ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正

  • 279人登録
  • 4.09評価
    • (25)
    • (38)
    • (10)
    • (1)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 大西康之
  • 新潮社 (2016年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103500711

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
ベン・ホロウィッ...
ブラッド・ストー...
リンダ グラット...
クリス・アンダー...
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正の感想・レビュー・書評

  • シャープで技術開発の中心人物だった、「ロケット佐々木」の異名を持つ佐々木正氏のお話し。内容は面白いのだが作風がやや下町ロケット的で、実話をもとにしたノンフィクションノベルといった感じ。

    少年時代を台湾で過ごした佐々木氏は、帰国後に軍の命令により技術者として、レーダーや超音波の開発に携わる。戦後は研究職の道を目指すが、シャープ創業者である早川徳次の説得により、シャープの前身である早川電機に入社する事となる。

    早川電機入社後の佐々木氏は「共創」の精神で、若い技術者の良き相談相手となり、海外の部品メーカーとの連携も円滑に勤め、社内だけではなく日本の電子産業の中心人物となる。ライバル会社のトップである松下幸之助に招かれ、松下電器で講演を行ったエピソードは大変興味深い。

    佐々木氏が退職後のシャープは承知の通り、液晶事業に傾き過ぎてしまったばかりに、海外企業の傘下となってしまう。しかし資本を注入した鴻海が、佐々木氏がかつて暮らした台湾の企業というのも、何か不思議な縁を感じてしまった。

  • 技術立国(電子立国)を支えた佐々木正とい技術者の偉業、考え方がよくわかる本であった。スティーブジョブズが憧れた伝説のエンジニアという通り、様々なものを開発した。液晶、LSI、計算機、電卓、MPU,ザウルス、MOS等であった。そこにはあきらめということは一切なかった。アメリカに行ってQuality Controlを習ってきた。特殊原因と共通原因、統計的管理、ともに開発していくという共創のDNA、技術は人類の進歩のためにある、人類の進歩に終わりはない、等技術に関する興味深いエピソードばかりだ。これをどう生かしていくか?

  • スティーブ・ジョブズや孫正義の若いときに同時期に会っているというのが因果を感じる。
    佐々木はドイツから潜水艦に乗ってレーダー技術を持ちかえるという荒業を経験した。
    佐々木の明石の工場が爆撃されなかったのは、占領政策で通信網を円滑に構築するマッカーサーの指令ゆえであった。
    戦後GHQからの指令でアメリカに渡り、生産管理のノウハウを学ぶ。たとえば、女子工員が部品を床に落とせば日本では上司が叱るが、アメリカでは、女子行員の床下にベルトこんであがあって、それが部品を回収する仕組みになっているのを見た。
    江崎玲於奈も佐々木も門下生。江崎の息子は佐々木の秘書と結婚した。

    ライシャワーとも家族ぐるみで親交がある。皇太子妃だった美智子様がアメリカのライシャワー宅にホームステイすることになり、佐々木の娘がお世話係として随行した。娘がパン焼き機が作れないか相談したところ、佐々木は懇意の船井電機の社長に相談。船井は持ち前の瞬発力でパン焼き機を開発。

  • シャープの社員ではないが、関係する者の立場として読んだ。
    佐々木氏の素晴らしいところは、技術者としての先見性やアイデアなどであることは言うまでもない。それ以上に日本が世界の中でもまだビハインドしている時でも、また日本の電機産業の急成長を企業が謳歌する中でも変わらず、世界に目を向け、欧米企業と対峙し、ネットワークを構築していったところにあると思う。
    改めてビジネスは人である、ということを再認識させた。
    特に終盤では現在のシャープのことも描かれ、評判の悪い経営陣ではあるが、現社長の高橋氏の行動なども描かれ、少し見方が変わった。
    そこらの小説よりも感動できる本であり、最後はうるっときた。

  • 2017年9月18日読了。
    佐々木正氏と彼を取り巻く人々(ハインリッヒ・バルクハウゼン、ジョン・バーディーン、江崎玲於奈、早川徳次、佐伯旭、樫尾4兄弟、フレッド・アイストン、ロバート・ノイス、孫正義、西和彦、スティーブ・ジョブズ等)との「共創」をテーマに紡がれた伝記。

    技術は人類の進歩のためにある。

    > サムスンに技術を渡した佐々木を、人々は「国賊」と呼んだ。
    > だが佐々木は、自分が間違ったことをしたとは露ほども思っていない。

  • 佐々木氏の烈伝。こういう人物が時代を創る。
    孫正義もそうだろう。少しでも触れたら、その気を自分にも活かすべし。
    フィクション小説としては、エピソードが削れなさ過ぎて、社史レベルになってしまっているが。

