出来事で
    ぼーっとながめているようなそんな気分でした。

  • つまらなくはないけれど、とりたてて(時間を使って)読むのもどうか、という本だった。
    この作者は私にとって、そういう作品が多い。

  • 読書記録です。まだの人は読まないでね。

    「アンビバレンス」「オー・ヴェルト」「バタフライ」「サンサーラ」「TSUNAMI」
    忙しかったので短編集を1編づつ…と思ったのに、一気読みしてしまいました…また寝不足だ。
    タグに「小動物と恋愛」とあったけど、一番共通するのは「におい」。良くも、悪くも。
    恋愛にまつわるピュアな「におい」を文字を読むことで感じられるってすごい。
    オバチャン加齢臭で今はちょっと困ってるけど、とっても遠い昔を思い出しました。常に外野だったけどね…

  •  「匂い」を題材にした短編集。
    前の話の登場人物が、少し次の話に登場する形でストーリーは続いていきます。
    でも、内容にしっかり関わるわけではなく、ちらっと出てくるという程度。
    最初の「アンビバレンス」は以前別のアンソロジーで読んだことがあったのですが、後の作品は初めてでした。
    どの作品も主人公の女性が潔くて素敵でした。
    それぞれの作品に出てくる「匂い」も印象的でした。
    短編は物足りなさを感じてしまうことが多いのですが、村山さんの作品は一つ一つが簡潔してるなと思いながら読み進めました。
    「サンサーラ」と「TUNAMI」が深く残りました。

  • 短編集。
    人外との恋愛が出てくるので驚いたものの、好きなジャンルなので思わずニヤっと笑ってしまう。

    ラストの猫の最後を描いた作品が、同じ猫飼いとして悲しくて辛かった。

  • 登場人物が緩やか~に繋がっている短編5つ。
    さらっと読みやすいのだけど、村山さんの言葉の選び方が情感がある。
    不実な恋愛だったり、昔の男との再会だったり、俗っぽくなりがちな設計なのだけど、嫌な感じがしないのは、主人公の女性たちが皆、潔いからかな・・・
    失ったものの記憶と共にある香り、匂いと共によみがえる感情・・・そんな記憶に直結している香りって自分にもあるな~と思い出させてくれる作品。
    「バタフライ」と「TUNAMI」が秀逸。

  • 作者は30〜40代の女性の心の機微を描くのがうまいなあと感心させられる。男としては、なるほどと思うと同時に心がザワザワしてしまう。

  • 5編の中で、心に残ったのはバタフライとサンサーラ。
    中古のポルシェと一緒に若い男を期間限定で自分のものにする。けれど、実は癌を患っていた志織。
    こんなにカッコよすぎる女性、いるんだろうか。
    いや、もしいても自分から語らないからわからないね。
    サンサーラの香奈、不調の原因は強すぎる母にあるのはわかっているのに、なかなか先に踏み出せない様子に、読んでいる側ももどかしくて仕方ない。が、最後はまあ、よかった。

    どの話も読みながら「なにかしら」の匂いが立ち上がってくるような感じがした。

  • 最近の村山作品に登場する女性は、若い女の子以外みんな、村山さんの顔と声と話し方で脳内再生されてしまう。
    昔の白村山が大大大好きだったから、どうしてもそれらと比べてしまって、私の中ではマイナス評価になる。
    なんだか、村山さんに対して申し訳ない読み方をしてると自分で思う。

  • ゆるく登場人物が連鎖する恋愛短編集。その短編の中では不思議な骨董屋さんの主と母からの呪縛から抜け出せずにパニック障害まで起こしていた女性との恋を描いた「サンサーラ」が面白かった。不思議な骨董屋さんの正体って私の想像する不老不死のあれであっているのかな?

  • 2016.7.16

    息抜きに読めたって感じ

全48件中 1 - 25件を表示

ワンダフル・ワールドを本棚に登録しているひと

ワンダフル・ワールドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワンダフル・ワールドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワンダフル・ワールドを本棚に「積読」で登録しているひと

ワンダフル・ワールドの作品紹介

世界はこんなにも美しく、かぐわしい――運命の出会いを彩る香りの物語。かつての恋人との再会で芽生えた新たな感情、「愛人」という言葉では割り切れない関係、久しぶりの恋を捨てても守りたいもの――普通の恋愛とは呼べない。でも混じり気ない愛情と絶対的な安心感を与えてくれる存在を、特別な香りとともに描く全五篇。もうときめきだけでは満たされない大人に贈る、究極の恋愛小説。

ワンダフル・ワールドのKindle版

ツイートする