謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉

  • 327人登録
  • 4.19評価
    • (38)
    • (38)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 46レビュー
著者 : 高野秀行
  • 新潮社 (2016年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103400714

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高野さんの本を初めて読む。本来はソマリアシリーズぐらいから始めた方がよかったのかもしれないが、たまたまNHK朝イチで納豆特集があって、高野さんがアジア納豆の納豆煎餅(表紙の写真)を紹介していたので、無性に読みたくなって紐解いた。

    「(見た目は腐っている)こんな臭みが強い食べ物を好んで食べているのは、日本人ぐらいのものだ」という「納豆選民意識」が、日本人にはある。しかし、それは大いに間違っている。ということを、これでもか、これでもか、と書いている。確かに納豆菌が発見されたのは、明治期日本においてである。しかし、そのことによって納豆が日本で興ったことの証明にはならないのだ。

    納豆にも個性がある。ミャンマー・シャン族のそれは臭みの薄いモノを、パオは山の民で水浴びをしないので、臭いモノが好まれる。(日本人含む)それぞれの民族は自分たちの納豆が最高だと思う「手前納豆」症状が少なからずあった。また、東南アジアでは、納豆を発酵食品の味噌の代わりに使っている。日本も最初に納豆があり、あとから味噌と出汁に取って代わられた、ようだ。だから、秋田地方のように、最初は納豆汁が普通だったというのが高野氏の説である。ともかく納豆は、煮豆を手近な葉っぱで包めば出来るのだ。この本を読むうちに、私の中に少しはあった「納豆選民意識」が見事に剥がれていったのを感じた。

    納豆を追ってゆくうちに、意外にも東南アジア納豆民族の共通した「ルーツ」がわかってくる。漢民族の南下西進を受けて、アジア東部に広くいた納豆民族が南や西に追いやられて残った食習慣なのである。だとすれば、中国南部に起源を持つ稲作民族の日本の出自も、この辺りにあることの例証になるかもしれないと思っていたら、最終章で著者もそう推察していた。ところが、である。ビックリすることが最後に書かれていた。一つは民族移動が原因ではなく、あまりにも簡単にしかも必要性があり出来ることから、納豆同時多発発生説の方が説得力あること。もう一つは、その最古のモデルが日本の縄文時代である。というのだ。確かに世界最古の煮炊き土器をつくったのは、縄文土器だ。しかも、縄文時代に豆を煮炊きしていたのは、つい最近証明されている。しかも高野さんは、この本において、縄文の代表的な植物であるトチの木の葉で納豆が、しかもとても美味しい納豆が、出来ることを証明してしまった。間違いないでしょ、間違いない。何処が最古かは別にして、間違いなく縄文時代に納豆を作っていた。考古学ファンとして、私はかなり興奮しました。

    2017年7月21日読了

  • 世界各地の辺境を旅し、そこでのリアルな体験を痛快な文章でまとめあげる著者が本作でテーマに選んだのは「納豆×アジア」という一見、奇想天外なものである。

    そもそも我々は納豆を日本独自の伝統食と認識し、外国人に対して、日本に慣れたかどうかを試す”踏み絵”として話題にすることも多いが、本書を読むと、実はアジアには納豆を食べる民族が多数存在しており、日本独自のものではないということにまず驚かされる。

    また、食べ方も煎餅のように加工するタイプから、味噌のようなペースト状でご飯と一緒に食べるタイプなど、バラエティーに富んでおり、頭をガツンとやられるような衝撃と、納豆という謎の食べ物の面白さに、読むページが止まらず、そして納豆を食べたい気持ちにさせてくれる一冊。

  • 私は自分が納豆好きだと思っていたけど、全然甘かった…。
    確かに日本人は朝しか基本食べないし、アレンジって言ってもなんか混ぜるとかおつまみにするくらいだけど、蒸したり焼いたり調味料にしたり、無限に可能性があるんだな。
    夫の実家が秋田で、納豆汁作ったりしてたそうなので興味深かった。
    文章も熱があって面白かったけど、なんていうかとっちらかった印象。それだけいままで調べられてきてないって事なんだろうけど…。
    あと山岳地帯の民族の紛争や暗い現状もチラチラ出てきて、食と暮らしは切り離せないなと感じた。
    いつかシャン族のトナオ食べたい!