  • 技術とは人類を幸せにするものだ。

    その通りだと思う。

    誰かの懐を肥やすためのものではなく、多くの人を幸せにし続けるものではなくてはならない。商売で戦うことはあっても、技術を独占、隠し続けることをすると、負けてしまう。技術を共有することで、人類を幸せにする事が必要なのだ。

    何と素晴らしい考え方であろうか。

    そのような考え方にも続き、世界を股に掛け、技術発展に貢献した方が早川電機、そう今のSHARPにいらっしゃった。

    電卓の競争ではカシオと、本当に日進月歩の技術開発で戦い、Appleのスティーブ・ジョブズ、ソフトバンクの孫正義など、数々の現在を率いているコンピューターの世界のトップの背中を押してきているのだ。

    何と素晴らしい考えだろう。

    このオープンな考えにより、技術発展が行われたのだとしか思えない。

    最後に、シャープが開発したロボホンはこの素晴らしい考えを持つ、佐々木さんのアイデアで開発が始まったのだ。資本が変わっても、目の付け所がSHARPである、SHARPであって欲しい。

  • 佐々木正さんの半生記。
    非常に面白かった。

  • これが日本の技術者

    自分の力で試してみる。わからなければ聞いてみる。管理職は情報のハブである。知っている人を見つけて会わせる。
    もちろん、聞いてばかりではいけない。自分の持てるものを出す。
    皆で進めていかねばイノベーションは生まれない。ドクター佐々木はそのすべてを体現している。

    半導体立国でお見かけした際には、単なる技術部の偉い人という印象しかなかったけど、この本を読んで、初めてその人となりを知りました。

    溢れるアイデアをどう世に出すか。
    自分も次のアイデアを世に出さねば!!

  • ITのことはよく分からない私でも、はじめからがっちり掴まりました。まだ何物でもないスティーブ・ジョブズと孫正義に出会うエピソードから、この本は始まります。

    「ロケット」というのは佐々木の仕事と、決断の早さを、アメリカ人の技術者が称したもの。ひろい人脈をもち、その人たちに信頼されている佐々木は、すぐに次の手を打つことができた。
    それは『共創』という佐々木の考え方によるもの。一つの会社が発展するだけでなく、世界全体のために必要なことだといって、若い技術者からも教えを請うたし、自分の知っていることは相手に教えた。相手が追いついてきたら、それを凌ぐことをまた考えればいい。
    こんな度量を持った技術者が、今の日本にどれだけいるのだろうか。

    小説のように読みやすくてわかりやすかったです。
    しかも、驚きに満ちた本。読んでよかった。

  • 面白かった。シャープの歴史もよく理解できた。
    佐々木さんとジョブズや孫さんとの関係もとても興味深い。
    「ロケット」の表示が意味するものは、ロケットの開発ではなかった。その行動力は羨望。
    シャープには復活してほしいとつくづく思う。

  • 人脈凄すぎ。早川徳次ゆずりの度量大きすぎ。佐伯社長、経営力ありすぎ。今の中国企業になったシャープを見てどう思ってるんだろうか

  • ・「液晶はもういい。ロボットをおやりなさい。
    まずは言葉だね。自然言語を理解するロボットを東京オリンピックまでに作るんだ。
    世界中から集まる人々をシャープのロボットがもてなす。素晴らしい光景じゃないか。」

    そんなある日、一人のシャープ社員が佐々木を訪れた。
    景井美帆。
    「これ、まだ試作なんですけど」
    テーブルに置かれたのは、愛らしい顔の小さな人型ロボットだった。
    RoBoHonと言います。。。。

    →ほんまかいなぁ~~~wwww



    ・違うものを接げばそこから新たな価値が生まれるのか →共創

  • シャープ元副社長の佐々木正氏の伝記。
    伝記ではあるが、当時の電機業界の技術競争や成り立ちなど佐々木氏自身の話だけでなく、業界全体の話も多く、興味深く読んだ。
    本当は学者になりたかった佐々木氏だが、戦中、戦後と自身の思い通りになる世の中ではなかった。
    けれど、エンジニアとしてジョブズや孫正義に師と仰がれる。
    氏はエンジニアの前に人として素晴らしい。
    相手が分からなければ、例えそれがライバルだとしても教え、自身が分からなければ相手に聞くという、「供創」の思想は本当に素晴らしい。
    とても読み易く、佐々木氏と当時の状況がよく分かった。

