神々が見える神社100選

  • 42人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 芸術新潮編集部 
  • 新潮社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103455035

神々が見える神社100選の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごくわかりやすく、写真が綺麗。ますます神社の神秘さに惹かれる。

  • ★2017年3月25日読了『神々が見える神社100選』芸術新潮編集部 評価B+

    これまでの一之宮などの神社の本ははパラパラと見ていた。しかし、一之宮とそれ以外の神社の違いが今一歩分かっていなかった。それもこの本で簡単に解決!
    写真が綺麗で、一般的にはマイナーだけど良さそうな神社まで拾っている点が良い。

    ■主祭神と相殿神がある。要は色々な神様を日本の神社は扱っているところがほとんど。
    伊勢神宮:あまてらすおおみかみ 出雲大社:おおくにぬしのみこと 大神神社:おおものぬしのみこと

    江戸時代以前は神仏習合で、神社と寺院が混在していた。
    日本の神々は、インドの仏が化身した仮の姿などという本地垂迹説まで世に広がったこともある。
    江戸時代に、儒学者、国学者の主張で、神道と仏教を分ける機運が高まり、それが明治新政府の神仏分離政策へ。

    ■神社のかずは約8万6千社 一番多いのが八幡信仰で7,817社。
    伊勢、天神、稲荷、熊野、諏訪、祇園、白山、日吉、山神、春日、愛宕、三島、大山祇(おおやまづみ)
    鹿島、金比羅、住吉、大歳、厳島、貴船、香取の順

    ■式内社:延喜式905年の神名帳に載る伝統ある神社のこと
    ■二十二社: 伊勢、岩清水、賀茂、稲荷、松尾、春日、大神、住吉、日吉など
     一之宮 : 各国の国司が重視した国中第一の鎮守
    ■近代社格制度 伊勢神宮は別格扱い
    官弊社(皇室)それぞれ大中小宮あり
    国弊社(国庫)

    一之宮も回り始めたところだが、それ以外でも沢山のしっかりとした神社があることがよくわかった。

  • 索引が少し見難い。
    写真はとてもキレイで神社の説明も見やすい。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
エラ・フランシス...
リンダ グラット...
村田 沙耶香
高野 和明
ピエール ルメー...
米澤 貴紀
恩田 陸
タムシン・ピッケ...
有効な右矢印 無効な右矢印

神々が見える神社100選を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神々が見える神社100選を本棚に「積読」で登録しているひと

神々が見える神社100選の作品紹介

全国10万の神社から目利きが厳選。神の国へのガイドブック。荘厳な社殿に、神話の舞台に、優美な宝物に、雄大な山々に、神々が見える――日本全国津々浦々、八百万の神々の住まいを訪ねてみたら、そこは未知なるワンダーランド! 10万ともいわれる日本全国の神社から、芸術新潮編集部が選りすぐった名社を紹介。長い歴史と土地の力に育まれた聖なる空間へ、神様に会いに、いざ出発!!

神々が見える神社100選はこんな本です

ツイートする