ニセモノの妻

  • 263人登録
  • 3.25評価
    • (12)
    • (26)
    • (54)
    • (9)
    • (7)
  • 54レビュー
著者 : 三崎亜記
  • 新潮社 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103400318

ニセモノの妻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「・・・もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」
    ある日突然、妻がそんなことを言い出した。
    ならば、ホンモノの妻とはいつ入れ替わったのか。ホンモノの妻は、いったいどこにいるのだろう。
    「ニセモノ」が増えだしたという摩訶不思議な世界。
    これが三崎亜記の手にかかるとリアリティのある物語になってしまう。奇想天外な三崎ワールドの新作。
    新築のマンションの筈なのに、理事会には自分しか出席してこない。何故か近隣でなく少し離れた地域から反対運動が起こるマンション。「終の筈の住処」。
    坂がブームとなり、役所には坂課ができる。その坂を巡って近隣トラブルが発生し、思わぬ展開が繰り広げられる。「坂」。
    仲のいい若夫婦を襲った断層。切り取られた時を保とうと必死に努力する夫と、切り取られ断片的に戻ってくる妻。「断層」。

  • 非現実的な世界の4組の夫婦の話。

    購入した分譲マンションで他の住人と会えない夫婦

    「私はニセモノかもしれない」と言うニセモノの妻と本物を探す夫

    妻を含んだ謎の団体に、家の前の坂道を占拠された夫

    断層の向こう側に行ってしまった妻との残り少ない時間を過ごす夫

    どれも不思議な話。
    あり得ない世界のストーリーですが、そういうものと思って読むと面白いです。

  • 相変わらず、変な物語を書くなぁ、としみじみ思う。
    ある日突然、何から何まで本物そっくりの「ニセモノ」の人間が出現してしまうという伝染病が発生した世界を描いた表題作の他、唐突に「断層」に分断されてしまった日常など、なんとも言えない不思議な風合いの短編が収められている。
    読み終えた後、まさに狐につままれたような・・・そんな気分になる。

  • 図書館にて。
    いつものこの作家の不思議な世界を堪能した。
    現実にあるような出来事の中に非現実や非常理をするりと紛れ込ませて、どうしようもないところへ登場人物を追い込む流れは相変わらずうまいと思った。
    いつもどうしようもなく、主人公は抗えずに不思議だなと思いつつ受け入れていると感じるのだが、今回のラストの作品「断層」はもしかしたら大震災のことを言っているのだろうか、現実が突然寸断される恐怖、不条理が淡々と描かれていて辛かった。

  • 不思議な話4編。表題作「ニセモノの妻」が一番面白かった。

  • 短編読みやすい
    しかし心に残らない

  • 短編でも面白く興味深くよめた。

  • 不条理小説の三崎さん。感染症によりホンモノそっくりなニセモノが発生、ある日突然妻が入れ替わっていたら。夫婦の溝といいますが、本当に活断層が発生したら。近くて遠い存在の夫婦を描く4つの短編。

  • 三崎さんらしい現実的な非現実的世界での四組の夫婦のお話。最後の「断層」が切なくて、一番印象に残った。

  • 短編ですが、それぞれのクオリティが高い!
    面白かったです。

全54件中 1 - 10件を表示

三崎亜記の作品

ニセモノの妻を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニセモノの妻を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニセモノの妻を本棚に「積読」で登録しているひと

ニセモノの妻の作品紹介

妻――それはいちばん近くて、いちばん不可解なアナザーワールド。「もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」。ある日、六年間連れ添った妻はこう告白し、ホンモノ捜しの奇妙な日々が始まる……。真贋に揺れる夫婦の不確かな愛情を描く表題作ほか、無人の巨大マンションで、坂ブームに揺れる町で、非日常に巻き込まれた四組の夫婦物語。奇想の町を描く実力派作家が到達した、愛おしき新境地。

ニセモノの妻のKindle版

ツイートする