  • 元シャープ副社長で、伝説的技術者佐々木氏の評伝。自ら発明したという自動翻訳機を携えて面会に来た若き日の孫正義を見込んで共同開発を行い、その後も第一勧業銀行への融資依頼に対して自らの資産を担保に出すと申し出てソフトバンク創業の一億円の資金を得た話はあまりにも有名。このことに対して孫正義は佐々木のことを大恩人と言ってはばからない。孫正義だけでなく、アップルを追われたころのスティーブ・ジョブズがわざわざ東京に佐々木の元を訪ねてきたこともあったらしい。驚くのは、それ以前にすでに米国でその二人に会っているらしいことだ。彼ら以外にも、トランジスタを発明したベル研のウィリアム・ショックレー、フェアチャイルド・のロバート・ノイス、インテルのアンディー・グローブ、ゴードン・ムーア、SONYの江崎玲於奈、などその人脈は多彩である。また、こういった人脈を活かしきる判断力と行動力が素晴らしい。

    日本の高度成長期、佐々木の指揮の元で激しい電卓戦争を勝ち抜いたシャープ。トランジスタ、CMOS、液晶、太陽電池と技術の目利きとチャレンジで新しい技術を次々とものにしていった。そこには「足を止めたら負ける」という思いがあった。1971年には国内で生産された半導体の40%が電卓に使われたという。電卓は、それだけ電子立国・家電立国日本を象徴する最先端の製品であったのだ。カシオなどとともに技術と市場を牽引するシャープと佐々木を描いた物語は爽快である。

    佐々木のポリシーは次の言葉に集約される。
    「いいかい、君たち。分からなければ聞けばいい。持っていないなら借りればいい。逆に聞かれたら教えるべきだし、持っているものは与えるべきだ。人間、一人でできることなど高が知れている。技術の世界はみんなで共に創る『共創』が肝心だ」

    終戦間もない日本にあって、米国から多くのことを学んだ経験からの言葉である。「競争」ではなく「共創」。今ならオープンイノベーションと呼ぶのだろう。そのことを何十年も前から言葉にし、実践してきた。シャープが苦境に立たされているのを、液晶技術にこだわり、それをブラックボックス化して囲い込もうとしたことにあると指摘する。

    シャープ堺工場に鴻海の資本が入った直後の2012年、東洋経済のインタビューに答えてこう伝えている。

    ----
    今回の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業のシャープ堺工場出資については、正直、警戒しています。
    シャープは、「おカネが入ってくるから、危機を乗り越えた」と一安心してはいけません。これは勝負ですよ。郭台銘・鴻海会長に対しても、「いやぁ、ありがとうございます」なんて調子のいいことばかり言っとってはダメだ。彼が堺工場に入るすきがないぐらい、根性のある経営をしてもらわないとね。
    過去のサムスンとの技術提携と異なり、シャープが欲しかったのはおカネだけ。鴻海はシャープの技術だけが欲しい。互いに信頼しているわけではないように見えます。
    シャープの経営陣は、あんな大きな赤字が出るなんて初めての経験だから仰天したんだろうね。今は、短期的な業績が、経営陣の評価基準になる時代です。それでも経営者たる者、長期的な経営戦略を、自信を持って説明できるようでなくてはね。
    ----

    御年101歳でいまだ存命とのこと。この度の鴻海による買収について、どのように考えているのだろうか。

    -----
    「「共創」が未来を作る」(東洋経済ONLINE 2012年8月6日)
    http://toyokeizai.net/articles/-/9715

  • すごい人がいたんですね。現在のIT技術とその応用製品の礎を全部作った人なんだなと感じる。ノーベル賞受賞者の江崎玲於奈、シャープの創始者・早川徳次、コンピュータ、パソコンの心臓部であるMPU、超LSI、などなど。彼自身が創ったというよりもヒントを与え、専門家を紹介し、お金を出したなどにより新しい技術・製品を作り出していった。技術はみんなのためにあると言う精神、彼はこれを「共創」といった。手助けをした人の有名所としてはインテルのノイス、孫正義、西和彦、スティーブジョブズ等錚々たる人々がいる。サムスン電子にも技術供与をしたところからシャープを崩壊させた人のように言われるが、懐が大きすぎるが故なのですね。逆に彼が現役から去った後、自由に研究させて新しいものを作っていこう気風が無くなってきたが故だと思う。

  • 系推薦図書 4系(環境・生命工学系)
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 289.1||OH

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=177540

  • プロローグの「孫正義の大恩人、スティーブ・ジョブズの師」を読んだだけで一気に引き込まれ、その日のうちに読了。日本にこんな偉大な人がいたなんて、凄い!

