最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

  • 1126人登録
  • 3.86評価
    • (61)
    • (104)
    • (66)
    • (9)
    • (4)
  • 115レビュー
著者 : 二宮敦人
  • 新潮社 (2016年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103502913

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常の感想・レビュー・書評

  • トライアングルは誰がたたいても同じ?
    棒がざっと十本

    金槌の頭、自分で加工する

    音校と美校も違い
    就職するのは「マケ」
    ダメ人間製造大学

    面白かった

    漆の人、バレーボールのトスで他人がかぶれる。
    かぶれは友達
    口笛は倍音が作れない

  • 今ひとつ。一般人からすると珍しいエピソード満載だが、一つ一つの掘り下げは甘いような。藝大生が作品をアウトプットするまでの思考回路や気づきを得る過程、プロとして生きていくに際した商業性と芸術性の葛藤あたりまでの踏み込みがほしかった。

  • 話題になっていて読みたいと思っていたところ、ちょうど義実家で買っていたので借りて読む。
    芸術と音楽を専門に究める人々が集う東京藝大、入試内容に始まり、生徒や教授たちも個性的すぎる!いろんな物語を持つ人々が登場し、未知の世界を覗くおもしろさがありました。行ってみたいぞ学園祭。

  • 話題の本。
    一般的な大学生活とは懸け離れた東京藝大の学生たちの日常に迫るノンフィクション。
    タイトルはキャッチーだが、取材者である著者の真摯さに支えられた好著である。

    東京藝大は芸術系の大学の最高峰といってよいだろう。
    数多くのアーティストを輩出してきた殿堂。
    しかしその内情は、外部の者には窺い知れない。

    著者の妻は彫刻科に通う藝大生であり、著者はホラー小説やエンタメ小説を書く作家である。
    奥さんとの日常は不思議に満ちている。テーブルを自作したり、自分の体で型を取ったり、家に「生協で買った」というガスマスクが置いてあったり。奥さんネタだけで1冊本が書けそうなくらいだが、その奥さんの伝手で、著者が藝大のあちこちを見学し、何人もの人にインタビューしてまとめたのが本作である。

    まず、藝大には音楽を専攻する音校と美術を専攻する美校があり、各々のカラーがかなり異なるという観察がおもしろい。ざっくりいうと、音校は洗練されてスマートかつ勤勉、美校は型破りで何でもありな破天荒タイプが多い。

    藝大は難関というが、具体的にどう難しいのか。センター試験で高得点が必要だというわけではない。建築系やデザイン系など、センター試験である程度の点数を取る必要がある学科もあるが、センター試験が散々でも、実技試験が好成績であれば入れてしまう学科が多い。だがその実技試験が桁外れである。「人を描きなさい(時間:二日間)」「自分の仮面をつくりなさい」「自己表現しなさい」といった難問が出される。もちろん、「模範解答」などない。採点者の教授をいかに唸らせるか、表現者としての力量が問われるわけである。

    狭き門をくぐって入ってくる学生たちはそれぞれユニークである。
    口笛を楽器としてクラシックに根付かせたいと思う者。グラフィティアートに没頭した後、ホストクラブで働き、結局日本画がやりたいと藝大を目指した者。絡繰り人形を作りつつ、漆を学ぶ者。
    理論派。感性派。情熱家。天才肌。
    カラーもそれぞれだが、彼らに共通するのは、「自分にとっての芸術」を突き詰めようとする姿勢だ。

    破天荒に見えても、楽天的に見えても、その戦いは厳しい。おいそれと自分のやりたいこと、すべきことが見つかるはずもない。
    奮闘し、あがき、空回りし、中には自分を見失うものもいる。
    厳しい戦いを勝ち抜いて入学したはずの藝大生だが、卒業生の半数程度が「行方不明」という。フリーターになる者。旅に出る者。バイトをしながら目が出るのを待つ者。失踪する者。
    多くの者の「敗北」が積み重ねられ、数年に一度、「天才」と目される者が出る。累々たる屍の上に、時折、栄光が煌めく。

    藝大のあちこちに目を見張り、多くの藝大生の声を聞く著者のまなざしは、一貫して素朴な驚きに満ちている。揶揄する姿勢がないのが好感を持って読めるところだ。
    それは、著者自身が、フィールドは違えど、やはり表現者であることによるところが大きいかもしれない。
    そのまなざしは、「人にとって芸術とは何か」という、深い問いを孕む。

    終盤近くに触れられる、学園祭「藝祭」の様子が圧巻だ。まさに爆発。これぞ混沌。
    尖り過ぎて自分にはまったく理解不能ではないかと危惧しつつ、若き才能の片鱗に触れに、いつか覗きに行ってみたいような気もしている。

  • 文系すら縮小していこうか、という日本の大学教育において燦然と輝く藝大。ここを目指す学生たちがずっと居続けてくれることを願います。芸術に価値を見出さない国なんて、ほんとにつまりません。音楽は自分がやってたからイメージできますが、美術はほんとにすごい。奥深いです。藝大、のぞいてみたいな。素顔がみえて、とても面白かったです。

  • こんなに芸術が面白いものと知らなかった。自分の知らない世界があった!