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    山奥のジャングルで出会った衝撃的納豆ご飯。ぱりぱりと割れるせんべい納豆。元・首狩り族の優雅な納豆会席。中国湖南省の納豆入り回鍋肉。そして日本で見つけてしまった「究極の納豆」。本気度1000パーセントのノンフィクション大作。壮大すぎる“納豆をめぐる冒険”

    もう脱帽ですよ。謎の怪獣から、西南シルクロードから、四畳半から、サハラ砂漠マラソンとあらゆることを題材に本を書いていますが、今度は納豆ときました。目の付け所がプリティーかつ鋭敏で、しかも行き当たりばったりの楽しさに溢れていてなんとも読み応え満点です。
    納豆皆さん好きですよね?日本だけのものだと僕も思っていたのでまさに目から鱗がぼろぼろ落ちてきました。何しろどんな葉っぱにも納豆菌がいて、わらを使わなくても全く問題が無いという事にビックリです(通気性、保温性で抜群の素材ではあるようですが)この本は後世に残すべき大名作ではないかと思います。何故ならこれ読んだら急にアジア諸国に親しみを覚えているからです。他の人も読んだら急にアジア諸国の人々が身近に感じられて平和になりそうな気がします。

  • 図書館より。

    自分の故郷が納豆発祥の地?気になって、のんびり読了。
    知らない土地ばかりだけど、納豆は知ってるから(笑)割りと読みやすく(でも、人名や地名は覚えず)読めた。

    手前味噌ならぬ手前納豆。
    やはり慣れ親しんだ地元の納豆が一番だと、読みながら地元の納豆を食べていた。こちらも美味しく頂きました。

    強いて言えば、字の細かさと分厚さが難点か?持ち運ぶには重たいし、文庫になったら一冊に収まらないタイプかな。
    ☆4.5。

  • 深夜のSNSで美味そうな料理画像をUPしたり、TVの深夜番組でグルメ番組を放送するのを「夜食テロ」と呼ばれているが、本書はさながら「納豆テロ本」である。
    通勤列車の中だろうとおしゃれな喫茶店だろうと頁を開けば「納豆食べたい!」と叫びたくなる。
    ミャンマーの山間部の集落で「白いご飯に納豆と生卵」という日本の納豆そのものみたいな食事に出会ったのをきっかけに、アジア各地の納豆分布と、並行して日本の納豆のルーツに迫り、辺境食、辺境民族の食としての納豆文化を分析する。
    「手前納豆」の発見が素晴らしい!

  • わたしは納豆はひとくちも食べられないし、匂いも苦手なんだけど、おもしろく読んだ。ただの「納豆」(失礼)なのにこんなに地理的、歴史的ドラマがあって、ここまで掘り下げられるっていうところがまずすごいと思った。
    すごくたくさん文献にもあたってきちんと調べて研究してるんだなっていうのがよくわかるけど、「納豆合宿」とかいって、納豆を実際につくってみて、わーできた!とか無邪気に喜んだり、アジア各地でいろんなツテを頼って納豆づくりを見学したり試食したりしてるところがやっぱり読んでて楽しかった。

    高野さんが、なんか納豆の会社の研究機関?みたいなのの顧問をしているというのにも驚いた。ここまできたらもう立派な「研究」だ。ふと興味がわいて追求していってここまでできるっていうのもすごいな、と。

  • いやいや、納豆で感動するとは思わなかった!タイからミャンマー、ネパールへとアジア納豆の姿を探索してきた高野さんが、岩手の雪納豆にたどり着いて旅を終える。このくだりでジーンと胸にこみ上げてくるものは、やはり「感動」なのだった。納豆で、ねえ。