  • 20世紀のシャープの躍進を支えたロケット・ササキ(佐々木正)の伝記。1915年(大正4年)生まれで2016年現在、101歳で存命とのこと。ササキの生涯を追っていくことで電子立国日本の20世紀の技術史を俯瞰することもできる。ササキは戦前のコスモポリタンな台湾で育ち、京都帝大を卒業。戦争中、軍部の命令で殺人レーダーの開発に携わったようだが、それが戦後は電子レンジの開発に繋がるなどの話は興味深い。戦前からグローバルに活躍していた佐々木正。シャープ(早川電機)に招かれたときは実は京大の教授になる予定だったというだけあり、その人となりは企業人というよりアカデミックな雰囲気を感じさせる。多様で多くの人脈を持ち必要なら人に教えを請い、そして請われれば教える”共創”を旨としていたようだ。本書では孫正義やスティーブ・ジョブズなどが有名人が登場してくるが、そう言えば孫正義の伝記「あんぽん」にササキが登場していたのを思い出す。彼らの伝記技術を囲い込んで自分だけ儲けようとしていては短期的には良くても競争がなくなり技術発展が送れ、結局は破綻するというのは、昨今のシャープの没落に通じる。人類の進歩を技術者達が協力してで共に創り上げていく共創。大学まで生き残りをかけて競争している現代。少なくともアカデミックな世界は競争の中に共創の精神を持ち続けていきたい。

  • ★2016年8月4日読了『ロケット・ササキ』大西康之著 評価A
    この本というよりも、この佐々木正というシャープの元副社長の人間の面白さと大きさに評価Aということ。
    それにしても、何とこの時代の人たちは人間が大きくて、おおらかなことか?!
     いまのシャープにこの人のDNAが残っていなかったから、いまの没落があるのか?彼がサムソンに液晶技術を教えてしまったから、没落したのかは分からない。しかし、少なくとも佐々木氏の持論から言えば、その地点にとどまってしまえば、負けるのだから、先に進まねばならなかったということなのだろう。
     また、目のつけどころがシャープ!の原点となった人であることがよくわかる。

     戦前、戦中、戦後の彼の仕事ぶりは、それぞれ非常に興味深く、科学技術を愛し、その使い方、目的をよく分かって、人々のために商品を開発することをその信条としていた。
     文中で彼の仕事に関わる人物が、このインターネット社会を創造してきた人ばかりで、ロケット・ササキと呼ばれた彼の人柄と交際範囲の広さは驚くばかりである。
    何のために仕事をするのか?人生は何のため?と悩む若い人にはぜひ読んでもらいたい作品である。元気がもらえる筈だ。

  • 文章のテンポがよく、サクサクと読めてしまった。

    いまやシャープは鴻海に買収されてしまったが、
    昔日の栄光ぶりを追想するかのごとく、
    電卓戦争の勝利や液晶開発の端緒といった点が、
    つまびらかにされている。

  • “イノベーションは、共創から生まれる” この方の思想が家電業界に浸透していたら、ガラパゴス化なんて起きなかっただろう。 戦時中研究者としての壮絶な経験。未だご健在という事実に驚かせられる。 「電子立国」時代の、最後の(?)生き字引。これほどのスーパーボスが居た会社でも、すぐに崩壊への道へ進んでしまうのだもの。技術で生き残って行くことの難しさたるや。

  • 心の狭い私は、ちょっと出来過ぎって思った。

  • LSI(MOS)によるポケット電卓や液晶ディスプレイなど主要技術をリードし、技術のシャープを作った人材。ソフトバンクの孫やアップルのスティーブジョブズにも影響を与え、また彼らにも頼られていた。
    戦後の復興を遂げた日本というのは、このようなバイタリティ溢れ、能力に溢れる人材に支えられていたからこそ実現できたのだと思う。時代は違うが、京セラの稲盛和夫、出光の出光佐三など。
    一気に読み終えたくなる、勇気がでる、本である。

全29件中 1 - 25件を表示

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正を本棚に「積読」で登録しているひと

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正の作品紹介

この男なくしてシャープの興隆はなく、この男をなくしてシャープは墜落した。「ロケット」と称された爆発的な着想力が、電子立国日本の未来を切り拓いた。トランジスタからLSI、そしてMPUへ――シャープの技術トップとして半導体の開発競争を仕掛け続け、日本を世界のエレクトロニクス産業の先頭へ導いた男。インテル創業者が頼り、ジョブズが憧れ、孫正義を見出した佐々木正の突き抜けた人生。

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正はこんな本です

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正のKindle版

ツイートする