ロマンティックあげない

  • 246人登録
  • 3.94評価
    • (18)
    • (17)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 松田青子
  • 新潮社 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103500117

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ロマンティックあげないの感想・レビュー・書評

  • テイラー・スウィフトにはじまり、テイラー・スウィフトに終わる、フェミ的メッセージがところどころに散りばめられたエッセイ。いやいや、私たちには松田青子もいたわ、と頼もしいかぎり。
    エッセイははじめてですが、小説(『スタッキング可能』と『英子の森』)は2作ともすごく好きでした。

    「フェミ曲ミックス Vol.1」
    松田氏の定義によると、フェミ曲とは、「これまでの社会通念、固定観念などを変えていこうという強い意志が見える曲である。例えば、あみんの『待つわ』(私待つわ いつまでも待つわ たとえあなたが ふり向いてくれなくても)、都はるみ『北の宿から』(着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます)などは、非フェミ曲である。これに対し、「待つな!」「編むな!」と歌い上げているのが、フェミ曲である。」とのこと。
    たしかに『待つわ』や『北の宿から』的な価値観が「女性の美徳」とされたのではたまらない。世の中的にこういうのが美化されたり理想化されたりしているのは問題だが、でもまあ、これはあくまでも歌の世界のことであって、もはや化石化した価値観であり、現実世界の女子たちはみな、ふり向いてくれない人をいつまでも待つはずもなく、さっさと次に進んでいたり、着てももらえぬセーターを編んだりするような真似はせず、あんたが着ないなら別の人にあげるわとか、自分で着るわとか、そもそも編むより買ったほうが早いわとか、そんな感じなんじゃないかな?
    とはいえ、松田氏も指摘するように、こういう「非フェミ曲」を日常的に聴くのはやはり精神衛生上よくないと思う。『待つわ』や『北の宿から』を日常的に聴く、というのもかなりレアなケースかとは思うが。。非フェミ曲=「堪え偲ぶ系」ということでいえば、最近の流行歌でもまだまだ結構あるのかも、非フェミ曲。あと個人的に付け加えたいのが「偽フェミ曲」。西野カナとか。若い女性から絶大な支持!とかいうけど?? 妄想上の「あなた」を持ち出してひたすら「可愛い私」をアピールしている、ナルシズム全開の「偽フェミ曲」じゃないか!「受け身」で「待ち」な姿勢は、本質的には変わりません。

    とにかく、価値観の刷り込みは危険です。
    「フェミ曲ミックス」のナンバーは、私も知ってるおなじみの曲もあり、ちゃんと聞いたことなかった曲やまったく知らない曲もあり…。テイラー・スウィフトはこっそり聴いていたのだけど、なんとなく気恥ずかしくて人には言えなかった。でもこれからは声を大にして言おう、「テイラー・スウィフトが好き!」

    その他、海外ドラマや映画のことなど。知らないタイトルや名前がたくさん出てきたので、スルーしたり、メモったり。他は主に、日常の中で気になったことなど。フィギュアスケート愛も。どこか皮肉的なユーモアが漂う、あの独特の語調(松田節?)で語るものだから、こちらはニヤニヤが止まらないし、ときには吹き出してしまったりで、電車の中で読むには向かない一冊。
    元気が出ました。

  • 図書館でなんとなく手に取り、なんとなく借りたがこれが正解。
    映画や本の趣味が私と合う!
    フェミエッセイも「そうそう、そうなのよねー」と頷くことしきり。
    しかしそのフェミ部分が濃すぎ、私のような若輩者には疲れる。
    著者とおんなじ濃度でないとついてゆけんかもしれない。

    気に入ったエピソードは『マットを担いで歩く女の子』。
    ほんとの強さとかしなやかさとかってこれだなーと思った。

  • 同年代の作者の作品は楽しい。
    何度も声出して笑ってしまった。

  • 松田さんのエッセイ。ロマンティック、あげない、私は私のためにかわいい服を買ってちょっと高いバッグ買って化粧をちゃんとして姿勢良くヒールで歩く、と心晴れやかになる。