    大の高野ファンで、何を読んでも面白いと思ってきたけれど、今回ばかりはちょっと不安だった。納豆?うーん、そりゃ普通に食べるけど…。謎の怪獣とか怪魚とか、アヘン王国やらブータンやらソマリランドやら、ワクワクするような未知物件を紹介してきた高野さんが、納豆…。

    ふーん、で終わってしまうのでは?という危惧は見事にはずれ、おもしろいったらありゃしない。納豆は意外にもアジアの多くの地域で日常的に食べられていて、大切な食材であるという。その実態も起源もよくわからないということで、高野さんの探究心に火がつく。とことん生活の現場で、ありのままの姿を見ようといういつものスタイルで、アジアの辺境へ、日本の田舎へ、旅を重ねていく。昨年ブログ(ツイッターかも)に「このままだと上中下三巻になってしまう。いくらなんでもまずい」というようなことが書かれていたが、実に取材量が半端ではない事が伝わってくる。

    何よりおもしろいのは、納豆を通して、国や民族や部族の歴史、人々の生活のありようが生き生きと感じ取れることだ。納豆を作る人たち、買って食べる人たち、食べない人たち、それぞれにそうなるに至った、動かしがたい必然性がある。文化とはそういうものなのだなあとしみじみ思う。納豆は辺境食なのだという「発見」はまさに目からウロコ。高野さんは、かつて壮絶な徒歩行をした西南シルクロードが実は「納豆ロード」なのではないかという仮説をたてている。そうかもしれないなあと思って、なんだか嬉しくなってしまった。

    いつものように、魅力的でヘンテコな人が次々出てくる。これが本当に楽しい。シャン族の美人女将(いやほんと別嬪さん)、カチンの達人カプラジャン、上村愛子似のルビナ、岩手で雪納豆を作る中村さん夫婦…、忘れがたい人ばかりだ。一番心に残ったのは、アジアの辺境で、岩手の田舎で、同じような言葉を繰り返し聞いた高野さんの感慨だ。「人間には好奇心ってものがあるからなあ」 古き良き世界にどっぷり浸かっているはずの人たちがどうして探検部出身者みたいなことを言うのか、と書かれている。納豆というものができたのも、それを食べるようになったのも、実に好奇心のたまものかもしれない。

    取材期間は長く、地理的にも広範囲にわたっている。それをわかりやすく楽しく読ませる高野さんの筆力に改めて脱帽。

  • 面白い。とても身近なものだし。
    納豆菌は藁にしかいないと私も思っていた。

  • ソマリランドの本を書いたノンフィクション作家の高野さんの本。ソマリランドの本が無類に面白かったので、この本も買ってみた。最後まで読んでも大きなオチらしいオチがないので、ある意味肩すかし的な感じの内容ではあるんだけど、最後まで読む手が止まらなかった。この本も無類に面白い。納豆は日本だけでは無くアジア各地に存在し、納豆はワラだけではなくて各種葉っぱでも出来ちゃう件とか、納豆の料理方法は日本は後進国であり、アジアでは料理法が多岐にわたるという事実だけでも知っていて損は無いし、読んでいて相当ワクワクする。
    ともあれ、日本でも択一的な納豆だけでは無くていろんな種類の納豆を作って販売してもらいたいなと思うし、同時に納豆の各種料理方法も含めて広めてもられば相当面白い事になるなぁ、と思った。納豆好きな人には世界観が広まるのでお勧めしますが、オチを求める人にはちょっと食い足りない内容かな、とも思う。

全46件中 1 - 10件を表示

高野秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
恩田 陸
西 加奈子
又吉 直樹
スティーヴン ワ...
高野 秀行
横山 秀夫
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉を本棚に「積読」で登録しているひと

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉の作品紹介

見て、嗅いで、作って、食べる。壮大すぎる「納豆をめぐる冒険」! 辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。タイやミャンマーの山中をさまよううちに「納豆とは何か」という謎にとりつかれ、研究所で菌の勉強にはげみ、中国に納豆の源流を求め、日本では東北から九州を駆けめぐる。縦横無尽な取材と試食の先に見えてきた、本来の姿とは? 知的好奇心あふれるノンフィクション。

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉のKindle版

ツイートする