  • 初読みの作家さん。元々は小説を書いているらしく、ノンフィクションでも文章の書き方が上手いので、すらすら読める。藝大の学生の日常をインタビューした内容。まず最初に出てくる作者の妻からして個性的。美校と音校の学生が交互に出てくるが、自分が音楽をやっていたせいか、音校の話の方が飛びぬけて、面白く感じた。浪人して、入った人が多いけど、みんな夢と希望を持っていて、自分が好きなことを極めるって凄い!とただ感心するばかりだった。

  • 芸術の世界で一目置かれる存在にあることは、即ち普通ではないということなのかもしれない。エッジの効いた才能がほとばしる素敵な世界が東京藝大にはあるのだろう。
    手にしたときはもっと笑えるような本であることを想像していたが、とてもまじめなルポルタージュであった。

  • 凄過ぎる、凡人の私には何度も読み直さないとうまく受け入れられない。
    とにかく藝大に行ってる方々は自分が何をしたいのか、早いうちから出来上がってて、もちろん行きながら模索してる人もいるだろうけど、脳の使い方が違ってる気がする。
    天才たちの集まり。そんな藝祭に行ってみたいものだ。

  • 東京藝術大学の知られざる学生生活の紹介。
    まず、美校と音校にわかれ、音校の生徒は、おしゃれで金持ちのお坊ちゃんで時間をきちんと守る。美校の生徒は、ジャージだったり作業着だったり、あるいは水着だったりと色々なファッションで、力仕事をし、時間や空間にルーズである。それらを冷笑する色々な人のインタビューがあるが、なぜか超絶技巧を持ちなおかつ変人灯される教授軍のインタビューがないのは残念。

  • ああ、こんな生き方もあるのねって、ワクワクしながら読み進めた。当方、アラフォーのしがない会社員。それなりに社会人やってると、常識ってものに蜘蛛の巣みたいに絡め取られて、がんじがらめになって、毎日の生活に閉塞感感じて行き詰まりそうになる。それにひきかえ、常識なんてちっとも気にして生きてない子たち、読んでいて清々しい。
    むしろ変に賢くて受け身で定型的で将来に打算的な若者が多くなる中、こんな子たちもいるんだなぁと、頼もしく感じた。将来のビジョンはフワフワしてるけど、純粋に分かりたい、知りたい、やってみたい、からの創造とか。かけねなしの情熱が眩しい。そう、きっと文化文明ってそういう人間として自明の衝動から生まれてきたし、これからもこういう実学じゃない教育機関って、いやむしろ、今だからこそ必要だなぁと。
    辛口レビューも多いみたいだけど、もちろんこの本で紹介された子たちが藝大生の全てじゃないけど、知らなかった世界が少し垣間見れて、私は満足。

  • 東京芸術大学に通う学生を通じ、謎の大学を解剖。
    特に美術は領域が広く、自分の知らない世界がまだまだ多くあり、そこに入り込んでいく人もいることに気づいた。
    藝祭に行って自分の目で見てみたいな。

  • なんでも自作してしまう美校生すごい。
    音校生との好対照も面白い。
    音楽の道って、やっぱり厳しいというのもわかる
    (趣味で楽しくやるのとは別の世界)。
    藝大ってすごい大学だ。

    藝祭、子どものころお彼岸の帰りに何度か見たが、また行きたいなぁ。

  • 藝祭に行ってみたいと思いました。

  • おもしろい!お薦めです。
    東京藝大生を妻に持つ筆者による、藝大生の生態を明らかにする書。卒業生の4割は行方不明、入試は2日かけて作品制作、油画科なのに油画を描かなくていい、など、不思議な環境や行動が、インタビューや見学を元に、まとめられている。
    筆者の文章がいい。藝大生をキワモノとして扱わず、面白がっていて、リスペクトしていて、愛情があり。読んでいて心地よい。

  • 一途な想い??
    とっても大変そうだけど、面白そう。
    行ってみたいな。

  • 本屋さんで平積みになってる藝大本。

  • とても読みやすい。

    東京藝大と名前はなんとなく聞いたことがあったけれども、
    実際のところ、何を学べるのか、どんな学生がいるのか、
    身近な例がなければ、よくわからない・・・。

    そんな疑問を丹念な描写で払拭してくれるのが本書。
    何が丹念かといえば、それは在学生の生の声を、
    著者なりの素朴な疑問によって、ひとつひとつ解きほぐしているところ。

    確かに、藝大の学園祭に行ってみたくなる。

  • 才能だけでは入れない天才たちの不思議の国。美術と音楽では別世界。でも藝術は奥で繋がっていた。

  • この本は誰に向かっているんだろか。10代なのかな。それならいいんだけど。
    文化祭楽しそうだなという感想ぐらいしか。

  • 藝大生の妻をもつ著者の東京藝大潜入レポート。
    ネタ本かと思っていたら、取材やインタビューに基づき、藝大生のリアルな姿を教えてくれる1冊でした。

    多彩な専攻があることにびっくり。
    作曲、音響心理、アートマネジメント、舞台芸術…など何でもありの音楽環境創造科。
    言葉で音楽を表現するための知識を身につける楽理科。
    「芸術大学」という言葉から想像していた以上に、さまざまなジャンルを学ぶことができる場であることを知りました。

    印象的だったのはインタビューに答えている学生さんたち。
    目標に向けて邁進する人もいれば、将来に対して悩みを抱えている人もいる。
    ものづくりや音楽の才能がある人は特別だ、と思いがちだからこそ、本書に描かれていた「普通の若者」の一面に親しみを感じました。

  • 天才とダメ人間は紙一重

  • 天才たちのカオスな日常、というコピーが飾られているが「天才」も「カオス」も他者の価値観や美意識の上になりたっている表現であり、捉え方によってはとても本質的で我々よりも、人間なのかもしれない。

全115件中 1 - 25件を表示

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常に関連する談話室の質問

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常を本棚に「積読」で登録しているひと

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常はこんな本です

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常のKindle版

ツイートする