  • 17/05/01 (31)
    表紙とタイトルのかんじが山内マリコぽい。
    映画と音楽がとても好きなんだなあとわかる。
    テイラースィフト聴きたくなったよ。

  • 最初はそんな捉え方もあるのかとおもしろく読めていたけれど、だんだん読んでいて疲れてきた。「誰も口にしない違和感にあえて全力でツッこみます」との事で、共感される方には爽快エッセイなのかもしれないけれど、共感する話が少なかった私には少しめんどくさいなぁと。でも「フィギュアスケートの季節」の実況の話には共感。選手のプレーに感動しても実況で冷めること、どのスポーツでもあります。

  • 「スタッキング可能」「英子の森」「読めよ、さらば憂いなし」に続き4冊目の松田青子さん。時折声を出して笑ってしまうくらい面白いエッセイ集だった。
    独特の視点から語られる事柄・人物は、たとえ今まで全く興味がなかった(むしろあまり好きではなかった)としても、とたんに好きになってしまいそうなくらい魅力的に感じられるから不思議だ。
    面白いと感じるものは面白い、おかしいと思うことはおかしいと、自分の感覚を信じて発信できる松田青子さんは頼もしい。これからの作品にも心から期待。

  • 同志社卒の翻訳家で小説家のアラフォーさん。独特な語り口で状況を的確に描写。なんか聞き覚えがある。あぁ、うちの娘のだわ、これ。わけ〜女子の身内話での口調。おもろいなぁ。

  • はぁ…
    本当面白くてひとつひとつじっくり読んでしまった。友達になってほしい。それくらい全ての好みがドンピシャ。観ている映画も同じだし、キルユアダーリンのデインデハーンにメロメロなのも、服の好みやら、ゴシップ記事のあれこれとか、師匠と呼びたいです。
    知らないものでも松田さんがいいというもの全てググってチェックしてしまった。魅力ある一冊。面白すぎた。お気に入りのエッセイになりました。

  • よく考えたら夜道で危ないから送っていくよといい彼女もそりゃそうだとそれを受け入れ2人でカメラから消えていく

    正しさ大事だが思いやりも同じ位大事だと言うことも。

    まず愛想が悪いのがいい笑顔を大事にしている店ですと書いてあって度肝を抜かれた位に愛想が悪い

    どこかに自分が気がつかなかった家の剃り残しがあるんじゃないかそれを見つけられて内心何か思われているんじゃないか

    人数の多いアイドルグループが夏らしい曲のミュージックビデオで全員白いビキニを着せられているのを見ると可愛いなと思うと同時に撮影当日この中の何人が生理で嫌だったろうと考えてしまう白いホットパンツが衣装だったりする時も生理の時大変だろうな気の毒にみたいな気持ちでいっぱいになる

    奇抜さも斜めの視線も必要なく普通をさくっと超えている人というのはこの世の宝だ



    おじさんが横で小さく拍手していたうれしくなって私も小さく拍手した

    アメリカ自然史博物館

    ノアバームバック イカとクジラ

    楽しみにしている作品はできるだけ0の気持ちで臨みたいと思っている

    高橋留美子は最高だよね!

  • P33 生活や仕事をしているだけなのに、ただその場にいるだけなのに、トンチンカンな言動が爆弾みたいに投下される、その瞬間のアホらしさ。そしてそれに気を遣って笑わなければいけないむなしさ。

  • テイラースウィフトに始まり、テイラースウィフトに終わるエッセイ集。

  • 賢くてユーモアがあるフェミ視点のエッセイ集。とてもたのしく読めました。
    フィギュアスケートの実況は本当にアレ実況じゃなかったな。文字に書き起こされると破壊力が凄まじい。
    オトナのガチャガチャの魅力がとてつもなく伝わってきて行けなかった自分に今更後悔する。友人にチケットあるから行かないかと誘われたけれど予定が合わず行けなかったのだ。でも一度は観てみたいと決意する。てかこのエッセイを読んでしまったら一度で済むのだろうか、と観てもいないのに不安になったのだった。

