バリアバリュー 障害を価値に変える

  • 90人登録
  • 4.05評価
    • (7)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 垣内俊哉
  • 新潮社 (2016年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103399919

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
三浦 しをん
伊賀 泰代
村田 沙耶香
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バリアバリュー 障害を価値に変えるの感想・レビュー・書評

  • 非常にポジティブな話の連続で勇気の湧いてくる本だ.第5章の価値を育てる7つの習慣 が良い.特に 「なぜ」「どうして」を3回くり返す が大事だと感じる.また 最高の準備をする というのも重要だ.

  • 勉強になりました。

  • 新聞で著者が紹介されていて、興味を持って読んでみた。読んでよかった。誠実さとガッツと冷静さと闘志を感じた。

  • 1部とあとがきで垣内社長の半生が描かれ、2~3部で仕事のしかた・会社の様子・日本と世界のバリアフリーの現状などがまとめられていた。

    圧倒的に、社長の半生の部分がよかった。
    障害を克服しようともがいたり、心の中であれこれ考えていたりといった幼少~学生時代をへて、「障害を価値にしよう」と変化していくところは、すごく興味深い。当事者しか語れない話。
    骨形成不全のかたに限らず、身体障害のある子どもやその親御さんに、いろんな意味でいい参考事例となるはず!

  • 著者の垣内さんは、東日本大震災の直後に、私が関わっていた被災地支援のグループを通じて、被災地の障害者や高齢者に車いすを届けたいと語ってくれましたが、混乱期まっただ中だったこともあって、応えることができませんでした。垣内さんご自身が障害者と知ったのは後のことでした。
    障害を価値にというタイトルですが、イギリスの探検家シャクルトンが、どんな苦しい時でも事態を楽観して笑顔でいた、最高の準備を常に怠らなかったんだとのエピソードが印象的でした。シャクルトンは私の人生の節目節目によくでてくるなあ。

  • ■書名

    書名:バリアバリュー 障害を価値に変える
    著者:垣内 俊哉

    ■概要

    ワールドビジネスサテライト、
    朝日新聞beで話題沸騰!
    注目の起業家、初の著書!

    障害は人ではなく、環境にある――
    この小さな気づきが、4000万人市場をもたらした。
    急成長のユニバーサルデザインを牽引するベンチャー起業家が、
    その劇的な半生と、斬新なビジネスモデルを生み出した「反転戦略」を明かす。
    (From amazon)

    ■気になった点

    なし

  • 人は誰でも他人に劣るところが必ずある。それを自分で認め、他人をも認める。おおきくはそういうことではないのか。難病、車いす、そうはいってもハンディが大きすぎるが…
    「でも」より「だから」を見つける。この部分がこの本では一番すきかな。第5章の価値を育てる7つの習慣などは、自己啓発の最たるもの。最終的には”生き方”に辿り着くのかな。

  • 2016年24冊目。

    「バリアフリー」ではなく「バリアバリュー(障害を価値に)」という発想が前々から気になっていて、著書が出たので読んでみた。
    著者ご本人が車椅子の身で、特別扱いされて嫌な思いをした過去が赤裸々に綴られている。
    「障害者かどうか」というくくりで相手を見るのではなく、障害があろうがなかろうが、相手を唯一無二の存在として認め、それぞれが困っていること、それぞれが持っている力を見る感性が大事なんだと思う。
    ユニバーサルマナー検定は受けてみたいなと思った。

  • 障害は人ではなく、環境にある! 車椅子に乗ったベンチャー起業家が、その劇的な半生と、障害や弱みを価値に変える「バリアバリュー」という思考法を明かす。

    第1部 バリアがバリューに変わるまで
     第1章 自分のバリアに気づく
     第2章 バリアと向き合う
     第3章 バリアからバリューへ
    第2部 バリアバリューの思考法
     第4章 隠れた価値を見つける
     第5章 価値を育てる7つの習慣
     第6章 価値を磨くコミュニケーション
    第3部 バリアバリューから未来へ
     第7章 世界にバリアバリューを

  • 書かれていることが懐かしく共感し
    社会貢献ではなく、バリアをバリューに変えて儲けているところが今の世代のチャレンジドでいいな。
    周りから「遊んであげる」じゃなくて「遊びたい」と思われるように努力する場面や
    (遊んであげる対象だから、就学前は男の子の遊びがわからなくなるほど女の子にモテる)
    「修学旅行は親がついて行かないと無理だ」と言われて途中で帰ってくるなど

    同じような経験をして同じように感じた人がいたのだと感心した。
    あとは「正しさ」を武器にしない。正論を武器にしないでる相手とwin-winの関係なるよう努力する。
    また筆者が涙を流すくらい素直なところを見習いたい。

全13件中 1 - 13件を表示

バリアバリュー 障害を価値に変えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バリアバリュー 障害を価値に変えるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バリアバリュー 障害を価値に変えるを本棚に「積読」で登録しているひと

バリアバリュー 障害を価値に変えるの作品紹介

こんなビジネスモデルがあったのか! 驚きの「反転戦略」。障害は人ではなく、環境にある―― この小さな気づきが、車イスに乗った青年に4000万人市場をもたらした。偏差値33の高校中退ニートが一念発起、大学進学、起業時代の極貧生活を経て、ユニバーサルデザインを牽引するベンチャー経営者へ。その劇的な半生と、斬新なビジネスモデルを生んだ独自の「反転戦略」を明かす。

バリアバリュー 障害を価値に変えるのKindle版

ツイートする