  • 翻訳家の書く文章はおしなべて面白いのですが、この本もその例に漏れず非常に面白かったです。何度か吹き出しました(フィギュアスケートのくだりと、こけしのくだり)。ちなみに翻訳家の書く文章が面白いのは、「翻訳」という作業を通して文章を吟味し、味わい尽くし、研究し、360度の視点から眺めたり撫でたりつついたりしているからだと思っています。

    松田青子さんのエッセイは、デトックス岸本佐知子、とでもいうのでしょうか。岸本佐知子+山崎まどか÷2とでもいうのでしょうか。なんとなく、筆者自身も岸本佐知子を意識している感がありました。しかし、岸本佐知子の変態性はもはや殿堂入りと言っても過言ではなく、しかもあれは天賦の才であり先天的な能力だと思っているので、まあ要するに完全に別ものでした。

    アメリカのポップスとフェミニズムの関連性についての記述は非常にわかりやすく、確かに音楽って人のメンタリティーに相当な影響を及ぼしているなと納得させられましたし、アメリカンポップスの持つメンタリティーを初めて知って驚きました。私も今日からテイラースウィフト聴こう!!!という気持ちがみるみるわいてきた。

    これを読んで、考えさせられるとか、持論がより深まるとか、新しいものをクリエイトしたくなるとか、そういったことは全くないのですが、ただもう単純におもしろく読めて、映画や音楽の楽しみが少なからず増えることは間違いないと思います。

  • 今、翻訳家のエッセイがおもしろい!
    岸本佐知子さんに続き、この人のエッセイから目が離せない。
    なんと言ったらいだろう、いい感じに気の抜けた笑いとおおらかさがあって、読んでいて楽しい。
    そこは盲点だった!という意外な着眼点や、激しく共感するマニアックネタについて書いてあったり。とにかくいちいち面白いのだ。
    岸本佐知子さんとの違いは、女子目線があること。
    世代が同じようで若干違うので、理解できない話もあったけど、それ以外はどれもクスっと笑ってしまう。
    洋画、洋楽フリークの人にオススメしたい一冊!
    本で私の大好きなSNLネタがけっこう登場するので、それだけでなんだか嬉しかったなー。

  • (6/16一読、6/29二読)

  • エッセイ集。今まで読んだ松田作品エッセイ集のなかでも特に面白い。おしゃれでかわいいのに毒があるよね。

  • 青子さんは、目の付け所が面白いなー。
    ちょっと、有さんっぽいところもあるし。
    すごく私好みだ。
    バレエ観に行ってみたいな!

  • yomyom pocket 2013.7-2015.8 連載エッセイ。Youtubeの歌、映画、DVD、服、コスメ、文房具、翻訳や原稿の仕事、バレエ。ベースにフェミと英語。

    英語の音楽もネットもyoutubeもDVDも本も、レパートリーに入っていると、世界が広がるな〜と思いました。

  • 化粧品、使い切るのがインポッシブルすぎてせつない、というのは誰しも思ってるんじゃないか。

全23件中 1 - 23件を表示

ロマンティックあげないを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ロマンティックあげないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロマンティックあげないを本棚に「積読」で登録しているひと

ロマンティックあげないの作品紹介

日常に溢れる「小さな違和感」をプチプチ退治。注目の新鋭作家による爽快エッセイ! テイラー・スウィフトのギラギラした目に夢中。ポニョは果たしていい名前なのか。岩館真理子のワンピースを探して。フィギュアスケートのおかしな実況。パスタセットにバゲットは必要か。「写真はイメージです」の不思議。どうしてハートをあげるのは女の子だけ? 共感度満点のクセになる49篇。

ロマンティックあげないはこんな本です

ロマンティックあげないのKindle版

ツイートする